■シリアとのテストマッチ、課題と収穫(その2)

 前回のつづき

 選手個々で特筆すべき活躍だったのは、まず大迫選手。
相手選手が2人3人と囲んできてポストプレーをなかなか思うようにやらせてもらえなかったのですが、同点ゴールのシーンでは原口選手からのボールを受け、自分がつぶれながらオーバーラップする長友選手に絶妙のパス、なかなか破れなかったシリアの最終ラインを初めて崩したこのプレーは値千金でした。
DFラインのウラヘワンパターンで走りこむ味方が多い中、バックの前へ下がってパスを受け、DFラインの背後へスルーパスを出すことで、自分たちが攻めやすいようにDFラインのウラのスペースを広く保つことができるようなポジショニングも良く考えられています。あとはゴールだけでしょうか。
岡崎選手も彼のポジショニングやスペースの使い方をよく見習って欲しいです。

後半から出場の乾選手はゴールやアシストは無かったものの、卓越した個人技で左サイドで違いをつくり出しました。彼のところでボールをキープして攻めの基点をつくったり、ドリブルで対面の相手をはがしてサイドを突破し、シュートを打ったり、チャンスメークしたりと左サイドを制圧。メッシばりに、相手の股の間にボールを通して抜くドリブルもありましたね。
ただ、ペナルティエリア(PA)内にいる味方にパスを出してリターンをもらおうとしていたようですが、プレーが細かすぎて、味方がミスをしたり相手に防がれたりしてチャンスをつぶしていました。ドリブルでPAに入る直前まで来たとき、前方が敵味方でゴチャゴチャしていたら、みんなの頭を超すようなシュートに切り替えた方が良いと思います。イメージとしては、右足のインにかけたコントロール・シュートをゴール右上スミに決める感じです。

今野選手は、ゴール前へよく詰めて、同点ゴールを落ち着いてゲット。
まだ負傷箇所が本調子ではないのだと思いますが、中盤で攻撃を組み立てる際に、パスを引き出す動きはまずまず良かったのですが、もらったボールを前の選手に確実につなぐという部分では課題が残りました。
もっとも、彼がボールを持ってパスコースを探しているのに、まわりの選手がパスを受ける動きをしてくれないという場面もしばしばでしたから、彼だけの責任ではありません。

長友選手は、ポストプレーをした大迫選手からのパスをもらって左サイドを駆け上がり、絶妙のクロスから今野選手のゴールをお膳立てしました。

 逆に酒井宏選手は、ゴール前でマルドキアンへのマークを放してフリーでヘディングシュートを許してしまう原因に。
直前にいた昌子選手が相手のクロスにかぶってしまったこともありましたが、酒井宏選手が相手のエースFWをしっかりマークしていれば、防ぐことができた失点だったかもしれません。左サイドで相手選手がバックパスをした瞬間、日本の4バックが「ああ、これでもう大丈夫」と気をゆるめ、それぞれマークすべき相手を放した瞬間、倉田選手が抜かれたことで日本のバック陣がまったく準備できていないタイミングでクロスが入ってきて、それでやられてしまったように思います。
タイムアップの笛が鳴るまで90分間集中すること。たとえマイボールの時間帯でも一瞬でも気をゆるめれば、やられてしまうのがサッカーというものです。

倉田選手はインサイドハーフとしての出場でしたが、良いスルーパスが1本あったものの、バックやアンカーからパスを引き出して、それを3トップへ供給するという役目に関しては物足りなさを感じました。味方からパスを引き出す動きが少なすぎますし、球離れが良い攻めのパスを味方へ正確に出すというシーンも少なかったです。後半は少し良くなったので、辛抱して経験を積ませる必要がありそうです。 
失点シーンでは、PAのカドで相手に簡単に抜かれてしまい、正確なクロスを許してしまいました。守備の一対一で絶対に負けないで欲しいです。

 良い面・悪い面が見られた選手としては、本田選手。
インサイドハーフにまわってからは、攻撃の基点となって良い攻めのパスを何本か出せていましたし、フィジカルコンタクトの強さを生かして相手からボールを奪い返すなど守備面でも良いシーンがありましたね。
ザッケローニ元監督も言っていたように、やはり今の本田選手にはインサイドハーフやボランチなどのセントラルMFが向いているように思います。
ただ、ミランでほぼ1年間ベンチ生活だったせいか、体のキレや実戦カンが欠けているように見えますので、セントラルMFとして使ってもらえるクラブへ移籍して1シーズンを通して試合に出続ける必要があります。
課題としては、パスを受けるための動きがまだまだ足りないことと、早すぎるタイミングで相手4バックの前のスペースに本田選手が入ってしまうと、そのエリアに人が多すぎて攻めで使いたいスペースがつぶれたり、相手のバックラインを下げることでウラのスペースも狭くなってしまうので、3トップも含めてバイタルエリアやゴール前へ行くタイミングをできるだけ遅らせることで、自分たちが攻めで使いたいスペースを残しておくことなどがあげられます。
後半29分にGKと一対一になった場面は絶対に決めないといけません、相手をよく見ずに決め打ちしたことでGKの正面にシュートが行ってしまいましたが、キックフェイントを入れてGKが動いた方向と逆のワク内に打つとか、ループシュートを狙うとか、きりかえして相手DFをかわしながらボールを左足に持ちかえて打つなどといった、ゴール前での心の余裕が欲しいです。

原口選手は、MF陣からなかなか良いボールをもらえなかったので苦しんだところもありましたが、何度かシュート場面に顔を出していましたね。ただミドルシュートの精度が低すぎます。自分の狙ったところへ正確にシュートが行くように、必要であれば専属コーチをつけてでもシュート時のキックフォームを1からつくり直す必要があるように思います。

昌子選手はまずまずの出来でした。失点シーンではかぶってしまいましたが、これから実戦経験を積んでいくことで問題なく解決されていくことでしょう。

久保選手は、どういうわけだか疲れているように見えました。昨年11月にやったオマーンとのテストマッチでも、原口選手がどういうわけかヘトヘトに疲れていたのですが、好調だからといってハリル監督が練習のさせ過ぎで、大事な試合前に消耗していなければいいのですが。

        ☆        ☆        ☆

 貴重なテストの機会となったシリア戦ですが、ハリル監督の人選にも問題があって、前半戦はほとんど攻撃を組み立てることができませんでした。

左ウイングに乾選手、右インサイドハーフに本田選手を投入した後半は、中盤で攻撃がちゃんと組み立てられるようになって、あとはゴールを決めるだけというシーンを何度もつくり出すことができたのは収穫でした。

ただ、攻撃の選手全員が相手DFラインのウラヘ一斉に動いてボールをもらおうとしてしまうので、バックラインのウラのスペースを自分たちで狭くして得点しづらい状況をつくってしまう場面もありました。

11人の敵選手を相手ゴール前にはりつけにして、両サイドからクロスを入れまくるというのは、決して良い攻めの形ではありません。

相手4バックの前のスペース、ゴール前のスペースに走りこむタイミングを十分考えながらやって欲しいです。

        ☆        ☆        ☆

 いよいよ13日に迫ったイラク戦ですが、どういう風に戦うべきかについては以前述べた通りです。

スタメンとフォーメーションについては、こんなのはどうでしょうか。

 

                 大迫           

      乾                   久保

            今野      本田     
           (倉田)       

                 山口  
                  

      長友     昌子    吉田    酒井宏
    

                 川島



足の状態に問題が無ければ左インサイドハーフに今野選手、ちゃんと守備をサボらずにやるという条件付きで右インサイドハーフは本田選手です。この2人に山口選手がからんで中盤で攻撃を組み立てて行き、3トップに攻めのパスを配球していきます。

守備時は乾・久保の両選手がインサイドハーフのところまで戻り、4-1-4-1みたいな形で守備ブロックをつくります。

イラク戦に向けた最後の注意点としては、「目の前のプレーに没頭するな、いつもゲーム全体のことを考えろ!」です。

今はゴールが欲しい時間帯なのか、それとも相手から波状攻撃を受けて苦しい時間帯なのか、前者ならボールを奪ったら前へ攻めのパスが必要ですし、後者ならいったんボールをどこかでキープして、味方が呼吸を整える時間をつくって、相手の攻勢を断ち切る必要があります。

今、攻撃や守備が上手くいっているのか、それとも上手くいっていないのか、もし上手くいっていないなら原因は何か? ゴール前へ走りこむタイミングが早すぎていないか、FW全員が一斉にワンパターンで同じ動きを繰り返していないか、 守備ブロックはタテヨコに十分コンパクトになっているか、相手のボール保持者を自由にさせていないか、11人の選手が目の前のプレーに夢中になってしまうのでなくて、つねにゲーム全体の事を考えてプレーできる「ピッチ上の監督」になって欲しいのです。

それができるようになれば、今度のイラク戦で必ず良い結果が得られるはずです。

◇    ◇     ◇     ◇     ◇     ◇    ◇

        2017.6.7 味の素スタジアム(調布)

          日本 1 - 1 シリア


        今野 58'      マルドキアン 48'



        GK 川島      GK アルマ

        DF 長友      DF ジェニヤト
           昌子         O.アルミダニ
           吉田         アルサリハ
           酒井宏       アルアジャン

        MF 山口      MF タミル
          (井手口 53)     アルマワス    
           香川         (アルドゥーニ 90+)
          (倉田 10)       Z.アルミダニ
           今野         (ナックダハリ 65)
          (浅野 63)       アルムバイド
                       (アルリファイ 78)
        FW 原口          ユーシフ
          (乾 59)       (ジャファル 90+)
           大迫
          (岡崎 85)   FW マルドキアン
           久保         (アルシュブリ 85)
          (本田 46)



サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。


  

■コメント

■ [名無しさん]

素晴らしい分析です。ハリルさんにも是非参考意見として通訳さんから伝えてほしい。

■Re:シリアとのテストマッチ、課題と収穫(その2) [nao]

こんにちは naoです。
選手個々の詳細ありがとうございます。
個人的には、本田選手のあのシュートは同意見でキチンとゴールしなくてはいけないと感じました。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索