■日本代表、不安の残る大勝劇(その3)

前回のつづき

 選手個々で特筆すべき活躍だったのは、まず香川選手。
ゴール前で久保選手のクロスを受け、シュートフェイントで相手2人を滑らせてから冷静に先制ゴールを決めてくれました。久保選手がクロスボールを蹴る態勢に入った瞬間、もう数歩ゴールから遠ざかってポジショニングすることで自分の前にシュートを打つためのスペースを空けておけば、後ろに戻りながらクロスを受ける必要が無くなるので、もっと楽にゴールできたのではないでしょうか。
ショートパスのコンビネーションからゴール前で山口選手にボールを落してダイレクトシュートを導き出すなど、チャンスメークの面でもまずまず良かったと思います。

当研究所が4-2-3-1のトップ下に求めることは、

(1)ゲームの流れを的確に読み、チームがゴールを必要としているときは中盤で攻撃を組み立てるための前方へのパスを出し、相手に攻められてチームが苦しいときは、味方と協力しながらトップ下が中心となってボールをキープすることでチームに一息つかせるような、いわゆる「ゲームメーク」の仕事。

(2)攻撃の最終局面で、味方のゴールにつながるラストパスを出したり、自分でゴールをあげたりする、いわゆる「結果を出すプレー」。

香川選手の場合、どちらか片方ができるともう一方ができなくなってしまうことが多く、このタイ戦は(2)はできていたのですが、(1)についてはまだまだ課題が多いです。

味方が良い形でボールを奪い返した瞬間、相手の守備態勢が整っておらず、さぁゴールするためにこれから攻め込むぞという局面で、トップ下がボールをキープするためのヨコパス・バックパスをして落ち着かせてしまったのでは、チームから攻撃の勢いがそがれてしまいますし、逆に、中盤でパスがつながらず反撃の手段が見つからないため、チームが敵から波状攻撃を受けてアップアップの状態なのに、トップ下がダブルボランチから遠く離れたゴール前で張っていて、味方からのパスを待っているというのも大きな問題です。

香川選手は、ゲームの流れを的確に読み、今(1)と(2)のどちらの仕事をやるべきなのかを正しく選択するというところに課題を抱えています。(1)(2)を両方そつなくこなすのは大変だとは思いますが、名波・中田英・中村俊・遠藤・本田など代表の歴代ゲームメーカーが乗り越えてきた課題であり、それが日本代表のトップ下、10番のポジションの役割ですのでがんばって欲しいです。同じ課題は清武選手も抱えています。

岡崎選手の正確なヘッドからのゴールは素晴らしかったですね。
ただし、相手バックのレベルが格段に高いプレミアだと、空中戦で競り負けてしまって、あのシュートをワクの中に入れさせてもらえないことがほとんどです。それを解決しないとW杯本大会で代表のセンターFWは任せられません。足のシュート精度が低すぎることも長年の課題です。

久保選手は、右サイドからのクロスで香川・岡崎両選手のゴールをアシストし、スローインを受けてからの正確なミドルシュートで苦戦するチームを助ける、1ゴール2アシストの大車輪の働きは評価が高いです。ダブルタッチで相手を抜くドリブル突破という武器は、ウイングというポジションでこそ威力を発揮しますから、チャンスがあったらチャレンジして欲しいです。
ハリルジャパンの守備戦術にも問題はありますが、相手ボールのときは久保・原口の両ウイングがダブルボランチのラインまで下がって、DF4人MF4人のコンパクトな守備ブロックをつくって守っていたら、あれほどタイに攻められることもなかったと思います。

川島選手は、相手がボールを蹴るギリギリの瞬間まで我慢してからの横っ飛びで見事なPKストップ。タイのワク内シュートもビッグセーブで何本も防いで守備面で最大の貢献。
PKのときに相手が蹴るだいぶ前にヤマをかけて飛び、それを見切った相手にパネンカで逆を取られ失点してしまうようなGKとどっちが実力が上か、プロの監督なら練習中のプレーを見たらわかると思うのですが、ハリルホジッチさんの選手を見る目を疑ってしまいます。
「守備力に自信がないからゴール数で貢献しようというセンターバックを使ってくれる監督さんはまずいない」と以前書きましたが、吉田選手は「守備力を上げるためならどんな犠牲も払う」という努力をしたからこそクラブでレギュラーを取れたわけです。浦和の西川選手もGKとしての守備力向上という課題から逃げてはいけないと思います。

吉田選手は、コーナーキックからの見事なヘディングで久々のゴールをあげてくれましたが、後半に自分の真上に上がったボールから目を離してしまったことでボールのゆくえを見失い、危険なシュートを浴びてしまったことは反省点です。

清武選手は、コーナーキックから吉田選手のゴールをアシスト。セットプレーから正確なキックが蹴れる数少ない選手として貴重です。チームがボールをキープできない状態が続き苦しかったところで、彼が適度にボールをキープすることでタイに行っていたゲームの流れを引き戻したことも評価できます。
ただ、返す返すも日本に帰って来てしまったことが残念。海外でプレーするための障害をクリアできるのであれば、サッカー選手としての実力をあげるためにも、今年の夏あたりにブンデス中堅クラブあたりにセレッソが保有権をもったままレンタル移籍できないものでしょうか。

 逆に、長友選手はゴール前でのクリアが味方に当たってしまったのは不運でしたが、そこから大慌てしすぎてしまいましたね。ボールを蹴ろうとして立ち足がすべり、空振りして倒れたことで、さらに焦って相手を倒してしまいました。ゴールの中にGKとフィールドプレーヤーが2人カバーしていましたから、あそこまで焦る必要はなかったように思います。

森重選手は前半35分、ティーラシンに股間を抜かれるミドルシュートを打たれてしまいました。両足をそろえて立つから股間を抜かれてしまうわけで、片足を前に出して構えておけば、たとえ自分の正面にシュートが来ても足に当てて防げたはずです。
彼のフィードが基点となったゴールがありましたが、ドリブルで前方へ持ち上がってからのパスミスで相手からショートカウンターを浴びてしまうなどミスが多かったです。

山口・酒井高・酒井宏の各選手は、3m前方にいる相手選手にボールをぶつけ、逆襲を食らうようなパスミスが非常に目立ちました。 
ただ、酒井高選手はボランチが本職ではありませんし、中盤にボールをキープしてタメをつくれるような選手を誰も置かなかった監督さんの選手起用のミスもありましたから、責めるのは酷というものかもしれません。
酒井高選手がボールを持ったとき、山口選手が後方に下がってカバーのポジションを取ることが多かったのですが、酒井選手のナナメ後方をバック2枚がカバーしているのであれば、酒井選手のナナメ前方にポジショニングして、トップ下と共に酒井選手に複数のパスコースをつくってあげると、スムーズに中盤でボールが回るようになると思います。

        ☆        ☆        ☆

 それではまとめです。

タイに4-0で勝利という結果は良かったのですが、日本代表のゲーム内容には問題が山積です。

久保選手にロングボールが入って右サイドで基点をつくり、そこからゴール前へクロスを入れて香川・岡崎両選手がゴールをゲットしたまでは良かったのですが、タイが日本の両ウイングをケアすることでそこへのパスが通らなくなると、ロングボールを使ったカウンターサッカーしかできないハリルジャパンはたちまち行き詰ってしまいました。

それならば、タイの守備ブロックの中でショートパスを使ったポゼッションサッカーで相手を崩すという戦術に転換できれば困難な状況を打開できたはずですが、それができませんでした。

タイにプレスをかけられると、個でもチームとしてもボールをキープできないので、ロングボールを前へ大きく蹴るか、3m前の相手にパスをぶつけて奪われ、タイの猛反撃にいっぱいいっぱい。

日本は、DF5人と守備的MF1人にFW4人で組む4-2-4みたいなフォーメーションだったので、そもそも中盤がスカスカでボールをキープしてタメをつくれるような選手が誰もいませんでしたから、カウンターとポゼッション戦術の使い分けなど望むべくもありません。

こういうスタメンを平気でピッチに送り出してしまうハリルホジッチ監督のプレーヤーの特徴・長所短所を見抜く能力に、強い疑問を感じざるをえません。

昨年から当研究所がヘーレンフェーンの小林選手を呼ぶことを推奨している理由は、それが正しいか間違っているかは別として、今回のタイ戦みたいなことが起こらないように、二手三手先のことを考えたからです。

昨年6月のキリンカップでボスニアに負けたことで、浦和の柏木選手や川崎の大島選手のような、小柄で守備力の低いプレーヤーをボランチにいれてしまうと、W杯に出てくるような攻撃力の高いチームが相手だと守りきれないということが露呈しました。それはロシアW杯3次予選のUAE戦・イラク戦でも失点の一因となってしまいます。

そこで遅まきながらハリル監督は、長谷部・山口両選手でダブルボランチを組ませるようになったのですが、今度は逆に中盤でのボールキープ力やパス展開力が不足し、日本の攻撃力が低下してしまうという問題が出てきました。

じゃあ、体が大きくて守備力があって、しかも足元の技術が高く、ボールキープが出来てパス能力もあるボランチを育成すればいいじゃないか、それならオランダでプレーしている小林祐選手が候補の一人になるのではないか、と当研究所は考えたわけです。

今オランダ代表はボロボロですけど、ちょっと前でいえばファンボメルみたいなプレーヤーに成長してくれないかなと思ってます。香川・清武両選手の成長が頭打ちになるようであれば、トップ下のスナイデルでも構いません。

(当ブログ過去記事・オマーン戦・サウジ戦に向けた日本代表発表!) 

確かに小林選手は経験が少ないですし、攻撃的なボランチとして覚えなければいけないことはまだいっぱいあります。しかし「経験が無い」と言って代表に呼ばなければ、永久に経験を積むことはできません。

彼が代表に招集されて、長谷部・山口・今野選手らのプレーを間近で見ることで得られるものもあるでしょうし、W杯予選でも2-0あるいは3-0で日本が勝っているゲームの後半のような、プレッシャーがかからない場面で使ってあげて、少しづつ実戦経験を積ませることもできます。

ところが、失敗が許される昨年11月のテストマッチにせっかく彼を招集しても後半から20分間プレーさせただけで、それ以降は呼ばれもしません。これでは成長できないでしょう。

それで今回のタイ戦では、サイドバックが本職の選手をボランチに入れて、ボールキープも攻めのパスも出せずに苦戦しているのですから、ハリル監督の選手を見る目、二手三手先を考えてチームを強化していく手腕を疑ってしまうのです。

 この試合は、日本の選手が個の能力で相手を上回っていたから勝てただけで、W杯本大会でこちらより個の能力が高い相手と当ったときにこんな低レベルのサッカーをしていたら行き詰ってしまう可能性が高いです。

それに比べれば、選手個々の能力で劣りながらチーム組織でそれを補い、シュート数で日本を上回る攻撃で冷や汗をかかせた、キャティサック監督のパスサッカー戦術は見事だったと思います。

もしタイ人選手の個の能力が本格的に上がってきたら、5年後10年後にタイに圧倒的にボールをポゼッションされた上に、試合結果でも負けてしまうという悪夢のような未来がやってきかねません。

狭いスペースにいる味方に正確なパスを通すことが要求されるパスサッカーという戦術が、足元の技術やパスセンスに優れたプレーヤーを育てるという側面があります。

パスサッカーを掲げたザックジャパンが、ACミランの本田・ドルトムントの香川・インテルの長友といった選手を成功に導き、
日本の成功を見たキャティサック監督のタイ、マフディ監督のUAE、ポステコグロウ監督のオーストラリア、ファンマルバイク監督のサウジなどが続々とパスサッカーに転換する中で、なぜパスサッカーで成功した日本が、今から10年前のアジアでよく見られた、個の能力頼みのタテポンサッカーへ退化しようとしているのかサッパリ理解できません。

霜田さんがJFA技術委員会のトップだったとき、ザックジャパンがブラジルで負けたのはポゼッションサッカーというたった一つのことが原因だという間違った分析をし、ポゼッションサッカーを毛嫌いして、カウンターサッカーしか戦術の引き出しがないハリル監督を招聘したツケが、このタイ戦でも表面化しました。

霜田さんは「日本サッカー百年の計」を誤ったのではないでしょうか。

◇    ◇     ◇     ◇     ◇     ◇    ◇

          2017.3.28 埼玉スタジアム2002

            日本 4 - 0 タイ

        香川 8'
        岡崎 19'
        久保 57'
        吉田 83' 



        GK 川島        GK カウィン

        DF 長友        DF トリスタン
           森重           アディソン
           吉田           コラピット
           酒井宏         ピーラパット

        MF 酒井高      MF ティーラシン      
           山口           ワッタナ
           香川           タナポーン
          (清武 74)        チャナティップ
                         シロク
        FW 原口          (ヌルン 73)
          (本田 66)    
           岡崎       FW アディサック
           久保
          (宇佐美 84)





サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。



  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索