■香川選手はどうしたら復活できるか?

 今回は、不調が続く香川選手はどうしたら復活できるのか考えてみます。

結論から言えば、彼の不調の原因は足元の技術でもフィジカルコンディションでもなくて、やはりメンタルの問題が一番大きいと思います。

彼は、毎試合自分のプレーを採点するマスメディアを含む他人からどう思われるかを異常に気にしすぎており、まわりから高い評価を受けたいという思いで頭がいっぱいになってしまった結果、自分が本当にやるべきことを見失っているように見えます。

得点のような「目に見える結果」を出したいと焦るあまり、ゴール前に長い時間ベッタリと張りついていたり、よほど自分にパスが欲しかったのかドリブルする味方に近づきすぎて衝突するなど、プレーが完全に空回り。

トップ下が、「パスで攻撃を組み立てる」という本来やるべき大事な仕事を放り出してしまえば、チーム全体としてもスムーズにボールをゴール前へ運ぶことができませんから、いくら自分がゴール前で張っていても良いパスが来るはずがありませんし、バイタルエリア中央でセンターFWのすぐ横に並び、4トップ5トップみたいな形になってしまうと、相手のマーカーをゴール前に引っ張ってくることで、シュートやラストパスをするためのフリースペースを自分自身でつぶしてしまっています。

UAE戦やタイ戦で日本代表の攻撃が機能しなかった大きな原因の一つがこれです。

以前、香川選手がスランプに陥ったときに、得点したいからといって相手ゴールにどんどん近づいていくと、逆に得点から遠ざかってしまうよと言ったのですが、最近クラブのゲームでも再びGKの3m前にポジショニングするようになっていますね。

当ブログ過去記事

 香川選手は他者から高い評価を受けたいと強く願っているのと同時に、ミスプレーで自分の評価を下げたくないという気持ちも強すぎるのではないでしょうか。

彼がドルトムントでもザックジャパンでも中心選手となったころから現在までずうっと続いている悪いクセですが、香川選手が中盤でパスを受けてルックアップしたとき、右前方10mにフリーの味方がいたとします。

しかしその味方にはすぐパスを出さず、他にパスを出せる味方がいないか探しますが見当たらず、じゃあ最初の味方へパスを出そうと視線を戻すと、その味方には敵選手がすでにマークについていてもうパスを出せません。

そうこうしているうちに相手のボランチが自分にプレスをかけてきて前方へのパスコースが無くなり、香川選手はボールを守るために後方へクルッと半回転して別の味方へバックパス、自分がバックパスをした味方からリターンがもらえないスペースへ走っていくというプレーが本当に多く、こうした状況判断の悪さが彼がトップ下としてチームの攻撃を上手く組み立てることができないもう一つの大きな理由となっています。

サッカーというスポーツにおいては「時間はつねに守備の味方」なのであって、プレーに時間をかければかけるほど守備側の選手がゴール前へ戻っていき、フリーでプレーするためのスペースやパスコースがなくなって得点の確率がどんどん低くなっていきます。

「今ならフリーでシュートを打てるしコースも空いている」「今ならフリーで味方がパスを受けられ、その選手がシュートや決定的なパスを出すことができる」と思った瞬間に、自分のファーストインプレッションどおりにプレーを選択した方が良い結果が得られることが多く、さんざん迷ったあとで選択したプレーはたいてい上手くいかないものです。

(決断は早い方が良いからといって、あまり焦りまくってプレーしてもミスにつながり、やはりゴールできる確率は低くなってしまいますから、何事もバランスが重要です)

香川選手がこうした決断力に欠ける優柔不断なプレーを繰り返してしまう原因は、自分が選択したプレーがミスになって他者からの評価が下がるのが嫌なので、「絶対に失敗したくない。だから一つ一つのプレーを慎重に選択したい」という気持ちが強すぎて、自分の判断力に自信がなく、いつもピッチの中で迷いながらプレーしているからではないでしょうか。

 「他人の評価」なんて、良いプレーをしようとしている自分の足をひっぱる邪魔もの以外の何物でもないのであって、ゲーム中はそんな邪念を一切捨てるべきです。

試合中は「自分がやるべきこと」だけに集中してプレーし、それができたのならゴールやアシストを記録したかどうかに関係なく自分のプレーや決断に自信を持ち、それができなかったときはその原因を自己分析して、次の試合で課題を克服できるように心掛けないといけません。

試合後に「キッカー」や「ルールナハリヒテン」のようなマスコミが自分に何点をつけたか一切見る必要もありません。

もし誰かに自分のプレーを客観的に評価してもらいたいのであれば、試合前に「自分に求められているプレー」を、試合後に「それがどれくらい達成できていたか」を、クラブでも代表チームでも監督やコーチに聞くようにし、そのアドバイスを自分のプレーに生かせば良いのです。

トゥヘル監督が香川選手にどういうプレーを求めているのか正確なところはわかりませんが、当研究所が考える4-2-3-1のトップ下に求める仕事は「攻撃80%・守備20%」です。

「80%の攻撃」のうち、中盤でパス回しの中心となったり味方のゴールをアシストするパスを出したりして「攻撃を組み立てる仕事が70%」、機を見てゴール前へ侵入し味方からパスをもらって「自分でゴールを決める仕事が30%」です。

攻撃のうち、70%の仕事(パスによる攻撃の組み立てとチャンスメーク)がちゃんとできているなら、チームが勝つ確率は髙くなりますし、そうなれば「香川選手は我がチームに必要だ」と、プロの指導者から正当に評価されるはずです。

70%の仕事をちゃんとやり遂げた上でタイミング良くバイタルエリアへ侵入し、味方にパスを出してそのリターンをもらってシュートみたいな形で、残りの30%の(自分でゴールを決める)仕事ができれば、さらに評価が高まることでしょう。

(現在の香川選手は得点しようとゴール前で張っているプレーが70%、パスで攻撃を組み立てるプレーが30%になっています。これではトップ下としてダメ)

だから試合中は自分に課せられた仕事をやり遂げることだけを考えてプレーすることが一番大事です。

それで自分の仕事を果たすことができた、そのために集中して全力を出し切れたと思ったら、自分がゴールできようができまいが、チームが勝とうが勝つまいが、自分のやったことに自信を持つこと。

自分の選択したプレーが悪い結果となっても引きずらずに、その失敗から多くのことを学んで次に良いプレーができればいいと開き直ることも重要です。

シュートを外していちいち頭を抱えて立ち止まるのは香川選手の悪いクセですね。そんなヒマがあるならGKがシュートをキャッチできずに前へこぼしたボールにつめるための第一歩をすぐさま踏み出すべき。

ゴール前で、ボールが自分のところへこぼれてきてからどういうプレーをするか考え始めるのではなく、「自分のところへこぼれてこい!」といつも念じていて、もしそういう場面が来たらどうやってゴールを決めるか、つねに準備しながらプレーすべきです。

 こうしたメンタル面の問題を自分だけで解決できないと思うなら、勝てば日本のW杯出場が決まる、勝てば日本のW杯優勝が決まるみたいな、緊張でガチガチになり頭の中が真っ白になりそうなゲームであっても、香川選手本来の実力をつねに発揮できるようにするため、スポーツ心理学の専門家を個人的に雇って定期的にメンタルトレーニングをやったらどうでしょうか。

自宅にある高圧酸素カプセルの機械より、今の香川選手にはメンタルの強化の方がよほど重要だと思います。

だからといって怪しげな新興宗教にひっかかるのだけは注意して欲しいのですが、試合中に他人の評価を気にして「目に見える結果」を出すことばかり気にしてプレーするのではなく、自分の能力・判断力に自信をもち、いつも平常心で冷静にプレーできれば、香川選手はクラブでも代表でもちゃんと復活できると思います。

こうしたメンタル面の弱さを克服できないようであれば、クラブでの試合はもちろん日本代表の中心選手となってW杯で良い結果を残すことも困難になります。

ドルトムントでデビューしたときは彼も若くて、「怖いもの知らず」でゴールを決めまくっていましたが、大人になるにつれ「失敗する怖さ」を知ってしまい、それがプレーに悪影響を与えているように思えます。

今ここであえて香川選手を「千尋の谷」へ突き落し、彼が自分の力でそこからどう這い上がってくるか、攻撃の中心として日本代表を世界で勝たせるだけの実力(精神力・技術・体力)を身につけることができるのか、そこをじっくりと見極めたいです。

 「UAE戦やタイ戦で苦戦したのは、海外組のフィジカルコンディションが悪かったのが敗因だから、国内組を使え」という意見が、ここに来て出始めていますが、チームのどこに問題があるのか正しく分析できていないと思います。

あの2つの試合で日本が苦戦したのは、「トップ下や攻撃的なボランチが得点を焦るあまりゴール前にベッタリと張りつき、4トップ5トップみたいな形になって相手のマーカーをゴール前へ集結させ、自分たち自身で攻撃のためのスペースをつぶしてしまったこと」「右ウイングにボールが渡ってもそこでデュエルに勝つことができず、時間をかけているうちに2人3人と相手選手に囲まれてバックパスしか選択肢がなくなり、チーム全体の攻撃からスピードが失われていること」「両ウイングを中心に攻撃の選手が守備に戻ってこないので、MF4人・DF4人のコンパクトな守備ブロックをつくることができず守備が安定しないこと」、以上3点が原因なのであって、たとえ国内組を使ってもこの3つの課題が解決されなければ再び苦戦を繰り返すことでしょう。

ジーコジャパン時代の前例から国内組を使えという発想が出てきたのでしょうが、ここで先発メンバーを国内組に総とっかえしたところで、チーム強化から継続性がまったく失われてしまいますし、仮にそれでロシアW杯に行けたとして世界の強豪に通用するでしょうか。

本当はこういうことでは大変困るのですが、国内組をオーバーエージとして起用してみたらU-23でも世界に通用しなかったというのをリオ五輪で目にしたばかりです。

どんなに不調でも同じ選手をスタメンで起用し続けたり、各選手の特徴・長所短所に応じた適材適所のポジションで使われていないということが最大の問題なのであって、岡崎選手を外して浅野選手をセンターFWに入れたことで、浅野選手はタイ戦でゴールをあげて結果を出しましたし、「チームに競争があるのは当たり前」と正しい認識をすることができた岡崎選手はチェルシー戦でさっそく2ゴールをゲットし、日本代表チーム内での競争が、2人の成長に良い結果をもたらしています。

代表のトップ下や右ウイングのポジションに今必要なのは、こうした競争なのです。


当ブログ関連記事・岡崎選手の課題、香川選手の課題



サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。



  

■コメント

■Re:香川選手はどうしたら復活できるか? [アルプス]

香川はポジションを変えるのも復活するための1つの方法だと思える。トップ下というのはポジション柄執拗にマークされやすいポジションであり、かなり低い所まで落ちてこないと中々前を向いてボールを受けにくいポジション。かと言って香川は縦パスを供給するってタイプでも無い。

ザック時代やユナイテッド時代のようにサイドの方が
パスを受けやすくてプレーしやすいのではないかと思う。
トップ下が2人居て、それがサイドに開いている、そういうポジションですね。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索