■UAE戦個人評価と、次のタイ戦はどう戦うべきか?

前回のつづき

 日本対UAE戦、個のレベルで特筆すべき活躍だったのは本田選手。当研究所が提案していた“プライム・スコアリング・エリア”で待ち構え、清武選手からのクロスをヘディングで良く決めてくれました。中盤でボールをキープしたり、パス回しの中心になったりと大活躍で高く評価したいんですが、彼が本来のポジションである右ウイングから大きく離れてしまう時間が長いので、相手ボールになったとき4-4のコンパクトな守備ブロックをつくることができなくなってしまい、敵のカウンター攻撃に対して脆弱な状態をつくりだす一つの原因となっています。ピッチ上のリーダーである彼がそういうプレーをしてしまうことで、GKと4バック以外の他の選手も、自分のポジションを離れて相手ゴール前にべったり張りつき、「俺がゴールを決めるからクロスを入れろ」みたいな、非常にバランスの悪い選手配置になってしまうのではないでしょうか。本田選手にとって適切なプレーエリアを考えれば、センターFWかトップ下、攻撃的なボランチを任せるのが適切であり、彼をこのまま右ウイングのポジションで使い続けるのは、メリットよりもデメリットの方がはるかに大きいと思います。

 逆に大島選手は、中盤で攻撃を組み立てようと努力していましたが、全体的にパスが弱すぎます。彼のコロコロパスをさらわれて、相手のカウンターから失点につながる吉田選手のゴール前での“ファール”を招いてしまいました。もちろん味方が取れないような強すぎるパスも困りますが、5mとなりにいる味方に対しても、足元へビシッと強いパスを出して欲しいです。
PKを取られたプレーは、自分の体を相手選手よりもゴールラインから遠い方へ置いて、足だけでボールを取りに行ったことも原因です。ボールを奪いに行くときは、自分が守るべきゴールとボールとを結んだ直線上に立ってやること。
大島選手がUAEの選手とボールの奪い合いをしているとき、他の選手が指をくわえて見ているのではなくて、大島選手の背後をカバーしていれば、あんなことにはならなかったはず。チーム全体でどんな時もチャレンジ&カバーの守備の大原則を忘れずに。

西川選手は、失点につながったゴール前FKもPKのときもそうなんですが、ヤマをかけて早く動きすぎじゃないでしょうか? 特にPKは「キッカーの方が有利で当たり前」というのが当研究所の考え方ですが、GKはできるかぎり最後の瞬間まで動かずにキッカーの動きを見てから、どういう風に動くか決断した方が良いと思います。ノイヤーやブッフォンのPK対応などは非常に参考になると思います。

香川選手は、攻撃を組み立てるプレーメーカーとしての役割をほとんど果たせず。ダブルボランチやサイドバックからパスを引き出すポジショニング能力や、バイタルの中でボールを受けて前の3人へパスをつなぐ能力にも問題があります。こうした問題点が改善されないかぎり、香川選手をトップ下で起用するのはしばらく見合わせるべき。
以前にも言いましたが、彼は「トップ下」と言ってもパサータイプではなく、セカンドストライカータイプであり、香川選手が一番輝いていたゲーゲンプレス時代のドルトムントでは、彼のパス能力で攻撃を組み立てていたというよりも、トップのレバンドフスキにロングボールを当てて、こぼれたところを彼が拾ってシュートやラストパスをしてゴールしていたわけです。遅攻をしなければいけない場合は、シャヒンのように中盤でボールがある程度キープできてパス能力が高い選手がいないと、チームも香川選手もちょっと苦しんでいたイメージがあります。
彼も厳しいプレスを受ける中でボールを受けたりパスしたりする能力を高める努力を一生懸命やっていると思いますが、彼を別のポジションで生かしてあげることを真剣に考える時期に来ています。

岡崎選手は惜しいヘディングシュートが1本ありましたが、ワントップとしてほとんど機能せず。相手DFのマークを外して自分がシュートを打つためのスペースをつくるといった工夫もほとんど見られません。常に相手の2人のセンターバックの前に居るだけで、あえてそこのスペースを空けるために、サイドにボールがあるときにCBとサイドバックの間のスペースへ移動するとか、そういうアイデアもありません。しかもDFラインのウラヘ抜けて味方から彼にパスが出てこなかったときに、オンサイドの位置まで戻る動きも緩慢で、「いま味方が前へパスを出せる状況なのに、実際にそうしたら岡崎選手がオフサイドになって日本の攻撃時間が削られてしまう」と思ったことが何回かありました。チームが苦しい試合をしているのに、そういう怠慢プレーは二度と見たくないです。

清武選手は、セットプレーのキッカーとして1ゴールに貢献し、中盤においてもパスで攻撃を組み立てる彼のプレーは有効だったと思いますが、ラストパスの精度をことごとく欠いています。逆サイドへふわっとした浮き球のクロスを使うことが圧倒的に多かったのですが、浮き球のクロスを使うなら、味方に正確に合うように早くて強いボールを入れるようにするべきですし、日本は背の高い選手が少ないので、グラウンダーのパスをもっと大切にして、ワンツーやスルーパスでゴールをお膳立てするようなプレーを増やしていくべきだと思います。
後半12分、酒井高選手のクロスを合わせられなかったシーンでは、シンプルに足のインサイドでボールを確実にミートして、ゴール方向へコースを変えるという選択をした方が良かったのでは?

酒井宏選手は、クロスの質にあいかわらず問題を抱えています。自分の対面の相手を抜いて苦しい態勢からダイレクトクロスというプレーだけではなく、タテを抜くと見せかけて中へカットインし、ペナルティエリアの角あたりから、右足でゴール前にいる味方へ強くて早いボールでピンポイントのクロスをするといったプレーを試してはどうでしょうか。

原口選手はボランチとして起用されたのだと思いますが、相手を押し込んでいるときでも最前線に張りっぱなしではなくて、長谷部選手と一緒にペナルティアークより前方にポジショニングし、相手がクリアしたこぼれ球を正確なミドルシュートでゴールに叩きこんだり、それを拾って左右にパスで再展開するなどして、相手のカウンター攻撃の芽を徹底的につぶして欲しいです。でも彼をボランチで使うのは適材適所なんでしょうか。

        ☆        ☆        ☆

 それでは次のタイ戦をどう戦うべきかですが、UAE戦で日本代表がチームとして機能しなかった原因として、

1.本田・香川・原口・大島・宇佐美ら攻撃的な選手が守備に戻って来ず、4-4の守備ブロックがつくれないので、相手の攻撃に対して守りが脆弱であり、日本のゴール近くへ相手のボール保持者の侵入を簡単に許している。それが失点の可能性を高め、日本の攻撃時間も削っている。

2.同じ理由から、相手からボールを奪い返して攻撃的な選手へ確実にパスをつなぐ人(ボランチ)、ボランチやサイドバックからボールを受けて攻撃的な3人へパスを供給することでチャンスメークする人(トップ下)、自分でゴールを決めたりラストパスを出して味方のゴールをアシストする人(FW)みたいなチームの役割分担が全然できておらず、「前線で張っている俺がゴールを決めるからクロスをよこせ」という選手ばかりになっている。

あと、選手が個性にあったポジションで使われておらず、プレーが上手くいかず結果も出ないので、自信を失ってしまいかねないという問題も大きいと思います。

以前にも言いましたが、大島選手や柏木選手のように足元の技術は高いけれどもフィジカルコンタクト能力や守備力が低い“小兵”をボランチに持ってくると、チーム全体の守備力も低下してしまいますが、遠藤選手や山口選手を長谷部選手と組ませると、こんどは攻撃時のパス展開力に問題が出てくるところが悩ましいですね。

また、香川選手はパスを引き出すポジショニング能力やボールキープ力が不足していて、トップ下として機能しておらず、守備力もほとんど無いという問題。岡崎選手もワントップとしてほとんど機能していません。

セットプレーから精度の高いキックを蹴ったり、中盤でボールをキープして正確なパスを出せる人が清武選手しかいないのに、監督さんによって途中交代させられてしまったという問題。

右ウイングの本田選手は右サイドでプレーしておらず、もっぱらピッチの中央やゴール前でプレーしていて、本来のポジションに戻ってこないという問題。

 こういった問題を解決するためには先入観や固定観念を排し、選手のプレースタイルや長所・短所を良く観察して、適材適所で選手を配置していく必要があります。


             浅野 
            (武藤)
            (香川)

 宇佐美       清武       原口


         本田    長谷部           
                               

 酒井高    森重    吉田    酒井宏 



             GK 


上手く行っていないチームを立て直すときは、守備の安定から手をつけるのがガチガチの鉄則です。

相手ボールになったら宇佐美・原口両選手がダブルボランチの位置まで下がって4-4の守備ブロックをつくり、フィジカルコンタクトに強い本田選手と長谷部選手でバイタルエリアをしっかりと固め、相手からボールを奪い返したら、ボールキープ力と正確なパス展開能力にすぐれる本田選手が1列上がり、同じく高いパス能力を持つ清武選手と協力して攻撃を組み立て、「ここはサイドから攻めろ、今は中央突破のチャンスだ」といった具合に、パスをどこへ出すかでチーム全体にメッセージを送り、攻撃を指揮していきます。

そして浅野・宇佐美・原口選手らにラストパスを出してゴールを決めさせます。もちろん後ろから上がった本田選手や清武選手がリターンをもらって決めても良いです。

近年サイドハーフ(ウイング)には、利き足がポジションとは反対の選手を置いてカットインからのドリブルシュートを狙わせる戦術が流行しています。しかしここはスピードの緩急やキレを重視して、利き足が左ではありませんが原口選手を右サイドへもってきて、タテに抜いてサイドをえぐってからのマイナスのパスや、あえて右足のドリブルからのカットインプレーでチャンスメークをしたりゴールをあげたりするプレーを期待しています。

たとえメッシであっても、たった1人で敵11人を相手にして、自分ひとりの力でW杯に行くなんて不可能です。チームも本田選手個人としてもロシアW杯へ行けるように、いまは辛抱してチームプレーに徹して欲しいです。

もしこれで上手く行かない場合は、試合中にボランチのところへ遠藤もしくは山口選手を入れて、本田選手を前線にあげてはどうでしょうか。こうすれば本田選手は攻撃に専念することができ、守備のために自陣へ戻る体力的負担が軽減できます。



             本田 
            (浅野)  
            (武藤)

  宇佐美      清武       原口
            (本田)     


     遠藤もしくは山口  長谷部           
                               


  酒井高    森重    吉田    酒井宏 



              GK 

 
 東南アジアのアウエー戦と言えば、2次予選のカンボジア戦で苦しんだことを良く思い出してください。タイはカンボジアより数段戦力は上です。

「絶対に相手は引いてカウンターサッカーで来る」と決めつけてはいけませんし、「格下相手だから」といって点を取って勝つことばかりに夢中になり、守備をおろそかにしてオープンな展開の“殴り合い”(=点の取り合い)を挑んだら、致命的なパンチを食らってノックアウトされ、取り返しのつかない結果につながりかねません。

臆病になる必要はありませんが、どんな展開になっても90分間、相手ボールの時は4-4のコンパクトな守備ブロックをつくって辛抱強く守り、相手のボールホルダーが中盤にいるときから体をしっかり寄せてボールを奪い返すこと。

高い気温下でのゲームが予想されますが、陣形が間延びすると1人ひとりが広いスペースを守らなければならず、無駄に体力を消耗します。90分間コンパクトな守備陣形を維持して相手が攻撃で使えるスペースを消しておけば、そういうことは無くなりますし、その体力を攻撃に十分使うことができます。

ボールを奪い返したら、日本の選手3人で三角形をつくりながら、いつもの練習でやる「鳥かご」のようにテンポ良く強いパスをしっかり回して、プレスをかけてきた相手を抜き、バイタルエリア付近でクロスやラストパスを出してゴールを決めることです。(図1)

図1
バランスが良い
(クリックで拡大)

図2のような形を「泥臭い攻撃」だと思っているのかもしれませんが、それでは結果が出ないということは、ブラジルW杯のギリシャ戦(0-0)、2次予選初戦のシンガポール戦(0-0)、そして先日のUAE戦と、何度も何度も証明されています。

図2
バランスが悪い

守備でも攻撃でも、個人戦術・チーム戦術のセオリーというものは、ゴールを1点でも多く取り、失点を出来る限りゼロにするためにはどうすれば良いか、世界中の人たちが100年以上にわたって試行錯誤した結果、生み出されたものです。

そうした「サッカーの基本」を大事にしたプレーが「良い試合内容」であり、試合内容を犠牲にして「泥臭く」プレーすれば、試合に勝てるというのは大きな誤解です。

W杯に行くために1人ひとりがエゴを捨て、日本代表の選手全員でチームプレーに徹してください。ハリルジャパンの修正力に期待しています。


一対一の勝ち方


フィジカルコンタクトに勝つためのスキル

コンパクトな守備ブロックからのゾーンディフェンスのやり方

パスサッカーの基本(その1)

パスサッカーの基本(その2)

より高度なパスサッカー(その1)

より高度なパスサッカー(その2)

より高度なパスサッカー(その3)



サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。

  

■コメント

■Re:UAE戦個人評価と、次のタイ戦はどう戦うべきか? [名無しさん]

個人的に4231以外のフォーメーションも試すべきだと感じます。4231はに攻められる時間が長くカウンターチャンスがあり、トップ下、ワントップに正確な縦パスを供給できるチームには向いてる陣形だとは思いますが
日本みたいにボールを持たされて中央のスペースが無いチームには密集地帯でただクロスを待ち構えるだけで、トップ下が死に駒になりがちです。
4-4-2で、2トップがワイドに開き、サイドにSB・SH・CFのトライアングルを作って3人のパスワークで
崩すとかやってみればいいのになと思うのですがね
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索