■日本代表、シンガポールに3-0の勝利(その2)

前回のつづき

 選手個々で特筆すべき活躍だったのは、まず先制ゴールをあげた金崎選手。
武藤選手からのボールを胸で落とし、押さえの効いたシュートをゴール右に突き刺して、のどから手が出るほど欲しかった先制点をゲット。パスを受けてからシュートに至るまでの流れるような一連の動きは大変見事だったのですが、後半は相手バックラインと一直線に並び、ゴールに背を向けて足を止め、味方のボールホルダーを見ているだけのシーンが多かったのは問題です。
常に相手DFのマークから逃げるようにバイタルエリアのスペースへポジショニングした上で半身で構え、味方のボール保持者がフリーで前を向いたら、バックラインの背後へダイアゴナルランするといった、相手DFとの駆け引きの仕方をもっと覚えなくてはいけません。

本田選手は、武藤選手が落としたボールに「ゴールへの嗅覚」鋭く飛び込んで貴重な追加点をあげました。
右サイドでのパス回しにもしばしば顔を出し、相手を崩すことに成功しましたが、このレベルの相手でも個の力で右サイドをタテに突破することができていないので、アジア最終予選やW杯本大会でもっとレベルの高い相手と当ることを考えると不安がぬぐえません。本田選手の適切なポジションはセンターフォワード・トップ下もしくはボランチあたりではないでしょうか。

ややラッキーゴールでしたが、吉田選手は宇佐美選手のシュートのコースを変え、ダメ押しの3点目をゲットしました。
試合の前半バックラインでパスを回している時、パスやトラップが乱れボールが足についていない感じでしたが、もっと自信を持って落ち着いてプレーして欲しいです。

武藤選手は、本田選手からのクロスをヘッドで正確に落として先制点をアシストし、相手選手と競り合いながら味方からのボールを本田選手の前へ残して2アシストの活躍。
武藤選手も金崎選手と同様、相手の4バックと一直線に並び、ゴールに背を向けて立ち止まっていたのでは、相手を崩せません。
相手バックの前のスペースでフリーになり、そこでパスを受けてチャンスメークしたり、バックラインの背後へダイアゴナルランして、味方からのスルーパスを受けるようなシーンをどんどんつくっていくなど、相手DFとの駆け引きの面で勉強すべきところは多いです。

 逆に柏木&清武選手は、前半に良いパスの組み立てから相手を崩した場面がいくつかあったのですが、後半は効果的なパスの配球ができず、日本の攻撃が停滞して相手に攻め込まれる一因に。
柏木選手は、DF陣がパス回しをしている時に、もっとグラウンダーのパスを受けられる位置にひんぱんに顔を出して欲しいですし、パスを受けたら次にどういったプレーを選択するのか、考える時間をもっと短く(2秒以内に)すべき。意味のないバックパスもまだまだ多いです。 
2人のボランチのうち、長谷部選手より柏木選手の方がやや前へ出てプレーしていましたが、清武選手も柏木選手がいるあたりまで一旦下がり、そこでボールを受ける回数を増やしても良かったと思います。それによって3トップが相手のバックとボランチの間のスペースまで下がってくれば、トップ下との距離を適切に保ったまま、3トップがスピードに乗って相手バックのウラヘダイアゴナルランすることができるようになります。
叱咤激励の意味をこめてあえて辛口評価としましたが、セットプレーのキッカーとしては2人とも良かったと思います。

酒井宏樹選手は、高徳選手よりも守備面でやや上回っていますが、クロスの精度に同じような問題を抱えています。キックするとき力みすぎているのでしょうが、味方が全然いないゴールラインぎりぎりのところへクロスしても、ノーチャンスです。

西川選手は前半に1度、ゴールエリア右へ飛び出したものの、敵・味方の選手に阻まれてボールに触れなかったことがありました。やはりGKがゴールを空けるという決断をしたら、最低でもボールに触らないといけません。

        ☆        ☆        ☆

 アウエーでの戦いとなったシンガポール戦は、3点差をつけての勝利という結果は良かったですし、試合内容も改善が見られました。 

これまでピッチ内の状況に関係なく、無理矢理「タテに速いサッカー」をやろうとして低調な内容に終始していた日本代表ですが、この試合は選手たちが正しい状況判断をもとに適切な戦術を選択できたので、良い結果を得ることができましたし、試合内容の方も改善が見られました。

シンガポールがベタ引きでスペースがないことを見た日本が、パスサッカーで相手を崩して3ゴールをあげられたことは良かったと思いますが、パスサッカーのクオリティそのものには、まだまだ改善すべき点が少なくありません。何度も練習や実戦を積み重ねて、組織を熟成させる必要があります。

パスサッカーは、パスの出し手と受け手のコンビネーションが極めて重要であり、パッと集まれば高度なパスサッカーがすぐできるようになるというわけではありません。

「タテに速いサッカーがダメだったら、ザックジャパン時代のパスサッカーに戻ればいいじゃないか」という人もいますが、そんな単純な話ではないのです。

これまで何度も指摘したように、パスサッカーをやっていたチームに「タテに速いサッカー」をやらせるのは簡単ですが、アバウトなロングボールを放り込む攻撃ばかりをしていたチームに、緻密なパスサッカーをやらせるのは容易なことではありません。

ホームで0-0で引き分けた相手に勝ったことで、マスメディアは「快勝」と報じていますが、日本代表に求められるサッカーのレベルがずいぶんと低くなったものですね。

ホームでドローという結果が異常だっただけで、本来はホームでもアウエーでも問題なく勝たなければいけないレベルの相手ですし、今後このレベルの相手とは、W杯の本大会はおろかアジア最終予選でさえ当たることはまずありません。

プレス守備のレベルでいえば、シンガポールよりイラン代表の方が格段に高いものでしたし、この試合の後半の出来では、イランレベルの相手に先制され、引き気味にしたコンパクトな守備ブロックから厳しくプレスをかけられた場合、日本が相手を崩してゴールを奪うのは容易なことではないでしょう。

通常の3倍速い赤いヤツではありませんが、サッカーの戦いも非情です。こちらの一つ目の戦術が上手くいかなかったときに備え、いつも二手三手先を考えてやらなければなりません。

◇    ◇     ◇     ◇     ◇     ◇    ◇

    2015.11.12 シンガポール・ナショナルスタジアム

       シンガポール 0 - 3 日本

                       金崎 20'
                       本田 26'
                       吉田 87'


    GK イズワン         GK 西川

    DF シャキル         DF 酒井宏
       バイハッキ           吉田
       マドゥ              森重
       ナズルール          長友

    MF シャフィク        MF 長谷部
       ハフィズ            柏木
       ハリス             本田
       サフワン           (原口 83)
      (ズルファミ 90+).      清武
       ファリス           (香川 75)
      (ジェームズ 80)       武藤
                       (宇佐美 65)
    FW ファズルール
      (サヒル 46)       FW 金崎





サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。



  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索