■日本代表、カンボジアに苦しんで勝ち点3(その2)

 前回のつづき

 選手個々で特筆すべき活躍だったのはまず本田選手。もっと上手いGKならフィスティングで防がれた可能性もありますが、チームメイトの両肩にのしかかった重荷を振り払う、値千金のミドルシュートで先制ゴールをゲット。
ただ右サイドハーフとしてはほとんど機能せず。相手を置き去りにしてサイドをタテに突破するスピードが無くなってきているため、カットインして中へ中へとドリブルしていくことが圧倒的に多く、攻撃がワンパターン化して右サイドを崩せない一因に。もはやクラブでも彼はこのポジションでプレーしていないわけですし、監督さんはできるかぎり早く他のポジションへのコンバートを検討すべき。

吉田選手もミドルシュートからのゴールでチームをさらに楽にしてくれました。相手に当たって角度が変わるというラッキーな面もありましたが、ペナの中で何本パスをつないでも1点にもならず、シュートをゴールの枠内に打たないと何も始まらないということを再認識させてくれました。

香川選手も、味方のシュートのこぼれ球をGKのいないところへ冷静に流し込んでダメ押しの3点目をゲット。彼に限ったことではありませんが、シュートを外したことをクヨクヨひきずって自分を責めるのは最悪の対処法です。ベストなのはシュートが外れた原因を正しく分析して解決策を見つけたら、頭をさっさと切り替えて次のチャンスが来た時にゴールを決めることだけに集中することです。この試合、攻撃を組み立てる時のパスのつなぎ役としての彼の働きには物足りないものがありました。

原口選手は出場時間が短かったものの、のびのびとしたスピード感のあるプレーで右サイドの攻撃を活性化させました。もっと長い時間彼のプレーを見たくなります。

 逆に山口選手はパス出しでミスを連発。今は局面を一発で打開するような気の利いたパスは期待していないので、味方の足元やスペースにビシッと正確なパスを出して欲しいです。ミドルシュートへの積極的なチャレンジは大いに評価しますが、せめてゴールの枠内に入るよう練習を。

岡崎選手はボールがなかなか収まらず、味方へのパスもミスが多かったです。ゲーム中に足首を痛めたことの影響でしょうか。

長友選手のクロスはどれも長すぎてGKにキャッチされてばかりでした。サイドをタテに抜いてゴールラインぎりぎりからあげるクロスも正確性を欠き、なかなか味方に合いません。ならばとドリブルで中へカットインしても次のプレーを迷い結局バックパスというシーンが目立ちます。相手を抜ききる前に、下図のAのエリアあたりからゴール前の味方へ正確にクロスを上げるプレーを使ったらどうでしょうか。あるいはドリブルでカットインしてからのミドルシュートも良いと思いますが、もっと自信をもって最低限でもゴールの枠内に入れること。

PTA
(クリックで拡大)

酒井宏樹選手は、右サイドを深くえぐってからグラウンダーのマイナスのパスで味方にミドルを狙わせるというプレーは効果的だったと思います。しかし浮き球のクロスの正確性は今ひとつ。上の図の青いエリア内かつ相手選手の間にクロスを落とすのが基本です。GKがニアポスト付近で構えていれば青いエリアのファーポスト側にクロスを落とすのも定石ですが、その付近に味方がいることが前提条件となります。

武藤選手は功を焦って空回りしていたでしょうか。周囲の選手とのコンビネーションもまだこれからといった感じで、日本の攻撃が右サイドに偏ってしまった原因の一つに。

        ☆        ☆        ☆

 ハリルホジッチ監督の采配を振り返りますと、攻撃がなかなか機能しないと見たのでしょう、試合中に香川選手を左サイドにもってきたり、いろいろなシステムを試していましたが、ハリルジャパンの現在の問題点は次の2つだと思います。

(1) 右サイドハーフの本田選手がタテに突破するためのスピードが無くなってきており、どうしても中へ中へとドリブルしていくため、右サイドでピッチを広く使った攻撃ができず機能していない。本田選手のポジションが適材適所ではなくなってきているという問題。

(2) ボランチの位置からピッチ全体を見渡し、効果の乏しい攻めをワンパターンでひたすら繰り返してしまうといった攻守の問題点を分析して、自らのパスでチーム全体に修正をうながすレジスタ役が不在であること。長谷部・山口両選手はそこまでの攻撃センスや技術がなく、いまだ遠藤保仁選手の後継者を見つけられていないという問題。

そこで攻撃のセンスも技術もある本田選手をボランチにコンバートして、レジスタとして攻守にわたりチームのかじ取り役を任せてみてはどうでしょうか。

チャンスと見たら本田選手も前線に上がっていき、香川・宇佐美選手らとのパス交換でウラヘ抜け出してシュートというのも効果的だと思います。

本田選手はフィジカルコンタクトに強く、ボール奪取力を含めた守備力も遠藤選手より高いと思われますので、守備もできるレジスタとして有望ではないでしょうか。

彼がレジスタという新境地で開眼できれば、この2つの問題を一挙に解決することができますし、それでうまくいけばACミランでも彼の価値はもっと高まるはずです。

この試合に出ていたメンバーを例にすればこんな感じで。


         ☆本田レジスタ(攻撃時)


                岡崎


        宇佐美   香川    原口
       (武藤)          (宇佐美)

             山口  本田
           (長谷部)

         SB   CB   CB   SB

                 GK 


守備時は両サイドハーフがボランチの位置まで下がり、ブロックをつくってゾーンで守ります。


               ☆守備時


                岡崎

                香川

       宇佐美  山口  本田   原口
      (武藤) (長谷部)      (宇佐美)


        SB    CB   CB    SB

                 GK 


 本田選手がどうしても前でプレーしたいというなら、ユーロ2008で優勝したスペイン代表のクアトロ・フゴーネス(4人の創造者たち)のような攻撃的な4-1-4-1で、香川選手とダブルトップ下を組ませるというのはどうでしょうか。

香川・本田両選手はセントラルMFではなく、4-2-3-1の中盤の三角形をひっくり返して、あくまでもトップ下を2枚並べたイメージです。



        ☆クアトロ・フゴーネス(攻撃時)


                 岡崎


        宇佐美  香川  本田  原口
       (武藤)            (宇佐美)

                 山口  
                (長谷部)


        SB     CB    CB   SB


                  GK


その理由として、フィジカルコンタクトがあまり強くない香川選手はセントラルMFに求められる守備力に欠けるためです。よって守備時は、香川選手を除く3人(宇佐美・本田・原口)がボランチの位置まで下がり、ブロックを形成します。


                ☆守備時


                  岡崎

                香川

         宇佐美  山口  本田   原口
        (武藤  (長谷部)     (宇佐美)


         SB     CB    CB    SB

                   GK 

本田選手をボランチにコンバートし、この2つのシステムを試す価値は十分あると思いますがどうでしょうか。

        ☆        ☆        ☆

 日本がカンボジアに勝利したことは順当でしたが、ホームで3点しか稼げなかったという結果については不満の残るものでした。

同じグループ最大のライバル・シリアとの得失点差争いを優位に進めるためにも、まず勝ち点3を取ることに集中しつつ、その上でなるべくゴール数を稼いでおきたいところでした。

万が一、日本がグループ2位となった場合、他グループの2位チームとの勝ち点や得失点差の争いとなり、2次予選・全8グループの2位チームのうち、上位4チームしかW杯アジア最終予選に進むことはできません。

その意味でも、ゴールをできるだけ多くゲットしておくに越したことはありません。

 それにしてもこの試合、日本の選手たちが硬くなりすぎていたように見えました。

過緊張でプレーヤーの動きそのものにキレがありませんし、頭が真っ白になってしまっているのか、GKに何度もクロスを直接キャッチされているのに、「キックの力加減を調節してクロスの落としどころを変えよう」といった、冷静な判断力も失われています。

シュートチャンスで相手GKの位置を見て、そのまま本能的にGKの真正面にシュートしてしまうケースも多々見られました。

日本の選手は悪い意味で責任感が強すぎます。

それが「試合に必ず勝たなければ」「シュートを絶対に決めなければ」というプレッシャーや、失敗することへの強い恐怖感につながり、試合中に頭が真っ白になって普段通りの力が発揮できない原因になっているのではないでしょうか。

人間ですから誰だって緊張しますし、メンタルトレーニングの分野にさまざまな「過緊張克服法」がありますから、それをすみやかにチーム内に取り入れるべきです。

その一例ですが、まず最初に大事な試合でシュートを外した自分の姿を想像してみます。それでも試合は続き、そこでサッカー選手としてのキャリアが終わるわけでもないので、リベンジのチャンスは必ず来る、だから決して失敗を怖がる必要はないことを自分の心に良く理解させます。

次にシュートを外した原因を正しく分析し、こんどはシュートをきっちりと決めた自分の姿を何度もイメージして、普段通りにやれば自分は必ずできるという自信を、自分の心に植え付けます。

毎日5分ぐらい瞑想する時間をつくって、こうしたイメージトレーニングをすることを習慣化してみてはどうでしょうか。

シュートを外したことで自分を責め、自信をどんどん失っていくことが一番やってはいけないことです。

普段通りの実力をゲームで発揮することだけに集中し、「自分は精一杯やった。自分より上手くできるヤツがいるというならそいつがやればいい」ぐらいに良い意味で開き直ることや、心の底からそう思えるくらいゲームに集中することこそが一番大事なことです。

◇    ◇     ◇     ◇     ◇     ◇    ◇

          2015.9.3 埼玉スタジアム2002

          日本 3 - 0 カンボジア

        本田 28'
        吉田 50'
        香川 61'

  
      GK 西川       GK ソウ・ヤティ

      DF 長友       DF チン・チョウン
         森重          サイ・ピセット
         吉田          ソイ・ビサル
         酒井宏         ソク・ソバン
                      ルス・サムウン
      MF 長谷部         (スン・ソバンリティ 44)
         山口
         武藤       MF ティト・ディナ
        (宇佐美 65)    (ビドル・サムウン 63)
         香川          ビン・チャンタチェアリ
         本田          ソス・スハナ 
        (原口 83)       クチ・ソクンペアク
       
      FW 岡崎       FW クオン・ラボラビー
        (興梠 78)      (ケオ・ソクペン 89)



サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。



  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索