■ようやくエンジンがかかるも時すでに遅し

 東アジアカップ、日本代表の最終戦は開催国・中国とのゲームでしたが、前試合に引き続いて1-1のドローとなりました。

中国代表は全員が国内リーグでプレーしています、中国とは日本のホームで日本の勝利、アウエーで引き分け程度の実力差と見ていましたが、相手は主力選手をほぼそろえていたのに比べ、こちらは海外組を欠く2軍チーム。

引き分けという結果は悪くはなかったと思いますが、そこをなんとか勝ちに持っていかないとチームとしても選手個々としても成長はないわけで、珍しくレフェリーが比較的公平にジャッジしてくれて不可解なPKを一本も取られなかったことも考えれば、日本の試合結果には不満が残りました。

試合内容の方も、ゲームを見ること自体が拷問のような、アイデアも技巧もエンターテインメント性のかけらもない前の2試合に比べれば良くなりましたが、まだまだ合格点にはほど遠いです。

        ☆        ☆        ☆
 
 日本代表の試合内容を守備から分析します。

守備面では、前の2試合から引き続いて良くなってきています。
疲労が原因で時間が経つにつれ選手がばらけて陣形が間延びしてしまうのは相変わらずなんですが、それでも陣形をコンパクトに保ち、相手ボールホルダーに厳しくプレッシャーをかけることができている時間帯は、相手に攻めの形をほとんどつくらせませんでした。

失点シーンは、サイドを突破した相手がプルバックし、ペナルティエリア直前の“D”のエリアで待ち構えている選手にミドルシュートを狙わせるという、ゴール前の攻撃の「定石中の定石」にまんまとやられてしまいました。

“D”のエリアにはサイドを突破した選手からのクロスだけでなく、守備側のGKやDFがクリアしたボールがこぼれてきやすい場所でもあります。

Jリーグを見ていても、この定石を知らないとしか思えないチームをかなり見かけるのですが、守備の時はクリア要員を最低1人は“D”のエリア付近に置いておく、相手ゴール前でのセットプレー時や流れの中からこちらが攻めているとき、味方からのパスや相手のクリアを拾ってミドルを狙うために、やはり“D”のエリアに1人以上の選手を置いておくのは戦術の定石です。

対策
(黄色チームが攻撃側  クリックで拡大)

日本代表に選ばれた選手たちも、このように十分予測可能な相手の攻撃から失点を食らうことのないようにして欲しいです。

 攻撃面でも前の2試合からは改善が見られました。攻撃にようやくチームとしての意図が感じられつつあります。

味方からパスを引き出す動きが少しづつ見られるようになりましたし、自分が次にどういうプレーをすべきかの判断がより的確になり、適切な判断をくだすために要する時間も短くなりました。

次のステップとしては、相手が密集して守っているサイドでわざわざ細かいパスを回そうとするのではなく、サイドチェンジを使ってピッチ全体を広く使うことができれば、攻撃はもっと良くなります。

ただ、どういう攻めの意図があるのか理解に苦しむ浮き球のロングパスがまだ多いですし、味方へショートパスを出すとき、自分のトラップミスからボールが浮いてしまい、それをそのまま蹴るために浮き球のパスになってしまう、あるいはダイレクトパスを出すときに、グラウンダーのパスをもらったのにキックの技術が低いために浮き球になってしまうというシーンを多く見かけました。

この試合のように相手がコンパクトな守備ブロックをつくっている場合、相手選手に囲まれた狭いスペースで味方から浮き球のパスをもらい、ワントラップしてボールを足元へ落とし、頭をあげたころには複数の相手に体を寄せられてボールを失ってしまいます。

逆にグラウンダーのパスなら、受けた選手がシュート・パス・ドリブルのいずれのプレーを選択しても、短時間で次の動作へスムーズにつなげることができ、それによってプレスをかけようとする相手も、うかつには飛び込んでこれなくなります。

「パスを出すときはなるべくグラウンダーで」と口をすっぱくして言っている理由の一つがそれです。

中国のコンパクトな守備ブロックの攻略にも手こずりましたね。

アジアのようなサッカー後進地域でも、組織的なゾーンディフェンスが当たり前になってきましたが、コンパクトな守備ブロックの崩し方は以前に集中講座で述べた通りですが、この試合の日本代表には相手ゴール前30mでアイデアが欠けていました。

攻守にわたって試合内容はだんだんと良くなってきたのですが、まだ満足できるようなレベルにはありませんし、最低でもこのインテンシティのゲームを東アジアカップの初戦からできなければダメです。

 選手個々の評価とこの大会の総括は次回としましょう。



サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。



  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索