■日本代表、イラクに大勝(その2)

 前回の続き

 選手個々で特筆すべき活躍だったのは、まず本田選手。彼の先制ゴールでチームを勢いに乗せることができました。オフサイドにならないよう気をつけながらウラヘ抜け出し、追いすがる相手をフィジカルの強さではねのけて確実にゴールを決めてくれました。日本のタテに速い攻撃のつなぎ役としても活躍。

槙野選手は絶妙のポジショニングから2点目をゲット。クロスボールが入ってくる方向から見てファーポスト直前のエリアは、敵味方が競ったボールがこぼれてきやすいところで、あのゴールはポジショニングの勝利でしょう。
それよりも評価すべきなのはセンターバックとして守備で危なっかしいところがなくなってきたところ。「バックの本分は守備」というのをちゃんと理解していたら、ケルンへの移籍も成功していたかもしれません。

岡崎選手もコースがやや甘めでシュートをGKに触られてしまいましたが、3点目となるゴールを良く決めてくれました。前線でボールを収めて、サイドを駆け上がった味方へ上手く散らすプレーにもドイツでの成長がうかがえます。
ところでクラブ(マインツ)のゲームで、せっかく自分が獲得したPKをみんな他人に譲ってしまうのはどうしてでしょうか? どういう理由であれ、どんなにプレッシャーがかかる試合であってもシュートを決める能力を高めるために、攻撃の選手は「ゴールする喜び」から逃げてはいけないと思います。

原口選手は、相手のクリアを拾ってからそのままドリブルでDFをかわしてダメ押しとなる4点目をあげました。浦和時代は独りよがりで効果的でないドリブルも多かったのですが、やはりドイツでの成長の跡が見えます。 ただ、彼と同時に投入された若手選手たちと同様、ゴールばかりに頭がいってパスでイージーなミスがあったのは修正点です。

宇佐美選手は前線で広く動き回り、得意のドリブルからのラストパスで岡崎選手のゴールをナイスアシスト。相手のバック3人に囲まれてもボールを失わない彼のキープ力は素晴らしいです。ACLを見ていても思うのですが、アジアレベルのバックであればドリブルでスルスル抜けていける感じですね。もっとレベルの高い相手にどれくらい通用するか見てみたいです。後半の半ばに差し掛かったあたりでちょっとバテたでしょうか。

柴崎選手は先制ゴールへのアシストを含め、広い視野から好パスを連発。 まだ十分とは言えないものの、中盤でのボール奪取力にも向上が見られます。 相手にロングボールを放り込まれ、味方のバックが下がりながらクリアした時それについて行くのが遅れ、バイタルエリアに広いスペースを空けてしまったところは守備戦術上の修正点です。

 逆に吉田選手は、相手の浮き球のロングパスをクリアするときに少しかぶってしまい、後方へそらしてしまったボールをウラヘ抜け出した相手FWに拾われそうになってピンチになった場面が一度ありました。ボールの落下点を確実に見極め、前へしっかりクリアして欲しいと思います。

長谷部選手も体を張ってプレスをがんばっていたと思いますが柴崎選手と同様、相手のロングボールを味方の4バックが下がりながらクリアした時について行くのが遅れ、バイタルエリアに広いスペースを空けてしまったところは見過ごせない問題です。次の試合までにしっかり修正して欲しいです。

        ☆        ☆        ☆

 W杯予選前の最後のテストとなるイラクとのゲームは、相手がメンバーを落としてきた点は考慮しなければいけませんが、それでも4点差をつけての大勝という結果はとても良かったですし、試合内容もまずまず良かったと思います。

特に前半25分までのゲーム内容はかなり良かったですね。これをなるべく長い時間持続できるようトレーニングに励んで欲しいです。

チーム全体でゴールへの意識が高まっているのは大変良いことなのですが、後半の半ばから投入された若手組は自分のゴールを焦るあまり、ボランチやサイドバックがボールを持ったら、二列目から前の選手全員が相手DFのウラでパスを受ける動きをしてしまい、かえってチームをゴールから遠ざけていました。

これはゴールが絶対に必要だったにもかかわらず、手痛い引き分けを食らってしまったブラジルW杯のギリシャ戦の後半と全く同じパターン。

いくらゴールが評価されるからといって相手ゴール前にずっと張っていて、「俺が決めるからパスを全部よこせ」というのでは逆にマイナス評価です。

特に若手選手はそういう横着なプレーばかりやっていないで、相手バックの前のバイタルエリアを上手く使ってチャンスメークもしっかりやり、あるいはそこから自分の個の能力で相手バックを抜いてゴールを決めるといった苦労を、自ら買ってでもやってほしいですね。

それが本当の意味での個の能力アップにつながるのです。

 次の試合から、いよいよ日本のW杯出場をかけた、厳しい戦いの幕開けです。

日本が入ったグループで最強のライバルはシリアと目されますが、シリアは日本以外の対戦を全勝で来ると予想されます。

シンガポールに勝つのはMUSTとしても、できるだけ大量点差をつけて得失点差争いでも優位に立っておきたいところ。

このようなことを頭の片隅にとどめておくとしても、一番重要なのは、いかなる状況におかれても「自分たちが今やるべきこと」に集中し、それを選手ひとりひとりがプレーで表現することです。

◇    ◇     ◇     ◇     ◇     ◇    ◇

        2015.6.11 日産スタジアム(横浜)

        日本  4 - 0 イラク

     本田  5'
     槙野  9'
     岡崎  32'
     原口  84'


      GK 川島       GK ジャラル

      DF 長友       DF サマル
         槙野         (サミハ 46) 
         吉田          サラーム
         酒井宏        リビン
                      ドゥルガム
      MF 長谷部       (バハジャト 88)
        (谷口 76)
         柴崎       MF アブドルアミール
        (山口 85)       サイフ
         宇佐美        (フサイン 70)
        (武藤 66)       アハマド
         香川          ジャスティン
        (原口 66)      (ヤシル 55)
         本田          フマム
        (永井 66)
                   FW アムジャード
      FW 岡崎         (マルワン 72)
        (大迫 73)  



サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。



  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索