■日本代表あまりにも早すぎる帰国(その2)

 前回のつづき

 選手個々で特筆すべきは柴崎選手。チーム全体として決定力の低さが目立った試合でしたが、自ら本田選手へパスし、そのリターンを正確にゴールへと決めてくれました。長友選手の負傷でサイドバックに下がらざるを得なくなったのはアンラッキー。

本田選手はバイタルエリアでパスを受けて正確に落とし、柴崎選手のゴールをナイスアシスト。右サイドから中央にかけて攻撃の組み立てでも活躍。PK戦は運もありますから責めることはできません。

逆に森重選手は、怠慢プレーからチームを苦しくさせる失点の原因に。相手のボールホルダーに味方のプレスが掛かっていないとき、FWがウラヘ走り出したらバックがついて行かなくてはならないのは戦術論の初歩ですが、自分がマークすべきマブフートに出足で遅れたあげく、まだ何もしてこないだろうという極めて甘い予測をたてて追いかけるスピードを緩め、予想していなかったタイミングでシュートを打たれて失点。この試合のワースト・オブ・ザ・マッチのプレー。

長友選手は、マブフートのゴールをアシストしたA.アルハマディに対するプレスをためらい、彼の正確なロングパスを許してしまいました。

酒井選手は試合の立ち上がり、相手が2人待ち構えているところへ無理にドリブルで突っかけていって奪われ、敵のカウンターの基点に。ボールの処理を誤り、敵のカウンターの餌食になる場面が試合中もう一回ほどありました。良いプレーもあるのですが守備が不安定すぎます。

長谷部選手は延長前半、相手ゴール前からこぼれてきたボールを左サイドへ展開する際、何でもないパスをミス。このミスパスをタッチラインに出したくなかった長友選手が無理をして追いかけた結果、肉離れを起こし、日本は実質1人少ない状況に。たった1つの雑なプレーがチームの勝利を難しくしてしまいました。

岡崎選手は左右に大きく動いて細かいパス回しに参加しようとしていましたが、いずれもミスに。そういうプレーは岡崎選手の持ち味や本来の仕事とは違うのではないでしょうか。

        ☆        ☆        ☆

 アギーレ監督の采配については前回指摘したように、相手の4-4-2に対してアンカーの両サイドで数的不利になる4-1-2-3にこだわったのは、フォーメーションの選択ミスだったと思います。それも痛い失点につながった一つの要因となってしまいました。

柴崎選手のゴールシーン以外は「単純にサイドからのクロス」が目立ち、アタッキングサードに入ってからの攻撃が手詰まりになっていたように見えました。「サイドからのクロス」以外の有効な攻めの形が求められましたが、アギーレ監督は攻撃の指導は得意ではないのでしょうか。

長友選手が肉離れを起こしたとき決断が遅れ、いつまでもサイドバックの位置でプレーさせたことも問題。もっと実力が上のチームだったら動けない長友選手を徹底的に突かれて、延長戦で失点していたかもしれません。長友選手を自陣から一番遠いポジション、例えば左のウイングにすみやかに上げるべきだったと思います。

        ☆        ☆        ☆

 優勝を目指していた日本代表の準々決勝は、UAEと120分戦って1-1という結果は不十分でしたし、試合内容もあまり良いとは言えませんでした。

守備で相手をナメて一瞬の油断から失点したことで自分たちを苦しくし、ゴールを決めるべきときに決められず、雑なプレーが味方の肉離れを誘発してさらに自分たちを苦しくさせていきました。

こうしたことは、自分たちで注意すれば十分防げたことであり、とても残念です。

相手をナメて油断せず、逆に相手をリスペクトしすぎたり悪い結果を心配したりして体が思うように動かなくなるようなこともなく、いつでもどんな試合でも実力を普段通りに発揮する。

これがブラジルW杯以後の日本代表の課題であったわけですが、それがこのアジアカップで克服できなかったことに、そしてあまりにも早すぎる帰国に大変失望させられました。

次回は、アジアカップ2015における日本の戦いぶりを総括しつつ、大会を通した各選手・アギーレ監督の評価についても述べたいと思います。


◇    ◇     ◇     ◇     ◇     ◇    ◇

        2015.1.23 ANZスタジアム(シドニー)

          日本  1 延長 1  UAE
               4 PK 5


           柴崎 81'     マブフート 8'


         GK 川島       GK マクディミ

         DF 長友       DF サンクール
            森重          ジュマ
            吉田          アルアミン
            酒井          アルバルーシ
                        (A.イスマイル 76)
         MF 長谷部
            香川       MF A.アルハマディ 
            遠藤         (ハッサン 54)
           (柴崎 54)       ザイード
                         O.アブドルラフマン
         FW 乾            I.アルハマディ
           (武藤 46)
            岡崎       FW アルジュナイビ
           (豊田 65)      (アブドゥラ 58)
            本田          マブフート



サッカー ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます。



  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索