■11月のテストマッチに臨む日本代表メンバー発表

 11月14日にホンジュラスと、18日にオーストラリアとのテストマッチが予定されていますが、両試合にのぞむ日本代表メンバーが発表されました。次のとおりです。


GK 川島 永嗣 (リエージュ:ベルギー)
   西川 周作(浦和)
   東口 順昭(G大阪)

DF 吉田 麻也(サウサンプトン:イングランド)
   森重 真人(F東京)
   塩谷  司(広島)
   内田 篤人(シャルケ:ドイツ)
   酒井 高徳(シュツットガルト:ドイツ)
   太田 宏介(F東京)
   昌子  源(鹿島)
   松原  健(新潟)

MF 香川 真司(ドルトムント:ドイツ)
   柴崎  岳(鹿島)
   田口 泰士(名古屋)
   長谷部 誠(フランクフルト:ドイツ)
   遠藤 保仁(G大阪)
   今野 泰幸(G大阪)

FW 本田 圭佑(ACミラン:イタリア)
   岡崎 慎司(マインツ:ドイツ)
   武藤 嘉紀(F東京)
   小林  悠(川崎)
   豊田 陽平(鳥栖)
   乾  貴士(フランクフルト:ドイツ)


 今回召集されたメンバー表を見てみますと、田中・森岡・細貝・柿谷・ハーフナーら各選手が外れ、内田・長谷部・遠藤・今野ら、ザックジャパンの時に常連だった選手たちが呼ばれているのが目を引きます。吉田選手もケガが癒えて戻ってきました。

4-1-2-3をベースに局面によって3-4-3になったり4-1-4-1になったりしながら、堅守速攻を狙うアギーレ監督のサッカースタイルに対し、彼らがどのような役割をもって起用されるのか、それとも「戦術の引き出しが多い」と言われるアギーレ監督が堅守速攻以外の戦術を披露してくれるのか、この2試合に注目したいと思います。

そして言い訳の許されない公式戦である来年1月のアジアカップを前にして、テストマッチも残り2試合となってしまいました。

「なってしまいました」と書いた理由は、守備はともかくとしても、これまで4試合チャンスがあったのに、依然としてゴールを奪う軸となる攻めの形がかたまったようには見えず、あまり結果も出ていないからです。

唯一勝利をあげた試合がオウンゴールの1点のみだったというのも寂しいですね。

そろそろ各ポジションで軸となる選手を決めて、攻守の戦術を実戦で通用するまでに選手間のコンビネーションを熟成させないと、時間的に間に合わなくなってくるおそれがあります。

 ところで、今回ホンジュラス戦までの合宿のほとんどをアギーレ監督が欠席し、ゲリング・コーチが代わりに選手たちの練習を見るみたいですね。

メキシコの民間企業が主催する「サッカー殿堂」の受賞式典にアギーレ監督が出席するとのことですが、クラブチームの監督と違い、W杯やその予選・アジアカップといった公式戦までの代表チームの監督の仕事は、数か月に1度ある合宿とテストマッチで選手を指導することがメインなわけで、その大事な合宿を欠席してしまえば、代表監督としての仕事の半分かそれ以上を放棄することになってしまいます。

日本代表の監督さんがそれでは困るわけで、受賞式典を日本代表の合宿や試合のない日にずらしてもらうとか、そうでなければアギーレ監督の代理人を受賞式典に参加させて、本人の受賞スピーチを録画したビデオをメキシコの会場で流してもらうとかできなかったんでしょうか。

こういうことがあると、代表サポのアギーレ監督に対する信頼が失われてしまいます。

日本サッカー協会(JFA)が結んだ、アギーレ氏との契約内容もどうなっているのでしょうか。

「代表監督にとって合宿や試合は、すべてのことに対して参加を優先させる」という契約にしなかったんですかね。

私もサッカーを見始めてそろそろ25年ぐらいになりますが、JFAもJリーグも、そのマネジメントの拙さに首をかしげたくなることが最近多くなってきたように思います。

日本サッカー、大丈夫なんでしょうか。


サッカー ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます。


  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索