■アギーレジャパン初勝利も微妙な内容(その2)

        ☆        ☆        ☆

 (前回のつづき)


 選手個々で特筆すべきは、まず岡崎選手。前線から労を惜しまないプレスでボールを奪い、ショートカウンターの基点になっていました。先制点となった相手のオウンゴールは実質彼の得点と言ってもよいと思います。

酒井選手も積極的な攻め上がりで、何度も攻めにからむ働き。本田選手へのスルーパスも大変良かったのですが、クロスの精度に改善点あり。

塩谷選手は空中戦や一対一で安定した強さを見せていました。今後相手のレベルが上がったときにセンターバックとしてどれくらいやれるか楽しみです。

細貝選手はアンカーとして良く体を張り、相手の攻撃の芽をつぶしていました。
ただ、マイボールにした後の攻めの基点となる働きには依然として物足りなさを感じます。遠藤選手みたいな働きは期待していませんが、もうちょっと前に向かってパスをさばけると、バックからロングを多用する単調な攻撃に変化をつけられたり、攻めの組み立てで香川・柴崎両選手への負担も減ると思います。

逆に長友選手は、失点にこそならなかったもののGKへのバックパスが相手へのプレゼントボールとなる大きなミス。クラブで出たり出なかったりで焦りがあるのでしょうか?また攻撃面でもサイドを縦に突破してゴールライン付近からクロスというプレーを多用していますが、相手に読まれ気味でクロスが味方にことごとく合っていません。
世界一のサイドバックを目指すつもりならドイツ代表のラームがW杯でどんなプレーをしていたか良く研究すべきです。例えば、縦に抜くと見せかけてカットインしてから、ペナルティエリアの角付近でクロスをあげるというプレーをもっと使うべき。守る側からすると、ペナの角付近からあげられる正確なクロスは対応する時間が少なく、中の選手にピタリと合えばマークのズレからゴールになりやすいものです。このプレーで相手が対策をとってきたときは逆をついて、普段よく使っている縦に抜けてクロスというプレーをやれば、相手に読まれにくくなるのではないでしょうか。

森重選手も、不用意なパスからピンチになりかけたシーンが2度くらいありました。パスを出すときは「なんとなく」ではなく、味方にどういったプレーをして欲しいのかしっかりとメッセージをこめて出して欲しいです。

香川選手は、前半チームがロングボールを使った攻撃をやっていたせいもあってやむをえない面もあるのですが、消えていた時間が長かったですね。後半ジャマイカの足が止まり、日本の攻めが少しポゼッションサッカーっぽくなってくると、本田・柴崎・長友選手らとのからみで彼のシュートやチャンスメークのシーンが増えだしたのは、なんと言っていいのやらです。

柴崎選手も悪いというわけではないのですが、オウンゴールを引き出した前半よりも、香川選手と同じ理由で後半の方が良い出来だったと思います。しかしシュートを打てる場面でも初めから次の選択肢をパスに決め打ちしているようなプレーばかりで、そこは大いに不満。もっとゴールへの積極性を見せて欲しいです。でないと第二の清武選手みたいになってしまいます。

        ☆        ☆        ☆

 ジャマイカ戦は勝利という結果は順当だったものの、内容については今ひとつ。塩谷選手がセンターバックのレギュラー候補として名乗りをあげたということが数少ない収穫だったでしょうか。

 それではお約束どおり、当研究所がジャマイカ戦に注目していた理由をお話ししたいと思います。

アギーレ監督を招へいした原博実・専務理事は「戦術の引き出しの多さ」をその理由の一つにあげていました。

これまで対戦したウルグアイなりベネズエラは、日本と互角か相手の方が実力的に上だったので、カウンターという「弱者のサッカー」を日本がやるのはある意味、理にかなっています。

しかし今回の相手ジャマイカは日本より実力が下であることがわかっているチームであり、そういう相手に対してアギーレ監督がどういった戦術をとるのかとても興味がありました。

具体的には、「戦術の引き出しが多い」というのであれば、相手が強ければカウンターサッカーをやり、相手が弱ければ今まで通りボールをポゼッションして相手をガンガン攻める攻撃的なサッカーをやるというふうに、戦術を使い分けたりするのかということです。

結論から言えば、ジャマイカという格下が相手であっても、アギーレ監督は「堅守速攻型のカウンターサッカー」を選択していました。

原さんは「戦術の引き出しが多い」と言っていましたが、今のところアギーレ監督の戦術は、相手が日本より強かろうが弱かろうが「カウンターサッカー」一つしか見せていません。

「あえてそうしている」のならともかく「それしかできない」のであれば問題です。

まだテストマッチが11月まで3試合ありますから、そこまでは日本代表サポとアギーレ監督の「ハネムーン期間」として様子を見るつもりですが、数ある戦術のひとつとしてカウンターサッカーをやるというならともかく、これからもアギーレジャパンが「たとえ相手が強かろうが弱かろうが、カウンターサッカー一本で行く」というのであれば、私は支持できません。

その理由はおいおい述べていくつもりですが、「勝ちさえすれば内容はどうだってかまわない」という、目先の利益にとらわれたサッカーを選択するなら、長い目で見た場合いつか痛い目を見ると思います。

 最後に、あまりヒステリックに「差別!差別!」と叫びたくはないのですが、俳優の岩城滉一氏が日本代表の選手たちを指して「猿」「オランウータン」と発言したと報道されていますが、これが事実とすれば日本代表を応援している人みんなが大変残念で悲しく思っていることでしょう。

報道記事) 

日本サッカー協会も村井満チェアマンもこの発言を知らないのか、まだ何も対応していないようですが、岩城滉一氏に断固抗議をして謝罪を求めるとともに発言の撤回を求めるべきです。

     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇

    2014.10.10 デンカ・ビッグスワンスタジアム(新潟)

        日本  1 - 0 ジャマイカ

 O.G.(ノスワーシー)16'


      GK 西川       GK トンプソン

      DF 長友       DF ノスワーシー 
        (太田 89)       モーガン
         森重          テーラー
         塩谷
         酒井       MF パウエル
                      フィンドレイソン
      MF 細貝         (グレイ 64)
         香川          ワトソン
        (田口 90+)      ローレンス
         柴崎          グラント
                     (ベンボー 75)
      FW 武藤        
        (柿谷 74)    FW ロザ
         岡崎         (シートン 46)
        (小林 59)       リチャーズ
         本田         (マトックス 46)
 


サッカー ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます。




  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索