■日本代表、若手が躍動もミスミス勝利を逃す(その2)

前回の続き)


 選手個々で特筆すべきは、まず先制ゴールをあげた武藤選手。あのゴールでチームの重苦しい雰囲気が一気に吹き飛びました。FKをもらおうとすぐに倒れてしまうために、技術があってもフィジカルコンタクトに弱くて世界では通用しないJリーグ選手も多いなか、相手にタックルされても倒れずにふんばり、正確なミドルシュートをゴールに突き刺したことは高く評価できます。

柴崎選手も長い距離をかけあがり、左サイドからのセンタリングをハーフボレーで決めて相手を突き放すゴールをゲット。遠藤選手や中村憲剛選手など、これまでセットプレー時の優秀なキッカーに恵まれていた日本代表ですが、ふと気づけば、右足のキッカーがちょっと見当たらないという状況で、その意味でも柴崎選手は期待している若手の一人です。ただし、不用意なパスミスからチームを失点のピンチに陥らせたことは反省材料。

後半出場の岡崎選手は、左サイドを突破して正確なクロスから柴崎選手のゴールを好アシスト。

 逆に水本選手は、自陣でのミスからボールを奪われ、自分のミスを取り返そうとドリブルする相手に後ろからパニックぎみにタックルに行ってPKを献上。吉田選手がカバーのポジションをとっていましたし、相手は徐々にゴールへの角度がなくなっていく方へドリブルしていましたからそれほど焦る必要はなかったと思うのですが、ブラジルW杯コロンビア戦における今野選手の姿とオーバーラップしてしまいました。経験の浅い若手ならともかく、クラブのJリーグ優勝に貢献したベテランDFのプレーとしては寂しさを感じます。

川島選手は、味方のイージーミスが招いた決定的ピンチを何度も防いでくれましたが、シチェロのロングシュートを彼らしくない痛恨のキャッチミス。

細貝選手も自陣でのミスパスからあわや失点というピンチを招いていました。ザックジャパン時代にも同じようなミスが見られましたし、パス能力を相当がんばって向上させる必要があります。攻撃面での存在感もほとんどありません。世界基準で評価すればズバ抜けたボール奪取力があるようにも見えず、現状のままでは厳しいと思います。

        ☆        ☆        ☆

 アギーレジャパンの2試合目、ベネズエラとのテストマッチは2度の自滅さえなければ問題なく勝てていたはずで、ドローという結果はとても残念でした。

若手が結果を出して躍進した反面、経験豊かなはずのベテランのミスで引き分けにしてしまったのは、もったいないです。

ただ、改善すべき課題は多く残されているものの、試合内容はウルグアイ戦よりは良くなったと思います。

 さて、この2試合でおぼろげながら見えてきた、アギーレ監督がやろうとしているサッカーのスタイルですが、「攻撃的でスペクタクルなポゼッションサッカー」というよりは、やや守備に重心を置いた「堅守速攻型」で、ボールを奪ったらタテに速くパスを入れてゴールを狙い、攻撃の手段はロングボールを3トップに単純に当てるやり方が多めと言えそうです。

アギーレ監督自身も記者会見で「(サッカーでは)ロングボールは禁止されているのか?」とか「素晴らしいスタイルだと言われてFIFAランク44位になるより、良いと言われないスタイルでも20位以内に行きたい」とコメントしています。そのあたりにも彼のサッカーに対する考え方が、チラリとうかがえます。

もしそうであれば、攻撃サッカーを目指したザックジャパンの方向性は決して間違ってはいなかったという原博実・技術委員長のブラジルW杯総括とはうらはらに、日本代表は180°の方針転換となりますがいかに...。

まだテストマッチが続きますので、結論を出す前にもう少し様子を見たいと思います。

        ◇        ◇        ◇

         2014.9.9 日産スタジアム(横浜)

        日本  2 - 2  ベネズエラ

        武藤 51'      M.ロンドン(PK)58'
        柴崎 67'      シチェロ    71'


        GK 川島      GK エルナンデス

        DF 長友      DF ゴンサレス
           吉田         ビスカロンド
           水本         ペロソ
           酒井高       シチェロ

        MF 森重      MF グエラ
           柴崎        (フェドール 66)
           細貝         ロサーレス
          (田中 75)      リンコン
                       セイハス
        FW 柿谷        (シニョレッリ 76)
          (武藤 46)
           大迫      FW M.ロンドン
          (岡崎 46)     (ファルコン 89)
           本田         S.ロンドン
                      (マルティネス 81)



サッカー ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます。


  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索