■W杯サポートメンバーとカズ選手

 まず本題に入る前に、

先日、オーストラリアで開催されるアジアカップ2015の組み合わせ抽選がシドニーで行われ、前回優勝国としてシードされていた日本はヨルダン・イラクとともにD組に入りました。日本が対戦する残り1チームの枠は、AFCチャレンジカップ2014の優勝国に与えられます。

D組 日本 ヨルダン イラク チャレンジカップ2014優勝国


その他のグループは...

A組 オーストラリア(開催国) オマーン クウェート 韓国

B組 ウズベキスタン サウジアラビア 中国 北朝鮮

C組 イラン UAE カタール バーレーン

となっています。

ちなみにチャレンジカップとは、アジアサッカー連盟(AFC)加盟国を強弱で2グループに分け、弱いグループに入った国々のために設けられた大会です。

弱いグループに入った国々はアジアカップの予選に参加しないため、その優勝国にのみアジアカップの出場権が与えられるというわけです。

全チームをアジアカップ予選に参加させれば公平ですっきりするのに、なんでそんなややこしいことをやっているのかと言うと、昔ワールドカップのアジア予選で「イラン19-0グアム」というおそろしくワンサイドのゲームがあり、それ以降、絶望的に実力が離れているチーム同士の国際Aマッチをやっても、弱い方は自信を失うばかりで実力アップにつながらず、強い方もキレた弱いチームによるラフプレーが心配という意見がアジアサッカー界で出てきました。

そこでAFC加盟国をFIFAランクに従って日本やオーストラリアのような上位グループと、グアムやブータン・マカオのような下位グループに分けて、上位グループはアジアカップ、下位グループはチャレンジカップの予選・本大会に出場するようにし、チャレンジカップの優勝国にのみアジアカップの出場権が与えられるようになった、私の記憶が確かならそういういきさつだったはずです。

実力的に見て、アジアカップへの出場権が与えられるチャレンジカップ優勝国(たとえばインド)より、アジアカップの予選に敗退したチーム(シリアやタイ)の方が強いというケースもあるわけですが、そのあたりの不公平さは「気にしない気にしない」という、アジア的なおおらかさ全開のレギュレーションとなっています。

 ともかく、今はブラジル・ワールドカップで良い成績を残すことに集中しなければなりませんが、日本が前回チャンピオンとして臨むアジアカップ2015も、連覇かつ五度目の優勝を目指して良いサッカーを見せてくれることを希望します。

 さてそれでは今日の本題。

ブラジルW杯からFIFAの規則が変わり、サポートメンバーが活動できる範囲がかなり狭められてしまったとのことです。

サポートメンバーとは、W杯に出場する代表メンバーの練習相手を務める選手たちのことで、23人の代表メンバーにケガ人など出場不可能な選手が出た場合、W杯の予備登録選手にしておけばサポートメンバーとの入れ替えが可能となります。

前回南アフリカ大会のサポートメンバーに、香川真司選手が入っていたことはよくご存じだと思います。

ところがブラジル大会からは、サポートメンバーが飛行機やバスで代表メンバーと一緒に移動したり、公式練習に参加できなくなってしまったそうで、とても残念ですね。

W杯期間中にナビスコカップがあるJリーグ各クラブも、自分のところの選手をサポートメンバーとして出すのを渋っているそうです。

そこでなんですが、ブラジルW杯のサポートメンバーを横浜FCのカズ選手にお願いするというのはどうでしょうか。

南アフリカW杯では、第三GKの川口能活選手が経験豊富なベテランとしてチーム全体の精神的なまとめ役を引き受けてくれ、そうした「縁の下の助力」もあってベスト16という良い結果を残すことができました。

カズ選手は、香川選手や長友選手ら欧州組のもとをしばしば訪れて会食したり彼らの相談相手になったりと、ふだんから精神的なサポートをしてくれていて、海外組の選手たちからの信頼も厚いようです。

ワールドカップはメンタル的にも厳しい戦いとなりますし、カズ選手はブラジルに実際住んでプロサッカー選手としてのキャリアも積んだ経験があります。

たとえ公式練習に参加できなくとも、カズ選手に代表選手たちを精神面からサポートしてもらえれば、代表チームにとって大きな助けとなるような気がするんですがどうでしょうか。

もちろん、代表の各選手やザッケローニ監督らチームスタッフが「カズ選手が必要」と結論を出すことが大前提ですけれど。

またカズ選手自身も、サポートメンバーではなく「現役の日本代表選手として召集され、ブラジルW杯のピッチに立つ」ということを今も目標としていると思いますが、もう10年以上代表に召集されていませんし、今年はケガでJリーグ開幕にも間に合いませんでした。

大変残念ではありますが、10年以上代表のゲームに出場せずいきなり5月に「ブラジルW杯日本代表に選出される」というのは現実的とは言えません。

あくまでも、ザッケローニ監督や代表に選ばれた選手たちがそれを望み、カズ選手本人も快諾してくれることが大前提なのですが、カズ選手のブラジルW杯サポートメンバーとしての召集は、真剣に考慮する価値があると私は思います。



サッカー ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます。



  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索