■日本代表、ヨルダンで自らの弱さに負ける(その2)

 前回からのつづき

 それでは特筆すべき選手を、まずチームに貢献した方から。

香川選手は久しぶりに代表での良いゴールでした。ただ、攻撃のリーダーとしてはまだまだ物足りません。
ファーガソン監督からもアドバイスされていると思いますが、ペナの中からだけでなく外からミドルシュートを正確に叩きこむ能力を身につけることができれば、C.ロナウドやルーニーのようなユナイテッドのレジェンドたちにもっと近づけます。彼らみたいに人並み外れたパワーがなくてもそれは可能なはず。バイタルでちょっとスピードに乗り、目の前にいるDFにワンフェイント入れて振り回し自分でシュートコースを空けたら後は狙ったところに打つだけです。

遠藤選手はもともと守備は得意なほうではありませんが、この試合では体を張ってボール奪取に貢献。PKは、あれが彼の精一杯のキックであれば非難はできないでしょう。

逆に清武選手はアシストがあったものの攻撃面で大ブレーキ。自分の目の前にゴールとGKしかいない状況でパスに逃げてしまったり、シュートをためらっているうちにコースがなくなったりしたことでチームが勝つためのゴール決定機を何度も失ってしまいました。ラストパスやクロスもミスが多かったです。もちろんゴールするに越したことはありませんが、ベストを尽くしたシュートならば例え外れても非難する人はいないと思います。失敗を恐れず勝負して欲しいです。

岡崎選手はシュート意識の高さは買いますが、セットプレーから致命的なマークミスでホームチームに絶対やってはいけない先制点を献上。今後セットプレーにおける日本の弱点として、身長があまり高くない岡崎選手にヘッドの強い選手をぶつけてCK・FKを挑んでくるチームが出てくることも考えらえるので、要注意です。

酒井高徳選手も、決勝点を与える痛恨のダブルミス。
サイドバックとして自分の後ろに誰もいない状況で相手選手をドリブルで抜きにかかるというハイリスク・ローリターンのプレーをしてしまったことが一つ目。自分のミスを自分でカバーしようとせず、ドリブルするハイル・イブラヒムの背後をスピードをゆるめて追いかけ、吉田選手との一対一を見てるだけだったのが致命的ミスの二つ目。あのような状況では全速力で戻り、吉田選手のやや後方に位置して相手の突破に備えるカバーのポジションをとらないといけません。こういったリスクマネジメントのやり方は個人戦術の基礎として、せめてユース年代を卒業するまでには体で覚えていて欲しいもの。もし酒井選手がまったく知らなかったのであれば、あの失点は日本の選手育成システムの敗北でもあります。

ドリブルで振り切られた吉田選手は、酒井選手のダブルミスを一人でカバーしなければならず、失点をすべて彼の責任にするのはちょっと酷でしょう。ただ相手はシュートするために必ずゴールがあるピッチ中央へ向かってドリブルしなければならず、吉田選手は相手よりもピッチ中央側にいたわけですから、相手と並行に走るのではなくゴールまでの最短距離を戻れば、もう一度相手にタックルするチャンスがあったかもしれません。こういった失敗もプレミアを代表するセンターバックになるために必要な経験ですね。

ザッケローニ監督の采配面では、相手に先制されてもなお攻撃で機能していない選手をひっぱり続けたのは疑問です。どんなに遅くとも後半15分までにはシュート意識が高い乾選手を入れるなどして、停滞したチームに「シュートしろ」という明確なメッセージを送るべきだったと思います。

        ☆        ☆        ☆

 この試合は結果も悪かったですし試合内容も良くありませんでした。

私がヨルダン戦を見て一番失望したのは、敗戦という結果ではなくて、選手一人一人が攻撃でも守備でも勝負することから逃げ腰だったことです。

「オーストラリアがオマーンと引き分けたのが試合前に分かっていたので、ヨルダン戦は引き分けてもW杯に行ける。だから失敗しないように大事に行きたい」

「シュートを絶対に失敗しないように無人のゴールに蹴りこむだけにしたい。だからペナの中でGKをかわせるまでパスをつなぎたい」

「相手に絶対に抜かれないように、うかつに飛び込みたくない」

もしそういう気持ちが心のどこかにあったのなら、わからなくもありません。

自分のゴール前でDFがメッシをドリブルで抜きにかかるほど、無謀で無意味な行為はないでしょう。

しかしこれまで何度も言ってきたように、「消極的な安全策ほど危険な策はない」のです。そして「サッカーとは、弱気で消極的な選手・チームが罰を受けるスポーツ」です。

その罰が、数か月前に6-0で勝った相手から勝ち点1さえ取れないという結果でした。

世界を代表するトップアスリートで「バスケットボールの神様」と呼ばれたマイケル・ジョーダンがいます。

競技こそ違いますが、成功者の考え方、勝利者が持っているメンタリティの一つとして彼の言葉を紹介したいと思います。

「挑戦することを恐れるな、自分が挑戦しないことを恐れろ」

挑戦しなかったから、大事なW杯予選で負けるというとても悔しい結果を導いた。日本の選手はこれを恐れて欲しいです。

そしてもう一つ。

「私は9000回以上シュートを外し、300試合に敗れた。試合の勝敗を決めるシュートを任されて26回も外した。人生で何度も何度も失敗してきた。だから私は成功したんだ」

W杯予選という真剣勝負の場で、あるいはチャンピオンズリーグという最高の舞台で、今の実力を出し切ったベストのシュートを実際に外してみて、初めてわかることもあるのではないでしょうか。

それは挑戦した者だけに許される、うらやましい特権なのです。

------------------------------------------------------------------------
     2013.3.27 キング・アブドラ2世スタジアム(アンマン)


       ヨルダン  2 - 1  日本


       バニアテヤ 45'+      香川 69'
      H.イブラヒム 60'



      GK S.サバハ          GK 川島

      DF F.オスマン         DF 内田
         A.バニヤシン          吉田
         ムスタファ            今野
         ザフラン             酒井高
        (アドゥース 38)        (駒野 79)

      MF アルムルジャン      MF 長谷部
         アブハシャシュ         遠藤
         アルサイフィ           岡崎
         Am.ディーブ           香川
        (アルダルドル 84)       清武
         バニアテヤ           (乾 86)

      FW H.イブラヒム       FW 前田
        (サリム 67)         (ハーフナー 64)




↑いつもポチッと応援してくださって感謝です。


  

■コメント

■管理人のみ閲覧できます []

このコメントは管理人のみ閲覧できます
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索