■女子は決勝進出に成功!男子は残念...

 ロンドン五輪・サッカー競技の準決勝、なでしこはフランスを2-1で破り決勝進出。残念ながら男子はメキシコに1-3で敗れ、3位決定戦へとまわることになりました。

 まず男子ですが、前半は6:4でメキシコが押す展開だったでしょうか。それでも12分に大津選手の素晴らしいミドルシュートが決まって日本が先制。

あれぐらい良いシュートがコンスタントに打てるなら、フル代表のセンターフォワード候補としてチャンスを与えてあげたくなりますね。

しかし30分過ぎ、大会前から弱点と言われているセットプレーの守備のほころびを突かれ、メキシコに追いつかれます。

自分の直前にあった密集を越してボールがこぼれてきたのでよく見えなかったのかもしれませんが、徳永選手には相手がフリーでヘッドできないようがんばって欲しかったです。

後半20分、今度はバイタルエリアでボールを持ちすぎた扇原選手がミスから奪われ、そのままメキシコのミドルを食らって逆転。

ホンジュラス戦のエントリーでも指摘しましたが、「このチームはバックやボランチがイージーミスからボールを失い、決定的なピンチを迎えすぎです」。

ロンドン・オリンピック壮行試合となった国立でのニュージーランド戦でも、日本の1点リードで迎えた後半ロスタイム、やはりセンターバックの直前にいた選手が無駄にリスクをかけてボールを持ちすぎて奪われ、ニュージーランドに同点ゴールを浴びるというシーンがありましたね。

サッカーにミスはつきものですが、同じようなミスを修正せずに何度も何度も繰り返していると、五輪の準決勝に出てくるようなレベルのチームは見逃してはくれません。

自陣深くでのミスは失点に直結しますし、こういうことは普段の心がけ一つで防げることなので、本当にもったいないです。

それでも残り時間がまだ25分もありましたから同点・逆転のチャンスが十分あったはずですが、大会に入ってはじめてリードを許したことでチームの心がポッキリと折れてしまったようでした。

リードしている時はイケイケでモチベーションバリバリでも、一度リードされるとがっくりきてチームを立て直せないまま試合終了を迎えてしまうといったことは、若くて経験のないチーム・選手にはよくあることです。

その点、リードされてもモチベーションを一定以上に保ち、冷静に同点・逆転ゴールをあげたメキシコの方が精神的にタフでした。

このあたりも、フットボーラーとして一生に一度あるかないかのオリンピック準決勝という舞台で「勝ちたい」という強い気持ちを持ち続けられるかどうかという、自分たちでどうにでもコントロールできることなので、もったいなかったように思います。

逆転されたあと清武選手を下げてから攻撃がまったく組み立てられなくなったように見えました。

このチームは、ダブルボランチの攻撃組み立て能力があまり高くないので、清武選手のパスが中盤の生命線みたいなところがありますから、ベンチの采配としてどうだったでしょうか。

それでもスペインを破り、準決勝進出を成し遂げたのですから、関塚ジャパンはここまで素晴らしい結果を残しています。

選手も自信をつけ大きく成長したことでしょう。


ただ、試合前から弱点だとわかっていたセットプレーの守備やボランチのイージーミスから失点し、リードされて精神的にがっくりきてチームを立て直せないまま終わったこの準決勝は非常にもったいない、ちょっと悔いの残る試合だったかもしれません。

3位決定戦の相手は韓国になりましたが、このまま悔いを残して終わってしまうか、チーム全員で「勝ちたい」という強い気持ちをもう一度取り戻し、銅メダルをゲットしてウェンブリーを笑顔で去るか、もう二度と結成されることはないU-23関塚ジャパンとしての最後の試合で有終の美を飾って欲しいと私は思います。

 なでしこの準決勝の相手はフランスでしたが、ブラジルとの試合よりはいくらかボールをポゼッションできた感じがしました。

宮間選手のFKを相手GKがキャッチしそこねボールがこぼれたところを、勝利への執念もろとも大儀見選手がゴールにねじこみ先制。

再び宮間選手のFKから、うまく相手のマークを外した阪口選手がヘッドで決めて2-0と試合を優位に展開します。

なでしこはシュート効率が良いというか、少ないシュート数でも高い決定力でゴールにつなげてきますね。

後半30分すぎにフランスに1点返され、その後PKを与えてしまいますが、相手が外してくれてそのまま日本が勝利、なでしこ決勝進出決定です。

金メダルをかけた決勝戦は、2011女子W杯優勝国の日本と準優勝のアメリカという予想通りの対戦となりました。

これまで通り、なでしこが自信・強気・プレーへの積極性を持って力を出し切ることができれば、きっと金メダルが取れることでしょう。




↑いつもポチッと応援してくださって感謝です。

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索