■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

■日本代表、ペルーのカウンターに沈む!

 W杯ドイツ大会アジア予選へ向けた重要なテストマッチとなる、キリンカップ2005が、今日新潟で開幕しました。

日本代表の初戦の相手はペルーでしたが、ソラーノ、ファルファンら海外で活躍するスター選手を欠いた、国内組だけのメンバーでした。

 我らが日本代表も国内組中心のメンバー構成で条件は同じです。

 前半はペルーが出足の早いプレスで日本の攻撃の組み立てが機能せず。 遠藤・福西の両ボランチがもうちょっと積極的に組み立てに参加しないと相手は崩れないでしょう。

サイド攻撃は右サイドの三浦選手はまずまずの出来でしたが、左の三都主選手がブレーキで、ドリブル突破はことごとく失敗。

ドリブルで抜けないならボランチやトップ下と連携してパスで崩すなど頭を使って欲しいものです。

前半はたいした見所も無いまま終了。日本代表からはゴールの匂いがほとんどしません。

 後半開始直後、ペルーのコーナーキックから強烈なシュートを許し、失点かと思われましたが、ゴールライン上にいた三浦のクリアで失点を免れ、冷や汗をかかされます。

そうこうしている内に玉田選手が痛んで、大黒選手投入となりますが、これで流れが変わり、前線の動きが活発となりました。

 後半23分に日本は、ダイレクトパスとセンタリングの連続攻撃で、良い形をつくります。

その直後に福西に代わって稲本選手が入り、さらに日本が押し込む展開に。

特に稲本選手はボランチの位置から積極的に攻撃を組み立て、中盤を活性化させました。

大黒選手に惜しいヘッドなどもありましたが、得点には至らずロスタイムへ。

ロスタイムの3分過ぎ、ペルーがカウンターをしかけ左サイドを突破したチロケがラストパスを出すと、バサージョが抜け出して、シュート。ボールは川口選手をすり抜けてゴールへ。

そしてタイムアップとなり日本は全体的に押し込みながらも攻撃が機能せず(これは埼玉での北朝鮮戦・バーレーン戦と同じ)、敗戦を喫してしまいました。

 本番まで時間があるのでそう深刻になる必要もないのかもしれませんが、今日の試合でまず感じたのは、いわゆる”国内組”の中盤が相変わらず機能しないこと。

特に遠藤・福西の両ボランチは、もっと運動量を増やしてトップ下の小笠原選手と絡んでいかないと、相手は崩れません。

小笠原もフィジカルの弱さと”消える”時間帯があるという点が気になります。

”国内組”の選手達の中には、”海外組”が代表に帰ってきたらすぐスタメン起用されることに不満を抱いている人もいるようですが、今日の試合を見る限り、そんな事を言う資格は無いようです。

それは稲本が投入されてから中盤が活性化したという事実が全てを物語っています。

Jリーグでは通用している運動量の少なさ、フィジカルの弱さも、国際レベルでは非常に目立ちます。

 第二点目としては、これは以前から感じていたのですが、「ジーコ監督には選手を見る目があるのか」ということです。

2トップにしても前半でほとんど機能しなかったのですから、後半しょっぱなから変えても良かったのではないかと思うのですが、そうではありませんでした。

しかも大黒が投入されたのは玉田が痛んでから。もし玉田が痛まなかったらあのままだったのでしょうか?

思い起こせば、今代表のCBの中心となっている中澤選手も坪井選手がケガのため代役としてスタメンとなったのが、ブレイクのきっかけ。

もし坪井がケガをしなかったら、現在の代表のCBとして安定した大黒柱とも言える中澤は、ずっと控えのままだったのでしょうか。

ジーコの年功序列というかブランド主義というか、優先ワクをつくるような選手選考は、代表のみならずJリーグにも悪影響を与えていると思います。

プロの世界の鉄則である実力主義をとるならば、少なくとも現時点でJリーグで好調の大黒を控えにして玉田をスタメンにするのは異常です。(玉田が悪い選手だと言っているわけではありません)

どんなにがんばっても優先ワクが与えられている選手がスタメンになるのであれば、他の代表選手は不満たらたらでしょうし、Jでやっている選手のモチベーションも下がるのではないでしょうか。

以前にも言った日本サッカー界の停滞の原因のひとつはこれだと思います。

 三点目としては相変わらずマン・マークがゆるいということ。

失点の場面は左サイドをドリブル突破してきたチロケに対して、宮本がすばやく間合いをつめて、パスコースを限定しなかったことが、まず敗因。

実際彼はマンマークにつくでもない、スペースを埋めるでもない中途半端なポジションニングをとったことで、やすやすとラストパスを許してしまいました。

そしてバサージョの速さについていた坪井が振り切られて、マークがずれてこれまた簡単にシュートコースを空けてしまいました。

こんなことをやっていれば、DFが何人いてもやられるのは当たり前です。

 今日の試合は本番へのウォーミングアップのためのテストマッチですし、次戦には海外組も何人か加わるでしょうから、後が無いUAE戦はピリッとした試合になることを希望します。

----------------------------------------
2005.5.22 新潟スタジアムビッグスワン

   日本 0 - 1 ペルー

         90+ バサージョ

GK川口      GKフローレス
DF田中      DFポルティージャ
  宮本        グアダルーペ
  坪井        ビジャルタ
MF三浦        テネマス
  遠藤      →セバスコ(後半16分)
  福西      MFバサラル
 →稲本(後半24分)  ラローサ
  三都主    →イスモデス(後半46分)
  小笠原       ロバトン
FW鈴木      →チロケ(後半13分)
 →本山(後半34分)  メンドサ
  玉田      FWモスト 
 →大黒(後半8分)→バサージョ(後半39分)
            アルバ
          →サラス(後半34分)
  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。