■アゼルバイジャン戦の日本代表メンバー発表

 今月23日に静岡で行われるアゼルバイジャンとのテストマッチに召集された日本代表メンバーが発表されました。


GK 川島 永嗣 (リールス:ベルギー)
   西川 周作 (広島)
   権田 修一 (F東京)

DF 長友 佑都 (インテルミラノ:イタリア)
   内田 篤人 (シャルケ:ドイツ)
   駒野 友一 (磐田)
   栗原 勇蔵 (横浜M)
   槙野 智章 (浦和)
   伊野波 雅彦(神戸)
   徳永 悠平 (F東京)
   酒井 宏樹 (柏)

MF 本田 圭佑 (CSKAモスクワ:ロシア)
   長谷部 誠 (ボルフスブルク:ドイツ)
   中村 憲剛 (川崎)
   細貝  萌 (アウグスブルグ:ドイツ)
   高橋 秀人 (F東京)
   長谷川アーリアジャスール(F東京)

FW 香川 真司 (ドルトムント:ドイツ)
   岡崎 慎司 (シュツットガルト:ドイツ)
   前田 遼一 (磐田)
   宮市  亮 (ボルトン:イングランド)
   原口 元気 (浦和)
   森本 貴幸 (ノバーラ:イタリア)


 G大阪の遠藤選手や今野選手、オランダリーグでプレーする吉田選手やハーフナー選手の名前が見当たりませんが、これはクラブ側の事情によるものです。

さて、まず注目されるのがCSKAの本田選手が超久しぶりに代表へ復帰したことでしょう。

ふたたび代表でどのようなプレーぶりを見せてくれるか要チェックですね。

宮市選手も引き続き呼ばれましたが、今度こそ実戦で使ってやって、チームに早くフィットできるよう周りの選手との連携を深めるチャンスを与えてほしいです。

FC東京の長谷川アーリアジャスール選手はうれしい初選出となりました。

彼はトップ下もできるそうですが、チームで同僚の高橋秀人選手とともに体の大きさを生かして、世界一のボール奪取力獲得に向け自分をみがいていってほしいと個人的には考えています。

今の代表は攻撃には良い選手が揃っているのでチームのバランスをとるためにも、センターバックの前のバイタルエリアをきっちり締め、ガツガツボールを奪って相手の攻撃の芽を刈り取っていく能力を持ったMFがいると、とても助かります。

 クラブの事情で呼べなかったせいもあるのでしょうが、逆にサイドバックが多すぎるのではないでしょうか。

欧州で高い評価を得ているシュツットガルトの酒井高徳選手も控えていますし、本職のセンターバックタイプは栗原選手ぐらいしかいません。

確かにセンターもサイドもできるというポリバレントな選手は重宝されますが、それで真ん中の守りが弱くなってしまっては本末転倒です。

ピョンヤンでの北朝鮮戦に出場したDFの選手たちのパフォーマンスには、今も強い不満を感じています。

サイドバックを一人か二人削って、センターバックタイプの選手をもっと呼ぶべきではないでしょうか。

適当な選手がいないというのであれば、ロンドン五輪後にでもU-23代表でレギュラーセンターバックの2人、新潟の鈴木大輔選手と浦和の濱田水輝選手を呼んで、ザッケローニ監督自らイタリア流の屈強で抜け目のないセンターバックに育て上げていくのも一つの手だと思います。

 6月3日のW杯アジア最終予選第一戦に向けて注意すべき点は、日本の蒸し暑さ対策です。

今の代表は寒冷で湿度の低い欧州のクラブでプレーしている選手がとても増えましたから、気温が高く湿度の高い日本でプレーしても90分選手の足が止まらないようなコンディションづくりが不可欠となります。

フィジカルコーチとも良く相談しながらコンディションを万全にして、大事な本番に備えてほしいと思います。

ホーム戦が始めに片寄った日程を考えれば、日本代表のスタートダッシュ成功はMUSTです。

 最後に、移籍が決定的となった香川選手について。

プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが彼の本命でいま交渉中であると盛んに報じられていますが、ファーガソン監督をはじめマンU側が香川選手をどういうふうに起用するつもりなのか、香川選手自身どういうプレーが得意で一番力を発揮できるのはどのポジションなのかという点について、お互いよくコミュニケーションをとった方が良いと思います。

中盤をフラットにした4-4-2のサイドハーフだと、香川選手の力を100%発揮できないような気がします。

もしマンUがどうしても4-4-2を使いたいというのであれば、ルーニー選手がトップで香川選手がその後ろ1.5列目のセカンドストライカーになる4-4-1-1の方がベターかもしれません。

もちろんファーガソン監督がシステムを4-2-3-1にしてトップ下に香川選手をいれてくれるのであれば、ポジション的には本人も希望通りでしょうが、4-4-1-1の1.5列目とあまり変わらないと言えば変わらないですね。

ともかく、悔いのないよう香川選手側とクラブ側が密接なコミュニケーションをとって、お互いの考え方を理解したうえで良い結論を出して欲しいと思います。




↑いつもポチッと応援してくださって感謝です。



  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索