■W杯アジア最終予選組合わせ決定!(その2)

 前回の続き。

今日は最終予選の日程を見てみましょう。


2012.6.3  ヨルダン対イラク
       日本対オマーン
2012.6.8  オマーン対オーストラリア
       日本対ヨルダン
2012.6.12 オーストラリア対日本
       イラク対オマーン
2012.9.11 日本対イラク
       ヨルダン対オーストラリア
2012.10.16 オマーン対ヨルダン
       イラク対オーストラリア
2012.11.14 イラク対ヨルダン
        オマーン対日本
2013.3.26 オーストラリア対オマーン
       ヨルダン対日本
2013.6.4  日本対オーストラリア
       オマーン対イラク
2013.6.11 イラク対日本
       オーストラリア対ヨルダン
2013.6.18 ヨルダン対オマーン
       オーストラリア対イラク


日程をざっと見てみますと、5チームによるリーグ戦なので毎節1チームが必ずお休みになりますが、来年6月にブラジルで開催されるコンフェデレーションズカップに出場する関係なのでしょうが、日本は本来の第2シードの日程ではなく、ホームゲームが前半に多く組まれ、最終節を残して全日程が終了してしまう予定になっています。

ここからもお分かりのように、「2位でもいけるんだから」と余裕を持ってのスロースタートではなく、開幕から全力でのスタートダッシュが是が非でも必要とされる日程です。

6月のホームでのオマーン・ヨルダンとの2連戦とアウェーのオーストラリア戦、もちろん3連勝が理想ですが、2勝1分・勝ち点7をもぎ取れれば合格。

9月のイラク戦もホームで勝ち点3を勝ち取らなければなりません。

ゴールしなければ試合に勝てないのですから、ウズベキスタン戦での猛反省を踏まえて、スキあらばシュートしてゴールを狙う、狩りをする肉食獣のような研ぎ澄まされた感覚がすべての選手に求められます。

 ただし、思いどおりにならないことに焦って、相手に勝ち点3を与えてしまうのは禁物。

ザッケローニ監督がいつも言っているように、あくまでも攻守のバランスが重要です。

相手が攻める時間帯は、守備への切り替えを早くして、コンパクトな4-4のブロックをつくり相手に自由を与えないようにプレッシャーをかけて、しっかり辛抱して失点ゼロに抑えること。

2010年にアルゼンチンに勝ったころはそれが良くできていたのに、最近は全然ダメです。

ウズベキスタン戦のように、攻撃組と守備組でチームが分裂してしまうと、カウンターから簡単に失点というふうになりかねません。

守備が固くないと安定した成績は残せません。

 残念なことに最終予選スタートまで代表戦は組まれない予定になっています。

日本代表がW杯予選を突破するためには、6月までの選手の過ごし方がとても重要になるでしょう。

海外組には、ザッケローニ監督から解決しておくべき課題を書いたメール(フィジカルコンタクトに強くなること等)を送り、国内組と一緒に共通理解を持って普段のリーグ戦で解決しておくとか、

リーグ戦の合間に海外組にデュッセルドルフあたりに集合してもらって、そこにザッケローニ監督も合流して、課題をクリアするための指導をしてもらったり練習試合を組んだりといった工夫も、必要かもしれません。

本番スタートまで残された時間は少ないです。

貴重な時間を最大限有効に使い、なんとしてもブラジルW杯予選突破を勝ちとって欲しいと思います。




↑いつもポチッと応援してくださって感謝です。

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索