■U-22日本代表、シリアに勝利も課題

 ロンドン五輪アジア予選の第3戦となる日本対シリア戦が行われ、2-1で日本が勝利しました。

A代表どうしの力関係からすれば、ホームで日本の勝利というのは順当な結果だったと思いますが、試合内容の方は攻守に課題が残りました。

 それでは試合内容を攻撃面から見てみますと、さすがにパスサッカー支持の私でも今のU-22日本代表の攻撃はパスが細かすぎると言わざるをえません。

敵がいっぱい居て味方のボールホルダーへのサポートが少ないところでもパスを細かくつなごうとしすぎているので、最後は相手に囲まれて「行き止まり」になるケースも多いですね。

そういうときはたいてい逆サイドが広く空いているので、サイドチェンジを使うと良いでしょう。

またこれと関係する話ですが、ペナルティエリア(PA)の中に入っても細かいパスで崩そうとしすぎていてシュートへの意識が足りないのは相変わらず。

後半16分だったでしょうか、左サイドを崩して山田選手がPAの中で相手GKと1対1になりましたが、パスを選択したためゴールチャンスを逸してしまいました。

シュートが決まっても決まらなくても、あそこでシュートを打つ勇気と自信があるかそれともパスに逃げるかで、その選手が世界で通用するかしないかの分かれ道になると思います。

決まればもちろん良し。

もし決まらなくても実戦でシュートを外すという経験をしてみないことには、自分のシュートのどこに問題があるか修正さえできません。

「パスの方が確率が高かったから」という言い訳に逃げてしまえば、選手の成長はそこで止まります。

 守備面では、特にリスクマネジメントがバーレーン戦よりもできていませんでした。

攻撃に気を取られたのかスタミナが切れたのかはわかりませんが、後半20分ぐらいから選手が後ろに戻らなくなり4-4の守備ブロックがだんだんとバラけてきて、失点する直前はシリアにボールを奪われた瞬間、2~3バック状態になっていることが多かったです。

これではやられるのは当り前ですが、この試合は勝ち点3が最低条件の試合であり後半も半分がすぎてこちらが1点リードという状況を考えれば、2バック状態は無駄にリスクをかけすぎです。

あの状況であの形からやられるというのはうかつ過ぎます。

やはり攻撃面とも関係する話ですが、自陣深くでも細かいパス回しで敵をかわそうとしたり、GKへのバックパスを多用したりと無駄に大きなリスクを冒しているように思えます。

 選手個々では、やはり海外でやっている大津選手のシュート意識の高さが光ります。

そして権田選手も相手の決定機を2~3度防いだのではないでしょうか。この試合勝ち点3がゲットできたもう1人の功労者です。

 勝ち点3が最低ノルマだったシリア戦は、2-1で勝利という結果は良かったと思いますが、試合内容の方は依然として改善すべき点が残っています。

これまで述べてきた課題が修正できれば、3-0ですんなり勝ってもおかしくない試合でした。

来年2月はアウェーのシリア戦からスタートですが、しっかり課題を修正して勝利して欲しいです。





↑いつもポチッと応援してくださって感謝です。


  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索