■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

■日本代表、タジキスタンに快勝

 W杯アジア3次予選、日本代表の第3戦となる対タジキスタン戦は、8-0で日本が快勝しました。

対戦相手のタジキスタンは、ほとんどが国内リーグでプレーする選手でかためたチーム。

ホームでもアウェーでも日本が勝利できるだけの実力差があると評価していました。

特に日本のホームでは、4点差以上の大差をつけた勝利が求められましたが、8点差での勝利という結果はとても素晴らしいものでした。試合内容も良かったですね。

昨日のゴールラッシュの経過を振りかえりましょう。

       ☆       ☆       ☆

 試合は序盤から日本が相手を圧倒します。

前半11分、右サイドの駒野からあがった正確なクロスを初先発のハーフナーが高い打点からヘディングシュート!
これが決まり、幸先の良いスタートを切ります。

19分、中村のグラウンダーのスルーパスを受けた岡崎が思い切り良くシュート、2-0とします。 

25分すぎからいったん日本の攻撃のテンポがゆるみますが、しばらくして再びエンジンがかかります。

35分、駒野のクロスをハーフナーが落とし中村がシュート、これは相手GKが防ぎましたがクリアボールを拾った駒野のミドルシュートが豪快に突き刺さり3-0。

41分、長友・中村とつないでスルーパス、これを密集から抜け出した香川が右足アウトでダイレクトに蹴りこむ芸術的ゴールで4点差。

 後半のゴールラッシュもハーフナー選手が口火をきります。

後半2分、再び駒野からのクロスを2人のマークをものともせずヘッドしたハーフナーがこの日2点目で5-0。

11分、長友からパスを受けた中村がコースを狙って冷静にシュート、これで6点差。

23分、右サイドから香川があげたクロスぎみのキックが直接ゴールインして7-0。

29分、ゴール前での競り合いからこぼれたボールを拾った中村がクロス、ファーから飛びこんだ岡崎がヘッドで決めて8-0。

ゴールラッシュは、これで打ち止めでした。

      ☆       ☆       ☆ 

 それでは試合内容を分析しましょう。まずは攻撃面。

攻撃はとても良かったと思います。

ベトナム戦のエントリーでは、中盤では「ボールの持ちすぎ」、アタッキングサードでは「シュート意識の低さ」、この2点を課題としてあげておきましたがかなり改善されました。

それがこの試合ゴールラッシュにつながった要因でしょう。

 中盤でのパス回しにおける日本の各選手の判断スピードは、かなり速くなったと思います。

序盤から日本のパス回しが速かったので、うかつに飛びこんだら置き去りにされてしまうという恐怖感が相手にあったのかもしれませんが、タジキスタンがリトリートしてスペースを埋めるだけで厳しいプレスをかけてこなかったということもあって、よくパスが回りました。

大量点差がついた後、余裕が出すぎたのかそれとも疲労のせいかやや持ちすぎの傾向が顔を出しましたが、それはやむを得なかったかもしれません。

アタッキングサードでのシュート意識の高さは、文句なく素晴らしかったですね。

これまでの試合とは雲泥の差です。これからも継続していって欲しいと思います。

「ひいた相手の崩し方」のエントリーで、「引かれた相手を崩すには“飛び道具”を使え」と書きましたが、飛び道具からハーフナー選手のヘディングシュートが決まったことで、引いて守るタジキスタンのゲームプランは完全に狂ってしまいました。

それからは、サイドから中央から、ヘッドありスルーパスを受けてのシュートありと、アイデアあふれる多彩な攻撃を展開できました。

ハーフナー選手の先制ゴールが良い例ですが、いったんファー側へ逃げてからゴール前へ走りこんでのヘッドはやはり威力があります。

逆にその場で垂直にジャンプしたヘッドは、ハーフナー選手と言えどもゴールにはつながりにくかったので、ヘッドをする選手はゴール前での動き方に工夫を続けて欲しいです。

 チーム戦術的なことを言えば、トップ下にパス能力の高い中村選手が入ったことで、中盤の組み立てからラストパスに至るまで非常になめらかにボールが回り、日本代表が「自分たちのサッカー」を取り戻すことができました。

足元の技術が高い選手が多い日本にとって、やはりトップ下というポジションがあり、そこにパス能力の高い選手が入ることで、自分たちのストロングポイントを120%生かした日本らしいサッカーができる、それが実戦で証明されたと思います。

センターフォワードにハーフナー選手を先発させ、トップ下に中村選手を起用したザッケローニ監督の采配も当たりました。

 守備面は、こちらがプレスをかけるとボールを蹴る・止めるでちょっと苦心するようなレベルの相手だったので守備機会そのものが少なかったですが、今野・吉田の両センターバックを中心に集中力を切らさず、相手のカウンターをよくケアできていました。

       ☆       ☆       ☆

 選手個々で特筆すべきは、まず代表初戦発で2ゴールのハーフナー選手。

打点の高いヘッドから先制点を決め、チームに自信と落ち着きを与えてくれました。

震災チャリティーマッチのころから、当研究所は「ハーフナー選手を呼んだらどうか」と提案していましたので、彼が結果を出してくれて良かったです。

トップ下に入った中村選手は、攻撃の指令塔として素晴らしい働き。アシストだけでなく自らゴールを上げたのも評価が高いです。

ようやく日本代表は、トップ下にふさわしい人材を見つけましたね。香川選手とのポジションチェンジも非常に効果的でした。

精度の高いクロスから先制点を含む2ゴールをおぜん立てし、自身も1ゴールをマークした駒野選手も良く機能していました。

2ゴールの岡崎選手もゴールへの意識の高さが良いです。いつもは前へ前へと焦りがちですが、今日はゴール前へ飛びこむタイミングを遅らせたことで良い結果が出ました。

いつも触れませんが、中盤の底でパスをさばきチームに落ち着きを与える遠藤選手も毎度のことながら効いています。

香川選手も2ゴールと、かなり調子が戻ってきましたね。特に1点目は技術力の高さを示したビューティフルゴールでした。

トラップ・ドリブルといったシュートに入る前のプレーを丁寧に心がけることでもっとゴールが決まるでしょうし、トレーニングでパス能力を上げればプレーの幅が広がって相手DFにとってもっと脅威になると思います。

余談ですけど、香川選手の得点力を生かすには良いパス供給源が必要なわけで、ドルトムントで昨年ほどゴールできていないのは、やはりヌリ・シャヒンがいなくなったのが大きいみたいですね。

       ☆       ☆       ☆ 

 ホームで勝ち点3が絶対必要だったタジキスタン戦でしたが、試合結果はとても良かったですし、大量ゴールで同じグループのライバルにしっかりと差をつけることができました。

リスクマネジメントが求められる自陣内では「通るかどうかわからないイチかバチかのパス」は出してはいけませんが、北朝鮮戦からの日本代表は、アタッキングサードに入ってからもシュートが外れたりパスが通らなかったりするのを何か恐れているような、おっかなびっくりのプレーぶりでした。

しかし、この試合ではそうした迷いや恐れがふっきれて自分たちのサッカーを取り戻し、良い内容のゲームができました。

「プレー判断の速さ」「シュート意識の高さ」この2つの重要性をこれからも忘れずに、この試合でできたことを継続していって欲しいと思います。

来月は、3次予選最後のヤマとなるタジキスタン・北朝鮮とのアウェー2連戦が待っています。

厳しい戦いになるでしょうが、きっちり2連勝して最終予選行きを決めてしまいましょう。

--------------------------------------------
      2011.10.11 大阪市長居陸上競技場

      日本  8  -  0  タジキスタン


  ハーフナー '11
      岡崎 '19
      駒野 '35
      香川 '41
  ハーフナー '47
      中村 '56
      香川 '68
      岡崎 '74


     GK 川島       GK トゥイチェフ

     DF 長友       DF ラジャボフ
        今野          エルガシェフ
        吉田          サバンクロフ
        駒野          サバロフ

     MF 遠藤       MF ファトフロエフ
        長谷部        (バシエフ 84)
       (細貝 62)       ダフロノフ
        中村          サディコフ
                     マフムドフ
     FW 香川         (ラビモフ 67)
       ハーフナー       ジャリロフ
       (李 59)
         岡崎       FW サイドフ
       (藤本 77)       (チョリエフ 80)




↑いつもポチッと応援してくださって感謝です。



  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。