■大震災を笑った横断幕(その2)

 韓国・全州市で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)全北対C大阪戦では、日本の不幸を笑った横断幕がかかげられたのも大問題でしたが、全北の汚すぎるラフプレーも見過ごすことはできません。

前半10分過ぎにC大阪のキム・ボギョン選手が相手に頭突きされて顔面を骨折、全治2カ月の大ケガを負いました。

試合映像を見てもらえばわかりますが、全北の選手はボールをまったく見ずに、初めからキム選手の顔面めがけて頭突きしています。

韓国人選手が頭突きをして日本のサッカーチームの選手に大けがをさせたのはこれが初めてではありません。

昨年ソウルでの日韓戦での記事でも書きましたけど、駒野選手が頭突きをされてバランスを崩して落下・腕を骨折しましたし、栗原選手も大事には至りませんでしたがやはり頭突きをされました。

札幌での日韓戦(日本3-0韓国)でも駒野選手が相手選手から足首をスパイクされたり、本田選手がスパイクのウラを見せたタックルを受けたりしてヒヤッとさせられましたし、古くは城彰二氏も日韓戦でひじ打ちを食らって前歯を折っています。

ひじ打ちが厳しく取られるようになったので、まだレッドカードの対象になりにくい頭突きに切り替えたのでしょうか。

韓国の選手は「自分たちの方が日本のチームより上だ」という意識が強いのでしょうが、実際の足元の技術で劣るぶん、頭突きのようなアンフェアなプレーで試合に勝とうとしているようにしか見えません。

キム・ボギョン選手を顔面骨折させた全北の選手は一発退場になるべきでしたが、そうはならず不可解な判定でした。

あれでは頭突きでも何でも、卑怯なプレーをやった者勝ちです。

Kリーグと言えば、八百長試合の横行が問題になっていますが、あの試合のレフェリーは全北から金銭でも受けとっていたのでしょうか。

日本サッカー協会(JFA)はJリーグや日本代表の選手を守るために、全北対C大阪の試合映像を国際サッカー連盟やアジアサッカー連盟に見せて、意図的な頭突きはひじ打ちと同様に一発退場の対象にするようレフェリング改革を要求するべきです。

それが達成されるまでは、ACLへのJリーグチームの参加を辞退することも検討すべきでしょう。

Jリーグ選手を守るべき立場にあるJFAの小倉会長は、「ACLで良くやっているKリーグに比べJリーグクラブは...」みたいなコメントをしていますが、なぜセレッソの選手たちを守ってやろうとしないのか理解に苦しみます。

 Kリーグの八百長問題と言えば、ついに恐れていたことが起こってしまいました。

韓国の暴力団がサッカー賭博で儲けるために、Kリーグの選手に金銭を渡して試合結果を操作していた事件は、Kリーグの現役選手を含む63人が起訴され、40人に対して最高で懲役5年の実刑判決が下されるという事態に発展しています。

起訴されたり有罪判決を受けた人の中にはキム・ドンヒョンやチェ・ソングク、ヨム・ドンキュンなど、韓国代表レベルの選手も含まれており、問題の根深さがうかがえます。

韓国人サッカー選手にとって最大の輸出市場は日本です。

私が恐れていたのは、八百長に手を染めた韓国人選手がそれを隠してJリーグに移籍しプレーすることで、日本サッカーの信用を失墜させることでした。

そして日本でプレーする韓国人選手が、海外の暴力団と結託してJリーグで八百長行為をやっていたとなれば、最悪の事態です。

こういうことが起こってしまえば、Jリーグが20年かけて築きあげてきた世界からの信頼が地に落ちてしまいます。

そんな中、J2北九州に所属するキム・スヨンがKリーグ時代に八百長試合に関与したとして韓国の検察から起訴され、北九州を事実上解雇されるという驚きの事件が発覚しました。

幸いJリーグ公式戦では1分間もプレーしなかった選手だそうですが、八百長に関与した韓国人選手がJリーグ球団にノーチェックで移籍していたとなれば、Jリーグの信頼にかかわる大問題です。

韓国国内の報道では、八百長に関与している選手があまりにも多いので、Kリーグ各球団は八百長試合の経験がある選手を記したブラックリストを持っているのが公然の秘密だと言われています。

Kリーグの移籍マーケットでは、ブラックリストに記載されたダーティな選手を欲しがるところはないので、そういう“ババ”を引かされるのはブラックリストを持っていない海外チームになるという話です。

北九州もそうやってババを引かされたのでしょうか。

2度とこのようなことが起こらないよう、今後Jリーグ各球団が韓国人選手を獲得する場合、八百長に手を染めていないかどうかの厳しい“身体検査”が欠かせません。

Jリーグの信用を守るためにも、八百長をやっていないというはっきりとした証拠がない選手は、獲得をあきらめるべきです。

 今シーズン開幕前、リバプールFCはアジアツアーを実施しましたが、韓国サッカー界で八百長が発覚してから、「名門・リバプールFC」の信用に傷がつかないよう、当初の訪問予定地から韓国を外しました。(FOOTBALL WEEKLY記事

賢明な判断だったと思います。

死者行方不明者2万人の大震災を笑ったり、日本人を猿と差別する横断幕をかかげるサポーター。

世界のサッカーファミリーの仲間である対戦相手をリスペクトせず、大ケガをさせるような汚いプレーを繰り返す選手たち。

暴力団と関係した八百長試合が横行する国内リーグ。

島田紳介氏の引退事件からも明らかなように、反社会勢力と付き合えば、付き合った方も処罰は免れません。

日本サッカーの信用を守るためにも、日本人プレーヤーの選手生命を守るためにも、これまでの関係をすべて見直し、韓国サッカー界とは距離を置くべきです。




↑いつもポチッと応援してくださって感謝です。
  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索