■大震災を笑った横断幕(その1)

 もうご存知だとは思いますが、先日韓国・全州市で行われたAFCチャンピオンズリーグの全北対C大阪戦において、スタンドの韓国人サポーターが「日本の大地震をお祝います」と書かれた横断幕を掲げたことが大問題となっています。

ベルギーリーグ・ゲルミナルのサポの「カワシマ・フクシマ」コールもひどかったですが、今回は他人の不幸を喜ぶ内容の横断幕を、わざわざ日本語を調べた上で意図的につくったという点で本当に悪質です。

2万人以上の死者・行方不明者が出ているあの大震災を笑うとは、人としての心があるのでしょうか。まったくもって許せません。

問題の横断幕を作成した人物は特定され、本人から謝罪があったとのことですが、今なお津波や放射能の被害で我が家に帰れない人たちを含めて、多くの人々の心を傷つけた事実は消えることはありません。

 全北現代球団からも謝罪があったとのことなので実際HPに行ってみましたが、日本語どころか英語での謝罪文さえありませんでした。

どうやら韓国語による謝罪文しかアップしなかったそうで、ネット上に翻訳文がありました。 

-------------------------------
全北現代モータースFC
ACL関連謝罪文

去る27日、全州ワールドカップ競技場で開かれた
アジアチャンピオンズリーグ8強2次戦で起こった一部ファン達の芳しくない
行動のせいで物議を起こした点に、全北現代を愛して
サッカーを愛するファンたちに頭を下げて謝罪いたします。

今度のことは一部ファン達の曲がった考えのせいで
起こったことで、嬉しさを満喫しなければならない今、
私ども球団はさらに大きな困難と痛みを経験しています。

今度のことで失意に沈む日本国民とサッカーファンたちに
深い謝罪の言葉を伝えて、
今後このようなことが再び再発しないようにさらに努力します。

ありがとうございます。

--------------------------------

ここで疑問に思うのは、全北現代がまず最初に謝るべき相手は日本国民であるにもかかわらずそれは二の次になっていて、どうして最初に「全北現代を愛するファン」に謝罪したのかという点です。

日本人がまったく理解できない韓国語のみの謝罪文をHP上にアップしたことも合わせて、謝罪に誠意が感じられません。

日本代表の試合を見ていれば、どうしても韓国サッカー界と関わらざるをえなくなりますが、私が韓国をウォッチし始めて、かれこれ20年になります。

残念ながら韓国社会には、どんなことがあっても「日本人にだけは頭を下げたくない。そんなことをすれば民族のプライドが汚される」と考える、心の狭い民族主義者が少なくありません。

悲しいことに、日本人を「倭猿」と呼んで人種差別する人も多くいます。

昨年ソウルでの日韓戦でかかげられたバナナの横断幕には、日本人を猿と差別する意味で「(猿)メシ食ってきたか?」と書いてあります。


バナナ
(クリックで拡大)


全北現代があのような奇妙な謝罪文を作成したのは、韓国国内の民族主義者に向けて、全北が日本人に頭を下げたことを謝罪することが第一の目的ではないのかと勘ぐってしまいます。

全北がこれほど気をつかわないといけないほど、韓国社会では心の狭い民族主義者の影響力が強いのです。

実際韓国では、素直に自分達の過ちを認めることができず、「日本は自省せずに他国を非難している」という報道さえなされているようです。(サーチナ記事

その記事では「日本の軍国主義の象徴である旭日旗を掲げたことは『韓国を馬鹿にする仕打ち』『スポーツマンシップに反する行為』」などと批判しているそうですが、これが事実ならとんでもない言いがかりです。

どうしてこんな話が出てくるのかと言えば、今年1月のアジアカップの日韓戦において韓国代表のキ・ソンヨンがゴールした後、日本人を猿とバカにする人種差別パフォーマンスをした事件で、キが「スタンドに旭日旗があったからやった」と言いわけしたからです。

私もその試合の映像をチェックしましたが、スタンドに旭日旗は見当たらずキが嘘をついたのではないかと思っているのですが、百歩譲って旭日旗があったとしてもそれを非難されるいわれは何もありません。

旭日旗は今も正式な海上自衛隊の旗(諸外国でいう海軍旗)です。

これまで何度も海上自衛隊の船が旭日旗をかかげて親善目的で外国を訪問していますが、国際社会から問題にされたなんてことは聞いたことがありません。

無知な一部の人が言うならともかく、韓国のマスコミが日本にそうした言いがかりをつけて、大震災という他人の不幸を笑うという同胞の罪を打ち消そうとしたことについて、「日本人にだけは頭を下げたくない。そんなことをすれば民族のプライドが汚される」という歪んだ考え方の影響が、韓国社会においていかに強いかがうかがえます。

そうした影響もあって、韓国を代表するサッカー選手であるキ・ソンヨンもああいうことを言うわけです。

しかし、どう言いわけをしてもキのやった人種差別パフォーマンスが許されるはずがありません。


FIFAも「アンチ・レイシズム」には力を入れていますし、本来であれば長期間の出場停止などキの厳罰は免れないところでした。

本人もまずいと思ったのか、突然「スコットランドリーグで自分が差別されたからやった」と言い直します。

するとイギリスのマスコミから「スコットランド人に罪をかぶせた厚かましいキ・ソンヨン!」と一斉に非難されるという事態になりました。

全北サポの一件で、日本サッカー協会(JFA)が韓国サッカー協会に迅速に抗議したのは評価できます。

しかし、どうして仙台・リャンヨンギ選手を差別した浦和サポに厳罰でもって対処したJFAが、キ・ソンヨンの人種差別パフォーマンスを見逃したのか今もなお理解できません。

「日本人が外国人を差別するのは許さないが、外国人から日本人が差別されるのはかまわない」ということなのでしょうか。

これまで日本側が韓国社会に根強い日本人への差別にしっかりと抗議し、当事者に処罰を受けさせなかったことが、「日本人相手なら何をやっても許される」という風潮を生み、全北サポの横断幕事件へとつながったのだと思います。

韓国人のすべてがそうだとは言いませんが、日本の大震災を笑う横断幕と日本人を猿呼ばわりして差別する韓国のサッカー選手やサポーター、これらはすべてつながっている事件です。

「フクシマ」とコールしたゲルミナルは罰金という罰を受けました。

全北もちゃんと厳しい処罰を受けるのか、注視したいと思います。

大事な問題なので次回も続きます。




↑いつもポチッと応援してくださって感謝です。

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索