■日本代表、最低限の勝ち点1(その2)

○試合内容の分析(つづき)

 攻撃は、あまり機能しませんでした。

原因は前回述べたとおり、確率の低いミドル・ロングの浮き球のパスでひたすら裏を狙うだけ、という単調で雑な攻撃ばかりをやってしまったこと。

そのため陣形が間延びして選手どうしの距離が遠くなったことで味方をサポートしづらくなり、守備はもちろん攻撃でもミスが多くなりました。

私が、ロングボールを多用した攻撃を好まない理由の一つは、攻守両面で陣形が間延びしやすくなるからです。

そしてコンパクトな陣形が間延びするのは簡単ですが、いったん間延びした陣形をコンパクトに戻すのは難しい。

選手の体力が落ちてくる試合の後半はなおさら。

間延びしてしまうと距離感が悪くなって、いざショートパスで相手を崩したくてもそれが困難になってしまいます。

ショートパスをスムーズにまわすにはクライフが言っているように、攻撃時に選手どうしが6~7mの距離でサポートしあって、ボール保持者に2つ以上のパスコースを用意することが欠かせません。

さらに選択すべきプレーがあべこべ。

この試合、中盤からアバウトなミドルパスを放りこんではボールを簡単に失い、ようやく相手のバイタルエリアに侵入したと思ったら、こんどは逆に相手を完璧に崩そうとして細かいパスまわしにこだわりすぎて相手選手にひっかかり、やっぱりボールを失ってしまう。

中盤はシンプルかつ丁寧にショートパスで相手を崩していき、アタッキングサードへ侵入してチャンスと見たら大胆にボールを放す。(つまりシュート)

札幌での韓国戦ではこれがちゃんとできていたのに、どういうわけか北朝鮮戦からゴール前でのシュートへの意識が低くなっています。

日本人選手の傾向として、悪いときほどシュートの射程距離がどんどん短くなっていくような気がします。(下図 クリックで拡大)

シュートレンジが短い

 守備面では、最悪でも勝ち点1は取らなくてはいけない試合でしたが、何度も相手に川島選手との1対1の場面をつくられ、リスクマネジメントができていません。

相手は中盤をダイアモンドにした4-4-2でこちらが4-2-3-1、中盤のマッチアップで相手のMFが1枚フリーになりやすかった上に、2トップのうちゲインリフが1.5列目ぎみにポジションを取るので、マークの確認と受け渡しはより注意が必要でしたが、うまくいきませんでした。

「相手を圧倒して勝ちたい」という思いばかりが空回りして、陣形が間延びしたことで相手に大きなスペースを与えてしまった上に、両サイドバックが同時に上がってしまって、カウンターからこちらのセンターバックと2対2の危険な形を何度もつくられていました。

1点で済んだのは幸運だったと言わざるをえません。

4バックが横に間延びする危険な場面も見うけられました。

後半6分のウズベキスタンの決定的シーンを見てみましょう。(下図)


ポジションミス


1.アンカーのアフメドフが駆け上がってカパーゼからパスを受けます。

2.アフメドフはフェイントで吉田をかわして裏に空いた大きなスペースへパス、ここにカパーゼが走りこんで受けます。

3.今野が気づいた時にはもう遅く、あわててカパーゼのドリブルを阻止に行きましたが間に合いません。

4.川島と1対1になったカパーゼがシュートするも、川島のビッグセーブ!

以前の記事でも注意を呼びかけておきましたが、これはアジアカップの初戦・ヨルダン戦の失点シーンとまったく同じミスです。

吉田選手がアフメドフに対応するためサイドへ引きずり出された時に、今野選手がポジショニングでミスをしてそちらへスライドしなかったために内田・吉田両選手の後ろに危険なスペースをつくってしまい、そこを使われて決定機をつくられてしまいました。

4バックを横にコンパクトにしておかないとこういう危険性があります。

できればボランチの長谷部選手も気づいてやって、このスペースを埋めて欲しかったです。

暑くてきつい試合だったとは思いますが、タテにも横にも陣形はコンパクトにしなければ、守備は安定しないということを絶対に忘れないで欲しい。

コンパクトな4-4のブロックをつくっておけば、この試合もあれほど簡単にはやられなかったはずです。

 やはり北朝鮮戦でも指摘しましたが、相手が中盤でドリブルを始めても日本の選手はそれを見ているだけで誰もプレスをかけに行かないシーンが多いのも危険。

相手ボール保持者と自軍ゴールとを結んだ線上に立って、相手のシュートやパスコースを限定することは欠かせません。

ポジショニング6


        ☆        ☆       ☆


○選手個々の評価

選手個々で特筆すべきは、まずビッグセーブ連発の川島選手でしょう。

日本が勝ち点1を拾えたのは彼のおかげです。マンオブザマッチの働きでした。

岡崎選手のダイビングヘッドも素晴らしかったですね。

ただ裏を取るプレーが好きなのはわかりますが、そればかり狙っているのがTVから見てもミエミエ。

これではブンデスリーガなど世界レベルのDFをあざむいてゴールを量産するのは難しいのではないでしょうか。

監督さんからも「あまり早い段階で前へ行き過ぎるな」と再三言われていると思いますが、ゴールに近づけば点がより多く取れるとは限りません。

アジアカップ・サウジ戦前にザッケローニ監督から指導されたことをよく思い出してください。

アシストした内田選手もナイスでした。しかしそれ以外のクロスの質が悪すぎます。柏の酒井宏樹選手を呼びたくなる誘惑にかられます。

守備固めで起用された阿部選手でしたが、相手のMF陣をつかまえきれず。

失点シーン、競った今野選手のクリアが小さくなったのは仕方ないとしても、フリーでシュートしたトップ下のジェパロフをまずマークしなければならなかったのは阿部選手ではないでしょうか。

チーム全体として、南アフリカW杯で見られたようなゴール前での研ぎ澄まされた集中力やひたむきな守備が今は見られなくなっているのが残念です。


        ☆        ☆       ☆


○まとめ

この試合、引き分けという結果は順当でした。

3次予選の最初のヤマである2連戦は、もちろん勝ち点6取れればベストですが悪くとも4なら良しと考えていました。その意味で悲観するような結果ではありません。

しかし自分たちのサッカーを見失い、攻守に試合内容が良くなかったのは気になります。

やるべきことをやらず、「アジアで相手を圧倒して勝ちたい」という想いだけが空回りしていたように感じました。

ウズベキスタンの隣にある、中央アジアのカザフスタンやアゼルバイジャンはUEFA所属であり、サッカーの世界ではもう“ヨーロッパ”です。

ドイツやイングランドといったヨーロッパの強豪は、たとえピッチや気候が自分のとこと違ったとしても、こうした国々からアウェーで勝ち点3をキッチリとってW杯に出てくるわけです。

日本もW杯でベスト16以上を望むなら、今回のアウェー戦のような環境でも、自分たちのサッカーを見失うことなく、勝ち点3があげられるぐらいのタフさを身につけて欲しいと思います。

次回は、「引いた相手をどう崩すべきか」をテーマに短期集中講座を予定しています。日曜までにアップできればと思っています。


---------------------------------------------
   2011.9.6 パフタコル・マルカジ・スタディオニ
                   (タシケント)
             
   ウズベキスタン  1  -  1  日本


    ジェパロフ '8        岡崎 '65


  GK ネステロフ        GK 川島

  DF デニソフ         DF 内田
     トゥフタフヤエフ       吉田
     ムラジャノフ         今野
     カルペンコ          駒野
    (イスマイロフ 75)     (槙野 82)

  MF アフメドフ        MF 阿部
     ハイダロフ         (清武 46)
     カバーゼ           遠藤
     ジェパロフ          長谷部
                      岡崎
  FW バカエフ           香川
    (トゥルスノフ 53)
     ゲインリフ       FW 李
    (シャツキフ 78)     (ハーフナー 65)





↑いつもポチッと応援してくださって感謝です。

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索