■日本代表、柏の田中を追加召集

 9月2日に行われるブラジルW杯アジア3次予選に召集されていたイタリア・ノバラ所属のFW森本貴幸選手ですがケガのため召集辞退となり、かわって柏のFW田中順也選手が追加召集されました。

森本選手の負傷は残念ですが、現在10得点をあげてJリーグで好調な田中選手に期待したいと思います。

一部マスコミは「サプライズ召集」と書きたてていましたが、私は別段驚きはしませんでした。

シュート技術も良いものをもっていますし、彼が召集されたことでJリーグでプレーしている他の選手のモチベーションもよりアップすることでしょう。

とても良いことだと思います。

 さて間近にせまってきた9月2日の北朝鮮戦(埼玉)ですが、当日は台風の接近が予想されていて、日本サッカー協会は前日に試合開催の可否を判断するとしています。

2日の試合が開催不可となった場合、翌日にづらすか延期するかもあわせて発表されることになりました。

現時点においては代表選手も含め、「当日必ず試合は開催される」ということだけを考えて予選への準備に集中する必要がありますが、もし2日の試合が開催不可能と判断された場合は、どういう解決策をとれば日本代表の予選突破にとって不利にならないかということを最優先に考えなくてはなりません。

2日に台風が直撃して北朝鮮戦を翌日開催にづらした場合、6日に行われるアウェーのウズベキスタン戦への現地入りが1日遅れてしまうため、疲労回復などさまざまな面で日本にとって不利になるように思われます。

対戦するウズベキスタンは予定どおりならば、9月2日の初戦で隣国タジキスタンとのアウェー戦を戦っており、移動の面でも休養の面でもホームで待ち構えるウズベキスタンが有利になります。

日本が所属するグループCにおいて実力的に見れば、日本にとって3次予選で一番ハードなのがウズベキスタンとのアウェー戦だと思います。

ですから2日の北朝鮮戦が台風で実施できなかった場合は思いきって開催はあきらめて、ホームの北朝鮮戦は何ヶ月か後のFIFA・インターナショナルマッチデーに持っていき、アウェーのウズベキスタン戦を万全の態勢で迎えられるようにするべきではないでしょうか。

もちろん延期したことで、ホームの北朝鮮戦が変な日にちに入れられて、もっと日本代表にとって不利になってしまうとなれば話は別ですが。

FIFAのインターナショナルマッチデーのカレンダーを見るかぎりでは、10月7日に神戸で開催予定のベトナムとのテストマッチを中止して、そこにホームの北朝鮮戦をいれるしかないかもしれません。(ベトナムサッカー協会には申し訳無いですけど自然災害による緊急事態ですから)

仮にそうなった場合、10月7日に北朝鮮とのホームゲームをもってきて、11日に本来予定されていたタジキスタンとのホームゲーム(大阪・長居)をやれば、日本にとって不利な状況は避けられそうです。

ともかく、2日の試合は選手たちに良いコンディションで試合をさせてあげたいですね。そして6日の試合ともども日本代表の勝利を祈っています。




↑いつもポチッと応援していただいて感謝です。


  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索