■韓国戦から見えた課題

 先日の韓国戦は3-0で日本代表の圧勝に終わったわけですが、守備では課題も浮かび上がりました。

センターバック2枚が日本のゴール前で簡単に相手をフリーにしてしまったり、相手に先に体を入れられて競り負けたりといった問題点は前回指摘した通りです。

個の問題に加え、4バックのゾーンディフェンスの組織戦術にも問題がありました。今日はそれを取り上げます。

札幌の試合では、バックからトップまで縦の距離ではコンパクトな陣形をまずまず取れていましたが、横にはあまりコンパクトにはなっていませんでした。

一般論として4バックといえどもピッチの横幅すべてをカバーすることはできず、サイドから相手に攻撃された場合、こちらのサイドバック(SB)が応対し、センターバック(CB)2枚はゴール前を固めたとすると、SBの裏にどうしても危険なスペースができてしまいます。

これをいかにカバーするかが、4バックの組織戦術におけるカギの一つでしょう。(下図)

4バック
(クリックで拡大 以下同様)


解決法の一つは、4バックがペナルティエリアの幅を保ったままボールサイドへスライドするやり方。(下図)

スライド

こうすれば、SBの裏に大きなスペースを空けてそこを相手に使われることは防げますし、4バックと連動して4人のミッドフィルダーもスライドすればバイタルエリアを広く空けてしまうこともありません。

逆サイドに大きなスペースが空いているのが弱点と言えば弱点ですが、相手がそこへサイドチェンジしたら、空中をボールが移動している間に4バック+4人のミッドフィルダーが逆サイドへ素早くスライドして応対します。

もう一つのやり方は、SBが相手のボール保持者へ応対するためサイドへ出ていっても残りの3人はスライドせず、SBの裏のスペースはボールサイドのボランチ(DM)がカバーするやり方。(下図)


カバー


このやり方は、インテル時代のモウリーニョ監督がチャンピオンズリーグ決勝のバイエルン戦で使っていたと記憶していますが、相手の2トップが強力でこちらのセンターバックをゴール前から動かしたくない時、さらに相手のサイドハーフに対して常に数的優位を保って守りたい時に有利なやり方と言えるでしょう。

ただし、DM一枚が下がるとCB前のバイタルエリアが空いてしまうため、相手がボールを中央へ展開した場合は、DMは素早く元のポジションへ戻る必要があります。

どちらを使うかは監督さんの好みや相手との力関係、相手のフォーメーション等を考慮して選択することになると思いますが、ザックジャパンが発足以来使っているのは前者のはずです。

ところがこの韓国戦では、相手のボール保持者がサイドから攻撃してきてこちらのSBが応対した時、吉田・今野のCB2枚がボールサイドへほとんどスライドせず、SBの裏に危険なスペースをつくるケースがしばしばあったように思います。

幸い失点にはつながりませんでしたが、これを放置しておくわけにはいきません。

放置するとどうなるか、アジアカップ2011初戦のヨルダン戦における失点シーンを振りかえっておきましょう。(下図)

ヨルダン戦


ヨルダンの選手がロングパスを日本の左サイドで受けて、長友選手がサイドへ出てそれに応対し、今野選手も左サイドへスライドしましたが、もう一枚のCB吉田選手はゴール前中央からまったく動いていません。

そのため今野選手の裏に危険なスペースを空けてしまっています。(1)

これに気づいた長谷部選手が長友選手の裏をカバーし、それでも足りず遠藤選手が今野選手の裏をカバーしました。そのためバイタルエリアまでぽっかりと空いています。非常に失点しやすいとても危険な形です。(2)

日本の左サイドで基点をつくったヨルダンの選手を長谷部・長友両選手で挟みこんだのですが、奪ったボールが不運にもアーメルの前にこぼれ、アーメルはバイタルエリアで完全フリーのファタハにパスすると、ドリブルで遠藤選手のスライディングをかわしたファタハがシュート。

吉田選手がここでようやく左サイドへ動き出したのですがすでに手遅れで、吉田選手のつま先に当たったボールがコースを変えてオウンゴールとなってしまいました。

この試合のあと監督から注意があったと思いますし、選手のミスをあげつらおうというのがこの記事の目的ではありませんがセンターバック、とくに吉田選手のポジショニングミスが招いた失点だったと言わざるをえません。

アジアカップで失点が多かった原因は、昨年のアルゼンチン・韓国とのテストマッチまではちゃんとできていたのに、シーズンオフをはさんで日本の4バックがヨコのコンパクトさを失ってしまったからです。

プレミアリーグ移籍が目標ならば、吉田選手はこの失敗の経験を糧としてしっかり成長して欲しいですし、今野選手はディフェンスリーダーとして経験の浅い後輩を良く指導してやって欲しいのですが、札幌での試合を見る限りアジアカップからあまり問題が改善されていなかったのが残念です。

これではW杯3次予選を前に不安が残ります。

私がキリンカップから「3-4-3はほどほどにして4バックの約束事の再確認を」と言っている理由はこれです。

3次予選で当たるチームとの力関係からすれば、日本代表は6試合を無失点で乗りきることを目標にしたいですね。

この記事で指摘したように、タテにもヨコにもコンパクトな4-4のブロックをつくって、選手一人一人が日本のゴール前でしっかりマークについてフリーな相手選手をつくらなければ、それは十分可能だと思います。

ブラジルW杯を見据えれば、ここで大量失点しているようではダメです。

そのためにも予選直前にもう一度、サイドに相手のボール保持者がいる場合、こちらの4バックがヨコにコンパクトな幅を保ったまま左右にスライドする練習をやって最終チェックを行うことをザッケローニ監督にお願いしたいです。

それでも試合中にセンターバックがスライドするのを忘れている場合は、長谷部・遠藤の両ボランチにカバーをお願いしますが、本番ではその必要がないようにしたいものです。

「3次予選失点ゼロ」を目標に、守備をもう一度引き締めましょう。




↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。




  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索