■韓国とのテストマッチに臨む代表メンバー発表

 札幌で行われる韓国とのテストマッチに召集された日本代表メンバーが発表されました。


GK 川島 永嗣 (リールス:ベルギー)
  西川 周作 (広島)
  東口 順昭 (新潟)

DF 今野 泰幸 (F東京)
  吉田 麻也 (VVV:オランダ)
  栗原 勇蔵 (横浜M)
  内田 篤人 (シャルケ:ドイツ)
  伊野波 雅彦(ハイデュク・スプリト:クロアチア)
  槙野 智章 (ケルン:ドイツ)
  駒野 友一 (磐田)

MF 遠藤 保仁 (G大阪)
  長谷部 誠 (ボルフスブルク:ドイツ)
  阿部 勇樹 (レスター:イングランド)
  細貝  萌 (アウグスブルク:ドイツ)
  家長 昭博 (マジョルカ:スペイン)
  柏木 陽介 (浦和)

FW 本田 圭佑 (CSKAモスクワ:ロシア)
  香川 真司 (ドルトムント:ドイツ)
  岡崎 慎司 (シュツットガルト:ドイツ)
  松井 大輔 (ディジョン:フランス)
  李  忠成 (広島)
  森本 貴幸 (ノバラ:イタリア)
  清武 弘嗣 (C大阪)


 ざっと見ますと、駒野選手や阿部選手、松井選手など岡田ジャパンから実績を残してきたベテラン勢が多く復帰していますね。

残念ながらケガでインテル・ミラノの長友選手は召集を見送られましたが、あえて大きな冒険をせずに実績のある手堅いメンバーでまとめたなという印象です。

8月1日からの合宿では五輪代表メンバーが多く呼ばれましたが、今回召集されたのはセレッソの清武選手のみとなりました。

まだほとんどの選手はA代表にふさわしい実力に達していないというザッケローニ監督の判断なのでしょう。

「代表とはある程度完成された選手が選ばれるものであって、育成の場ではない」というのがザッケローニ監督の考え方なのかもしれません。

個人的には、もうちょっと将来を見据えて、現時点ではその実力に達していなくても潜在成長力を持つ若手をピックアップして、代表に呼びながらトレーニングや実戦の場で経験を積ませて育てていくということがあっても良いのではないかと考えますが、ここは監督の判断を尊重することにしましょう。

 ブラジルW杯アジア3次予選をひかえて最後の実戦の場となった韓国とのテストマッチ。

限られた時間を有効に使って最終チェックを行うとともに、良い結果・良い内容の試合を期待します。




↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索