■なでしこ世界一!!!

 もうすでにご存知だとは思いますが、ドイツで開催されている女子ワールドカップの決勝戦が今朝行われ、日本代表はアメリカ代表と対戦し2-2のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦にもつれこんだものの3-1でアメリカを下して、見事ワールドカップ優勝を勝ち取りました。

日本サッカー協会は「2050年までにワールドカップで優勝する」という目標をかかげていたと思いますが、女子代表チームが先に目標を達成してくれましたね。

熊谷選手のPKが決まったのを見た瞬間はジ~ンと来てしまいました。あー、うれしくて何も言えねぇ。

「なのでこの記事はこれで終わりです」というわけにもいかないので気を取り直しまして、開催国ドイツとの準々決勝でもそうだったのですが、アメリカとの決勝戦でも何度も危ないシーンがありました。

相手に比べてフィジカル能力やパワーで劣勢なのですが、それでも“なでしこジャパン”は最後まで粘り強い守りで相手に食らいついていくところが素晴らしいですね。

今朝の試合では二度もアメリカにリードを許す苦しい展開となりましたが、そのたびにあきらめずに攻めて相手に追いつくことができました。

PK戦は、日本のGK海掘選手の読みや反応も素晴らしかったのですが、アメリカ代表は精神的に追いつめられていたように見えました。

普通PK戦は後蹴りの方がプレッシャーが重くのしかかるものですが、突き放したと思ったのに二度も追いつかれたということで、アメリカの方が嫌な感じになっていたのでしょう。

もちろんこれまで日本女子サッカーの発展に尽くしてきた方々の努力があってこそですが、なでしこジャパンは佐々木監督が就任されてから北京五輪ベスト4にドイツW杯で初優勝と、メキメキと実力をアップさせてきたように思います。

大会MVPは5ゴールで“得点女王”となった澤穂希選手が選ばれました。

澤選手の高い得点能力は本当に凄いですし、このW杯に参加した全チームを見たわけではありませんけれども、彼女の技術の高さというのは世界でも頭抜けたものがあるのではないでしょうか。

決勝戦の2点目がそうでしたが、特にクロスボールに飛びこんでコースを変えてゴールするプレーが素晴らしいです。

ところで世界のマスメディアの一部で「ドイツW杯後に澤選手引退か」みたいな報道があるらしいですね。

今回準優勝に終わったアメリカ女子代表に、かつてアメリカをW杯優勝一回・オリンピック金メダル獲得二回に導いたミア・ハムという偉大なプレーヤーがいましたが、彼女が引退したのが確か32歳だったはずです。

澤選手も今ちょうど同じ年齢ですが、ミア・ハムを越えて絶対にロンドン五輪に出場して金メダルを狙って欲しいですし、次のW杯も十分行けそうな気がします。

女性に年齢の話は失礼にあたりますのでこれくらいにしておきましょう。

 なでしこジャパンのワールドカップ優勝そして世界一、選手・監督・代表スタッフ・ご家族など関係者の皆さん、本当におめでとうございました。

気をつけて日本に帰ってきてください。そして次の戦いまでゆっくりと心身を休めて欲しいと思います。




↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索