■U-22日本代表、勝利でスタート

 ロンドン五輪を目指すU-22日本代表のアジア予選がスタートしました。

当ブログはA代表専門ですので本来なら五輪代表はフォローしないのですが、観戦する時間ができましたのでダイジェスト版をお届けします。

日本は2次予選からの登場で相手はクウェートでした。H&A2回戦で勝った方が最終予選への切符を手にします。

初戦の結果はホームで日本が3-1の勝利。

きちっと勝利という結果を出したのは良かったですが、アウェーゴールを許してしまった点は残念でした。

 試合内容で、まず良かったところは選手個々のフィジカル勝負で優勢に立てたところです。

これまで日本が中東諸国に苦しめられてきた最大の原因は、フィジカルコンタクトで劣勢に立たされていたからでした。

中東諸国の戦術は、優勢なフィジカル能力を生かして自陣に引いてガッチリ守り、日本が使えるスペースを少なくしておいて、手薄になった日本の守備をカウンターで突くというもの。

そのため技術の高さという日本人選手のストロングポイントがかなり打ち消されてしまっていましたが、日本人選手のフィジカル能力が上がったのか相手の能力が下がったのかはわかりませんが、まず球際の争いで優勢に立てたことでゲームを有利に進めることができました。

チーム組織の面でもパスが良く回っていましたし、サイドからクロスをあげてヘッドで決めるという、引いて守備を固めたチームを崩す定石である「飛び道具」を使った攻撃がうまく機能したのも良かったですね。

 課題としては、前半30分あたりから徐々にチーム陣形が間延びし始め、特にバックラインとボランチが離れて失点しやすい形になっていたこと。

3点目を取ってから気が緩んだのか、相手のボールホルダーへのプレッシャーを弱めてしまったこと。

このようにチーム全体で失点しやすい素地をつくってから出てしまった、意味もなく高リスクを冒した個人プレーからアウェーゴールを献上してしまいました。

以前指摘したように、このチームはDFラインとボランチの間で不用意にボールを失い、カウンター攻撃を受けてしまうという悪いクセがあります。

失点のきっかけとなった、自陣深くで敵を背負った選手がボールと一緒に前方へターンするプレーが個人戦術上のタブーであるということは、ユース(U-20)年代を卒業するまでに覚えておかねばならない常識だと思います。

そろそろ「若さゆえの経験の無さ」では許してもらえなくなってくる年代ですので注意が必要です。

 監督の采配面では、3-0となった直後の選手交代は評価の分かれるところではないでしょうか。

私がもし監督なら、ゲームの流れがひどく悪くて失点するのは時間の問題だという状況ならまだしも、うまく行っているチームをいじるのは好みません。

自分たちに良い流れをもたらしている両チームのバランスが、監督が思いもよらない複雑な要因で成り立っていることもあるからで、特に問題が無いなら、選手交代をしてあえてその微妙なバランスを崩すようなリスクを冒す必要はないと考えるからです。

山崎選手もそれほどひどい出来には見えませんでしたし、控え選手に経験を積ませるにしてもクウェートに残された時間が多すぎたように思います。

もしあの状況でどうしても代えたいなら、DFラインとボランチが間延びしていた状況を修正するための選手交代ぐらいですが、山崎選手をピッチから出したことで結果的にゲームの流れが変わり、失点に結びついてしまいました。

 ホームでの第1戦としては3-1で勝利という結果はまずまず良かったですし、試合内容も修正すべき点こそあるものの、良かったと思います。

ただ、H&A180分で戦う2次予選はまだ「前半」が終わったばかり。

クウェートでの第2戦も、良い結果・良い内容の試合を期待します。





↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索