■五輪予選に臨む日本代表メンバー発表

 五輪予選に臨むU-22日本代表メンバーが発表されましたので、当初の予定を変更してこちらを先にお伝えします。

お約束の記事は明日のアップを予定しております。



GK 権田 修一 (F東京)
  増田 卓也 (流通経済大)
  守田 達弥 (京都)
  安藤 駿介 (川崎)

DF 比嘉 祐介 (流通経済大)
  村松 大輔 (清水)
  鈴木 大輔 (新潟)
  吉田 豊  (甲府)
  酒井 宏樹 (柏)
  浜田 水輝 (浦和)
  酒井 高徳 (新潟)
  扇原 貴宏 (C大阪)

MF 山本 康裕 (磐田)
  清武 弘嗣 (C大阪)
  山村 和也 (流通経済大)
  東  慶悟 (大宮)
  山口 蛍  (C大阪)
  登里 享平 (川崎)

FW 永井 謙佑 (名古屋)
  山崎 亮平 (磐田)
  大迫 勇也 (鹿島)
  原口 元気 (浦和)


 先日のオーストラリア戦を観て気になった点は、サッカーのベーシックなところでは、相手との球際の競り合いで気迫負けをしていて、特に試合の立ちあがりで相手に主導権を握られてしまったところ。

さらに自軍ゴール前での空中戦の時、相手選手へのマークのズレが気になりますし、DFからボランチの間で不用意にボールを失うことが多く、危険なカウンターを何度も浴びていたことですね。

攻撃面では、シュートへの意識をもっと高めて欲しいです。

チーム組織は良く鍛えられていて、縦にも横にも非常にコンパクトになっています。

ただ、ダブルボランチがセンターバック直前のバイタルエリアを広く空けないのは良いのですが、センターバックとの距離が近すぎる場面もしばしばあり、ボランチがDFラインに吸収されて相手に極端に押しこまれてしまうところがあるのも気になります。

本番までにそのあたりの課題を最終チェックすれば、良いのではないでしょうか。

H&Aの一発勝負でリーグ戦とは違った難しさがありますが、ロンドン五輪へ向けて関塚ジャパンに期待します。




↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。





  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索