■第5回 とうとうドーハの悲劇と遭遇

 私とポーランド代表との感動的な出会いの翌年、1993年は日本のサッカー史上歴史に残る年となります。

いよいよアジア地区でも’94W杯アメリカ大会予選が開始されたのです。 このころには92年アジアカップ王者として、日本はアジア各国から警戒されるようになっていました。

また日本国内でも代表人気がもりあがり、毎試合かかさずTV中継をするようになって、管理人スパルタクはうれしいかぎりでした。
なにしろ翌日の新聞のスポーツ欄で「代表勝ったかな?」なんて、記事をさがす必要がなくなりましたから。

 アジア一次予選が春から開始され、日本はF組にはいりました。同じ組にはUAE・タイ・バングラデッシュ・スリランカがいました。

最大のライバルはUAEで、英雄アドナン・アルタルヤニやFWアブドル・ラザク、GKムフシン・ムサバハーなど好選手がそろっており、日本とUAEの事実上の一騎打ちとなりました。

結果はアジアチャンピオンとして自信をつけていた日本が、UAE戦をH&Aで1勝1分けとして一次予選を通過しました。

 そしてその年の10月、一次予選を突破した日本・サウジアラビア・イラク・イラン・韓国・北朝鮮がカタールの首都ドーハに集結して、アジア最終予選が開始されました。

 日本の初戦の相手はサウジでしたが、両チームとも緊張でガチガチのようにみえ、試合も0-0のドロー。

二戦目はイラン戦で、前半ロスタイムのイランのセットプレーで、ゴール前にどフリーでいたハッサンザデにヘッドを食らい先制されます。(ゴール前で敵選手をどフリーにしてヘッドを食らうというのを私は”日本病”となづけています)

後半は、緊張で動きの硬かった日本が先制されたことで、前半以上に攻めがからまわりします。

そして試合終了五分前にイランの若武者アリ・ダエイにカウンターアタックを決められ万事休す。中山選手の気合のゴールで一点返すものの、この試合を落とし、日本は最大のピンチを迎えます。

 三戦目は北朝鮮戦です。しかしこの試合では日本の選手達の顔つきが以前とは違っていました。何かふっきれて開き直れたのでしょうか、平常心に戻っているようでした。

ゲームのほうは、私が選ぶ代表試合での”キング・カズ”最高のゴールであるボレー・シュートを含む三得点で快勝。日本は首の皮一枚残り、次の韓国戦を迎えることになります。

 四戦目の相手は韓国。
攻守にわたって組織的に、そして精神的にもふっきれて気持ち良くボールを支配する日本に対し、

韓国は旧態依然とした3-5-2でホン・ミョンボが一枚あまるマンツーマン・ディフェンス。攻めはロングボールをひたすらブンデスリーガのボーフムでプレーするキム・ジュソンや広島のノ・ジュンユンに放り込むだけ。

後半15分にカズの泥臭いゴールで先制すると、スコアも試合内容も日本の完全勝利に終わりました。
あと一つ勝てばアメリカへというところまで日本はこぎつけました。

 そして最終戦はごぞんじイラクが相手。しかし、日本の選手の表情が一変していました。アメリカ行きの切符に手がかかっているせいでしょうか、初戦・二戦目のように顔がなんだか青白いのです。

試合内容も日本が先制するとイラクが追いつく嫌な展開。
それでも後半25分に中山のゴン・ゴールでリードすると試合はロスタイムに。

イラクのCKがショート・コーナーになってクロスが日本のゴール前へ。 ジャンプするイラクのFWオムラムに日本のDFのマークが一瞬ずれるとヘディング・シュートはそのまま...

スパルタクはTVの前でひっくり返りました。
あまりのショックで翌朝に家を出て、電車に乗り、学校の正門の前で初めて自分のズボンのチャックが全開であることに気づきました。

 それはともかく冷静にふりかえれば、アメリカ行きにふさわしいチームはイラクとサウジだったと思います。(完全H&Aなら別ですが)
特にイラクはあの大会のベストチームでした。

攻守にわたってヨーロッパの香りのする組織プレーは日本と同等レベル。個の能力の平均では日本を上回っていたと思います。

イラクの英雄でオールラウンド型FWのアーメド・ラディ、中盤のダイナモであるフセイン・シハーブに、真のアジアのリベロ、シュナイシェル・スワディなど良い選手がつぶぞろいでした。

イラクのフセイン大統領が「アメリカW杯に出場してイラク国旗を憎きアメリカの大地に打ち立てよ!」とイラク代表に命令したために、欧州から審判団が派遣されイラク代表に厳しい判定をくりかえしていたように見えました。
それさえなければ結果はどうなっていたか分からなかったでしょう。

 その他のイラン・北朝鮮・韓国のロングボールの放り込みに頼ったサッカースタイルは世界にとうてい通用するものではありませんでした。
サウジにしても個の能力の高さだけで組織力の低さをカバーしているように感じられました。

 日本は組織ではアジアのトップレベルでした。しかし個の能力、それもフィジカルとメンタル面の弱さが足をひっぱっていたように思います。

1993.10.28 アル・アリ・スタジアム(ドーハ)
W杯アジア最終予選

     日本 2-2  イラク

    '6カズ      '55ラディ
    '70中山     '90+オムラム

 GK 松永      GK I.サード
 DF 勝矢      DF S.ベンヤミン
    堀池         K.ハッサン
    柱谷         シュナイシェル
    井原         F.カディム
 MF ラモス     MF M.ジャーベル
    吉田         →オムラム(後半1分)
    森保         B.ハミド
 FW カズ         →ハヌーン(後半26分)
    長谷川        フセインシハーブ
    →福田(後半15分)  M.ムフシン
    中山      FW A.ラディ
    →武田(後半36分)  A.ジェブル


  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索