■中村俊輔選手、エスパニョールへ移籍

 スコットランドの名門クラブ、グラスゴー・セルティックに所属していた中村俊輔選手ですが、スペイン・バルセロナ市を本拠とするエスパニョールへの移籍が決定しました。

よりレベルの高いリーグへの挑戦ということなりますが、中村選手本人にとっても日本サッカー界全体にとっても良かったと思います。

実はずっとスペイン行きで決まらないかなと考えていたぐらいです。

Jリーグ復帰を望んでいた方には申し訳ありませんが、欧州リーグで成功した南米選手の場合でも、母国の古巣クラブに戻る時というのは、もう歳をとりすぎてヨーロッパで通用しなくなったケースが多いですから、まだまだヨーロッパで十分やれる選手がJリーグに戻ってくるというのは、私は賛成しません。

残念ながらJリーグのレベルは、スペインやイングランドなど欧州各国リーグより見劣りするのは事実ですし、レベルの高いリーグでもまれた方がサッカー選手として成長し続けることができます。

出場機会があるか不安というのであれば、2部でも良いでしょうし、フランス・オランダ・ベルギー・ポルトガルといった欧州四大リーグよりちょっと下がるリーグのクラブでも、学べることはいっぱいあると思います。

 これで思い出すのが浦和の高原直泰選手で、2007アジアカップではあのオーストラリアから貴重な同点ゴールを奪うなど、アジアでも屈指のFWとして君臨していましたが、ドイツからJリーグに戻ってきてすっかり平凡な選手になってしまいました。本当に残念なことです。

アイントラハト・フランクフルトにいた07年当時、高原選手はチームの首脳陣と関係があまり良くなく思ったように試合に出られないと報道されていましたが、ちょうどそのとき浦和がACLで優勝し、クラブワールドカップに出場してACミランと対戦しているのを彼はドイツから見ていて、「浦和に行けばセンターフォワードのポジションは約束されたようなものだし、ACLで優勝すればミランやマンチェスター・Uなんかと対戦できるかもしれない」と考えて、浦和への移籍を決断したのかもしれません。

でも私は、ヨーロッパのクラブからオファーがあるのなら日本へ帰って来るべきではないと考えていました。

高原選手にフランクフルト以外の欧州クラブからオファーがあったという報道も当時されていたように思います。

 中村選手以外の海外組日本人選手も、続々と移籍先が決まっていますが、新天地での成功を心より祈っています。




↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索