■バーレーン相手に苦しんだ勝利(その2)

前回の続きです。

 今回のバーレーン戦、最大の課題はやはり攻撃面。

ショートパスに人がどんどんからんでいく中盤の組み立ては、まあまあ良かったのですが、相手の最終ラインの前までくるとやはり攻撃がつまってしまい、なかなかシュートを打たずに攻めあぐねているうちに、前半30分すぎからはそれまで良かった中盤の組み立てまでリズムを失っておかしくなっていきました。

最終ラインまで来て攻撃がつまってしまう原因は、中央にしろサイドにしろドリブル突破に頼った単調な攻撃にこだわりすぎで、フィジカルの強いバーレーンの選手が体を寄せてくると、ことごとくボールを奪われていました。

なぜドリブル突破にあそこまでこだわったのでしょうか。

もしかしたらボールを大事にキープして、ドリブル突破で相手を完全に抜き去ってから完璧な状態で大事にシュートを打ちたい・サイドからクロスを大事にあげたいという気持ちがあったのかもしれません。

この前のエントリーでバーレーン戦は「大事に大事に守りにいく」試合ではないと書きましたが、それを攻撃でやってしまったようでした。

アタッキングサードに入ってからの攻撃、特にバイタルエリアの周辺では前向きな失敗が許される地域です。

ですから、思いきった決断でシュートやクロスをすることが大切であり、チャンスでシュートやクロスをためらってしまうことこそ最大の失敗と言えます。

 たとえばサイド攻撃なら、タテへのドリブル突破がうまくいかないと見たら相手SBを抜く前にアーリークロスをあげてしまうという攻撃オプションに切りかえる柔軟性がほしいところです。

(アーリークロスを使いづらい原因は、ゴール前にヘッドで飛び込む選手が少なすぎるという問題もあるでしょう。中村俊・遠藤はそもそも滅多にヘディングシュートを打ちませんし、玉田・大久保・田中達もここぞというときに中にいないことがあります)

できれば、味方からのパスをトラップせずにダイレクトで正確なクロスをあげ、相手のゴール前にいる敵選手にマークを確認する時間を与えない、そしてヘッドする味方は、敵選手の視界外からマークのギャップに入りこんでフリーでシュートすることで得点の可能性が高まります。(下図参照 クリックで拡大)

クロス

DFラインが後ろに引きすぎるのは良くないと言われます。

なぜかと言えば、引きすぎると相手はクロスの距離が短くてすみ、それだけ高い精度のクロスをあげやすくなって、ヘディングシュートから失点しやすくなるからです。

DFラインをゴール前にベタ引きにするアジアのチームが、W杯で通用しなくてもアジア予選の段階ならそこそこ成功してしまうのは、日本を含めたアジア各国はクロスの正確さが足りない、マークを外して正確にヘッドする技術が低いという悲しい現実を映し出しているのではないでしょうか。

ともかく、受けたパスをトラップしないでダイレクトのクロスを正確に入れたり、敵選手のマークを外してマーキングギャップでヘッドするには、もうワンランク上の高い技術が必要とされますので練習あるのみでしょう。

 中央からの攻撃の場合も、まるで日本の選手は「相手をドリブル突破してからでないとシュートを打ってはいけない」という自分ルールにしばられているかのようです。

そのせいか日本人選手が自信を持って打てるシュートレンジは、世界トップレベルの選手と比べて非常に短く、角度も狭い気がします。

(イメージ図・多少のゆがみはご愛嬌 クリックで拡大)

シュートレンジ

サッカーは点が取れないと勝てないスポーツなのですから、プレーの優先順位はチャンスがあれば自信を持ってまずシュート、それがどうしてもできない時に初めてパスやドリブルを選ぶという考え方を、ジュニア時代からみっちり体に叩きこんでおきたいところです。

しかし日本人選手の場合、ドリブルもパスもできなくなったので、やむにやまれずシュートするようなところがあり、それではまったく逆です。

たとえば相手をドリブルで抜ききらなくても、バイタルエリアでボールをもって前を向けたなら、フェイントで直前にいる敵CBをゆさぶってシュートコースを空けたところで、敵選手の前から積極的にミドルシュートというプレーをもっと使うことで、攻撃のオプションが増えます。(下図参照 クリックで拡大)

シュート

 また、ペナルティエリアに侵入してGKと1対1になってからシュートを打つときも、日本の選手は残念ながらほとんどパニック状態です。

実名をあげて申し訳ないのですが、日本人選手の決定力向上のため勘弁ねがいます。

この試合、田中達がニアにシュートを2本打ち、内田もミドルシュートをニアぎみに打ってバーに当てていました。

W杯最終予選アウェーのバーレーン戦でも、中村憲・長谷部の両選手がやはり連続でシュートをパーに当てていましたが、これらに共通するのはシュート直前ですっかり冷静さを失い、ともかく力任せにシュートを打っていてシュートコースをコントロールすることをぜんぜん考えていないように見えます。

シュートコースのセオリーはまずファーポスト側であり、ウォルコットがイングランド対クロアチア戦でハットトリックを決めたときの1・2本目のゴールがファーだったと思いますし、バルサのアンリやミランのパトなんかも、GKのポジションを冷静に見切ってファーに流し込むのが本当に上手いと思います。

シュートシーンにおける世界トップレベルの選手と日本選手との差は、技術や戦術・セオリーの知識はもちろんですが、メンタル面での差もまだまだ大きいなぁというのが実感です。

 中盤の組み立ては前半30分ぐらいまではまあ良かったですが、グラウンダーのショートパスが味方の背中を通ってつながらないシーンが数度あり、W杯決勝トーナメントに常時進出するレベルのチームではあまり見られないミスなので気になりました。(下図参照 クリックで拡大)

ミスパス

さらにFKなど止まったボールを蹴らせたら世界トップレベルの中村俊選手ですが、流れの中から中盤を組み立てていくのはどうも...。

パスを受けルックアップしてゆったりとドリブルしているうちに、フィジカルの強いバーレーン選手に体を寄せられ、あっさりボールを失うというシーンが2~3度あって、特に前半30分以降、流れの中からの攻撃のリズムを崩す原因の一つとなっていました。

セルティックでプレーする時は、もうちょっとシンプルにやっているように見えるのですが。

 私は岡田さんがかかげるW杯3位以上という目標が実現するところを是非見たいと思ってますし、できるものなら何か協力してあげたいところです。

しかし今回のバーレーン戦は、1-0という結果は良かったものの、W杯3位以上という目標を見据えた場合、試合の結果も内容もまだまだ世界3位レベルにほど遠いというのが正直なところでした。

W杯決勝トーナメントを勝ちぬいていける最低レベルは、昨秋のカタール戦における日本代表だと思うのですが、あの試合以来できていません。まぐれだったのでしょうか。

個人の技術・フィジカル能力やチームの戦術理解もさることながら、メンタル面での差がいぜんとして大きいです。

日本人選手はマジメ過ぎるのか、特にシュートやシュートの一つ前のプレーにおいて、遊び心と創造力を持ちつつ冷静な判断を下せるところまでいっていない状況が多いです。

岡田さんは試合後、良い内容だったとおっしゃっていましたが、認識が甘すぎるのではないでしょうか。

ともかく練習と実戦経験を積んで、ハードルをクリアしていくしかありません。

その意味で、負けても痛くもかゆくもないテストマッチではなく、精神的にプレッシャーのかかるW杯予選のような真剣勝負の場は貴重です。


-------------------------------------------------
       2009.3.28 埼玉スタジアム2002


      日本  1  -  0  バーレーン


     中村俊 '47



     GK 楢崎       GK S.ジャファル

     DF 中澤       DF マルズーキ
       闘莉王        S.イッサ
       長友         M.フバイル
       内田         S.モハメド

     MF 中村俊      MF サルミーン
       遠藤         アブドルラフマン
       長谷部        ファタディ
      (橋本 76)      アーイシュ
                  (アブドルラティフ 90+)
     FW 玉田         A.オマル
       (松井 79)     (アブディ 75)
        大久保
        田中達      FW ジョン
       (岡崎 87)



↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索