■バーレーン戦にのぞむ日本代表メンバー発表

 28日に行われるW杯アジア最終予選のバーレーン戦にのぞむ日本代表メンバーが発表されました。


GK 楢崎 正剛(名古屋)
   都築 龍太(浦和)
   川島 永嗣(川崎)

DF 寺田 周平(川崎)
   中澤 佑二(横浜M)
   闘莉王  (浦和)
   駒野 友一(磐田)
   阿部 勇樹(浦和)
   長友 佑都(F東京)
   内田 篤人(鹿島)

MF 中村 俊輔(セルティック:スコットランド)
   橋本 英郎(G大阪)
   遠藤 保仁(G大阪)
   中村 憲剛(川崎)
   松井 大輔(サンテティエンヌ:フランス)
   今野 泰幸(F東京)
   長谷部 誠(ボルフスブルク:ドイツ)
   金崎 夢生(大分)
   香川 真司(C大阪)

FW 玉田 圭司(名古屋)
   大久保 嘉人(ボルフスブルク:ドイツ)
   田中 達也(浦和)
   矢野 貴章(新潟)
   岡崎 慎司(清水)


 発表されたメンバーをざっと見ますと、楢崎・阿部・矢野の各選手が戻ってきたのが目につきます。
また、若い金崎選手も選ばれました。

そのかわり巻選手が外れ、一応ケガが治っている川口選手も呼ばれなかったことについて、マスコミが「岡ちゃん非情!」と書きたてていますが、非情も何も、現時点で一番実力がある選手、実力が同じくらいなら調子の良いほうの選手を呼ぶというのはプロとして当たり前のことだと思います。

 対戦相手のバーレーンは前節、アウェーでウズベキスタンを破るなどかなり好調です。

他でもない、この前のアジアカップ予選で日本が負けたことで、バーレーンに自信を与え、調子づかせてしまったからですが。

おそらく今度の試合も「俺たちは日本にだって勝てるんだ」と勢いに乗ったまま、日本に乗り込んでくるのではないでしょうか。

 バーレーンには、アジアカップ2004の準決勝で延長勝ち、W杯ドイツ大会アジア最終予選では2勝していますが、この1年の間にW杯南アフリカ大会アジア3次予選とアジアカップ2011予選で2試合も負けています。

今度の試合はこちらが相手を受けて立つとか、今の有利な順位を維持するため大事に大事に守りにいくというものではなく、失われた日本のプライドを積極的に、是が非でも奪い返しにいくという試合だと思います。

(もちろん、積極果敢と無謀はちがいますけど)

 日本は早くW杯出場を決めて、強豪国とのテストマッチに専念したいという人もいるようですが、そういう甘い考えだと今度の試合で足元をすくわれるでしょう。

そもそもバーレーン相手に勝ったり負けたりを繰り返していては、W杯3位以上などとてもとても...

そのためにも、結果はもちろん内容も高いレベルで相手を圧倒するような試合がもとめられます。

 日本もようやく本格的なサッカーシーズンに入りました。

攻守にわたる連動性・組織力を早く昨秋のカタール戦のレベルまで戻し、ホームで結果も内容も充実した試合をやって、是非とも勝利とプライドを奪い返してほしいと思います。

当ブログ・カタール戦エントリー (1) (2)

勝利へのカギは、迷ってからパス、迷ってからパスという自信無さげなサッカーではなく、前にフリーの味方がいたらどんどんショートパスを回していき攻めの良いリズムをつくっていく、ボールを受けたらできるだけ前へ向きシュートをまず狙う、そして相手の守備隊形が整わないうちに攻めきってしまうことだと思います。



↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索