■ワールドフットボールバランス(欧州)2005.3.30現在

☆2006W杯・ヨーロッパ予選 (その2)

2005.3.26・30

7組
ベルギー 4-1 ボスニア・ヘルツェゴビナ
(ムペンザ 15, 54, デルデン 44, ブッフェル 76;
 バイラモビッチ 1)

セルビア・モンテネグロ 0-0 スペイン
ボスニア・ヘルツェゴビナ 1-1 リトアニア
(ボリッチ 21; スタンケヴィチウス 60)
サンマリノ 1-2 ベルギー
(セルバ 41; シモンズ 19PK, ファン・ブイテン 64)

1.セルビア・M  5 3 2 0 10- 0 11
2.スペイン    5 2 3 0 8- 1 9
3.リトアニア   5 2 3 0 7- 2 9
4.ベルギー    5 2 1 2 7- 7 7
5.ボスニア・H  4 0 3 1 3- 6 3
6.サンマリノ   6 0 0 6 1-20 0

8組
ブルガリア 0-3 スウェーデン
(リュングベリ 17, 90+3PK, エドマン 73)
クロアチア 4-0 アイスランド
(N.コバチ 39, 76, シムニッチ 71, プルソ 90)

クロアチア 3-0 マルタ
(プルソ 24, 36, トゥドル 80)
ハンガリー 1-1 ブルガリア
(ライツィ 90; ペトロフ 52)

1.クロアチア  5 4 1 0 13- 2 13
2 スウェーデン 5 4 0 1 17- 2 12
3.ブルガリア  5 2 2 1 10- 8 8
4.ハンガリー  5 2 1 2 6- 9 7
5.アイスランド 5 0 1 4 4-14 1
6.マルタ    5 0 1 4 1-16 1

---------------------------------------

・7組は混戦。アウェーのセルビア戦で確実に引き分けたスペインがハナ差リード。アウェー戦を多く残すベルギーは苦しいかも。

8組はアウェーでのブルガリア戦で3得点のスウェーデンの強さが際立つ。
クロアチアはアウェー戦4試合と天王山のホームのスウェーデン戦をどう乗りきるかでドイツ行きが決まるだろう。
ホーム戦を多く残すブルガリアにもまだチャンスはありそう。

ワールドフットボールバランス(世界サッカーランキング)by国際サッカー戦略研究所
UEFA(欧州)2005.3.30現在

AAA スウェーデン

AA  +チェコ ポルトガル

A   オランダ -スイス デンマーク -ベルギー
    -セルビア フランス フィンランド ドイツ
    スロバキア +スペイン ギリシャ 
    イングランド イタリア アイルランド
    ウクライナ

BB  +トルコ ルーマニア ラトビア イスラエル
    オーストリア ポーランド -ボスニア
    クロアチア アルバニア ロシア
    +ベラルーシ ノルウェー ブルガリア
    スロベニア

B   グルジア +エストニア +リトアニア
    ハンガリー スコットランド 北アイルランド
    ウエールズ

CC  -アンドラ アルメニア マルタ フェロー諸島      カザフスタン アゼルバイジャン +モルドバ
    -アイスランド マケドニア キプロス

C   +リヒテンシュタイン

DD  ルクセンブルク +サンマリノ
  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索