■向こうの思惑

 テレビでの生中継がなくなったアジアカップ予選の日本対バーレーン戦ですが、その後続報が入り、いま代表戦のテレビ放映権を持つ会社がどこかわかりました。

その名はイタリアの代理店MP&Silva社(info@mpsilva.com)です。

 バーレーンサッカー協会は、最初に放映権を買った代理店に相当高額のカネを支払わせたことがボタンの掛け違いの最初であり、代理店は赤字を出さないよう日本側に高額の放映権料を要求し、日本側に「CMスポンサーがつかないので、その金額では購入は不可能だ」と言われるたびに、放映権を他の代理店へ転売することを繰り返し、結局衛星中継を準備する上での時間切れとなって、代表戦中継がなくなってしまった、というのが事の真相と思われます。

しかもMP&Silva社は、バーレーンサッカー協会から最初に放映権を購入した代理店よりもさらに高額の放映権料を日本側に要求していると報道されており、アジアカップのアウエー戦全部(対香港戦・対イエメン戦)が危ない情勢です。

報道記事

世界的な金融不安が原因で日本のTV局が不振に陥っていますが、そういった事情を無視して常識外れの高額な放映権料を要求し続けていると報道されている「強欲な代理店」MP&Silva社が、代表戦を見ることができない日本の視聴者を苦しめ、 自らも放映権料が入らないという、誰も幸せにしない結果を導いてしまいました。

 いえ、MP&Silva社だけはカネを儲けて自分だけ助かるかもしれません。

MP&Silva社は、「日本のサポーターを無視したくない」などと恩着せがましいことを言いながら、同社が経営する動画配信サイトLiveSports.jpで、1回315円を支払った者だけに代表戦のネット中継を見られるようにすると発表しました。

日本代表というのは日本国民の公共財であると私は考えていますが、それを外国の一企業が私物化し、自社の利益のためだけに利用するなんて恥知らずなことが許されるとは思えません。

ノブレス・オブリージュのカケラもない話です。

理論上、日本国民1億3000万人のうち、32万人弱が315円を払ってネット中継を見れば、MP&Silva社が日本側に要求していると推定される放映権料1億円は回収できてしまいます。

 絶対それを見るなとは私から言えませんが、MP&Silva社のやり方が悪しき成功例となれば、代理店側はどんどん強気に欲深くなっていき、今後こういったゴタゴタが日常茶飯事となりかねません。

私は絶対に同社のネット中継を見ませんし、MP&Silva社のやり方を許せません。




↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング




  

■コメント

■Re: 向こうの思惑 [次は頼むぜ!]

OK分かった!
俺はこれからネットじゃ見ないぜ!
「ネット放送あるじゃん」とか言ってた自分が悔しいよ!
それにしても日本代表の試合は、
イエメン戦から思うんだけど、
若手が中心でタメを作らず、
ただ前へ前へ・・・。
単調なリズムで北京オリンピックの日本代表みたいだ!
若手のアピール合戦は勘弁してくれって言いたいよ!
日本の中盤はタレント揃いだとは名ばかりだね。
俊輔とヤットに期待だよ!

■Re: 向こうの思惑 [しゅう]

見たいと思っても、買い方わからない日本人が多いんじゃないの?
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索