■代表戦のTV中継がない!

 今月28日のアジアカップ予選、日本対バーレーン戦のテレビ中継がなくなったと報道されています。

リアルタイムで見られなくとも、録画映像でオーストラリア戦に向けた日本代表のしあがりをチェックしようと考えていたので、相当痛いです。

 各種報道を総合しますと、当初テレビ放映権を持つバーレーンサッカー協会とそのエージェントが、放映権料として1億円近い額を日本のテレビ局に要求したようです。

1億円の放映権料と言えば日本のゴールデンタイムにおける相場で、バーレーン戦が行われるのが視聴率のとりにくい日本時間の深夜にあたることを考えれば日本側にとって法外なふっかけでした。

もちろん向こうは老獪なアラブ商人。最初から相手が飲めないような条件を提示してじょじょに値を下げこちらに恩を着せて、なるべく高く売りつけたかったのでしょう。

アラブのスークにいるバザール商人が良く使う手です。

バーレーン側はおそらく当初の予定通り値を引き下げ、4000万円程度にまでなったようですが、アメリカ発の世界的な金融不安による不況で日本国内のテレビCMスポンサーが激減している今、その額でも日本のテレビ局としては手が出ませんでした。

こうして今週水曜のタイムリミットまでバーレーン側と日本側のチキンレースが終わらず、代表戦のテレビ中継は無しとなりました。

 なんと愚かなことでしょう。

バーレーン側が現実的な選択をして、たとえ1千万円でも日本のテレビ局が飲める常識的な金額を提示していれば、バーレーンサッカー協会に1リアルの収入もないなんてことはなかったでしょうし、日本の視聴者も代表戦の試合を楽しめる、WIN-WINの関係を築けたはずだったのです。

しかし、バーレーンサッカー協会とそのエージェントの、強欲なアメリカの投資銀行みたいなふるまいによって、日本国民のナショナルパスタイムの一つを奪われたことに私は強い怒りを感じます。

泣き寝入りはしたくありません。

二度とこのようなことがないよう求め、バーレーンに強く抗議します。

今度のバーレーン戦においても何らかの改善策を求めます。




バーレーンへの抗議先(もし当記事にご賛同願えましたら、ご協力をお願いします)

在日バーレーン大使館 info@bahrain-embassy.or.jp

たぶん日本語で大丈夫でしょう。

今回のバーレーン協会の強欲なふるまいが、日本国民の感情を傷つけ、日本とバーレーンの友好関係が破壊されたという内容の抗議メールが良いかもしれません。


バーレーンサッカー協会 bhrfa@batelco.com.bh

最低限、英語で抗議しないと通じないと思われます。






↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索