■バーレーン戦、繰り返された失敗(後編)

 前回は拙いベンチワークについて分析するのに大部分を費やしてしまったので、今回はいつものようにプレーの内容を見てみましょう。

 攻撃に関しては、常にゴールを目指して隙あらば積極的にシュートを打っていこうという姿勢が、チーム全体からうかがえたのはとても良かったと思います。

シュートという勝負から逃げない姿勢が3ゴールという結果につながりました。

PKを奪取した中村俊のシュートと中村憲のラッキーなゴールが典型ですが、やはりシュートを打たなければ何もはじまりません。

セットプレーの精度の高さもさすがです。

 ショートパスの組み立てはまずまずでした。

しかし酷暑できついとは思いますが、味方のボール保持者をもっともっとサポートして、複数のパスコースを確保してあげてほしい。

特に中村俊ですが、前にフリーな選手がいたらもっとシンプルに、オートマチックにパスして、次のスペースに走りこんで欲しいです。

うかつに倒せないペナルティエリア付近でなら彼のドリブルがもっともっと生きるはずですが、パスの判断が遅くミドルサードでゆっくりドリブルするので、その間にバーレーンの選手がどんどん戻ってスペースが無くなるのみならず、フィジカルの弱さからボールを簡単に奪われて、一度決定的なピンチを招いていました。

そういうプレーを繰り返すと、自分も味方も無駄な体力を消耗するばかりです。
足の痛みが完治していないならなおさらです。

 守備に関しては、両センターバックを中心にねばり強くがんばりました。プレスもまずまず。

しかし、バーレーンの縦パスが入って来た時に誰も応対しなかったり、逆に縦パスをインターセプトしようとして飛び込むのが早すぎ、ボールと一緒にターンした相手と入れ替わって抜かれてしまう場面もあり、クオリティが一定しません。

縦パスが来たらまず相手のポストプレーヤーの背後について、相手にボールとともに前を向かせないようにポジショニングするのが最優先。相手がバックパスや横パスをしているだけなら、さほど怖くありません。

次に余裕があれば相手がボールをトラップする前にインターセプトを狙いに行くと良いでしょう。
それができないなら、相手のパスを不正確なものにするため後ろから圧力をかけるだけでも効果があります。(ファールする必要はありません)

その上でチーム全体でプレスをかけ、約束事となっている方向へ追い込む、例えば相手のボール保持者をサイドへサイドへと追い込み、そこで囲い込んでボールを奪取できるようになると素晴らしいと思います。

ウルグアイとのテストマッチで、守備の約束事がすっかりあやふやになっていたことが露呈しましたが、どうも組織的守備力のクオリティが一定せず、今回のバーレーン戦までに完全に修正されたとは言えないようでした。

 チーム全体としては、何とかDFラインからFWまでをコンパクトにしようとする姿勢がうかがえましたが、酷暑の砂漠気候と相手がロングボールを放り込んできたことが原因でどうしても間延びしてしまいました。

それはある程度やむをえないことなので、もっと涼しいところで試合をするときは、最終DFラインをどこに設定するのかよくチームで話しあって、全体がコンパクトになるようにして欲しいです。

 1点取った後、チーム全体がその1点を守ろうとして消極的な姿勢に入ってしまい、ほとんど攻撃できなくなるのは、相変わらず大きな問題です。

よほどの実力差がないかぎり、日本が90分攻めっぱなしということはあり得ませんが、こちらが押されている時間でも先制する前のようにゴールを狙い、相手をヒヤリとさせる攻撃ができなければ、こちらにゲームの流れを取り戻すこともできなくなり、相手にガンガンに押し込まれてゲームのコントロールを完全に失ってしまいます。

相手が攻める時間になっても慌てる必要はありませんが、チャンスを見て反撃をしかけ、まずはピッチ内の選手だけでこちらにゲームの流れを取り戻すことができるようにならなければ。

 総括すれば、純粋にプレーの内容だけを見ればまずまず良かったと思います。

ただ、ベンチにいる首脳陣も含め、決勝トーナメント進出・W杯3位以上を目標にかかげるチームとしては、多くの経験不足と脆さがあらわになった試合でした。

 今回のバーレーン戦、 
 
試合後岡田監督は「サッカーは怖い」とおっしゃっていましたが、3-0から2点返されたのは「ピッチに棲む魔物」のせいではありません。

明らかに人災です。

今回勝ち点3こそ取れましたが、相手に当たってコースが変わる中村憲のラッキーなゴールがなければ、ロスタイムまであと3分・1人少ない相手に2ゴールを失って勝ち点2を奪われるところでした。

監督が即解任されてもおかしくないミスです。

得失点差+3で終わるところ、たった+1になってしまいました。

もしリードが3点でなかったら、もし相手がバーレーンではなくオーストラリアやサウジレベルの強敵であったなら、ゲームをひっくり返されていた可能性があります。

とても結果オーライで済まされません。

岡田氏は、「コップに水が8割、選手がこぼした分が2割。2割をコップに戻すのが監督の仕事」と今回の試合を例えていらっしゃいますが、選手がコップにいっぱいにした水の4割をこぼしたのは、ほかならぬベンチだと思います。

「采配がミスだった、加茂周氏と同じ失敗を繰り返してしまった、本当にもう同じ失敗はできない」という自覚症状をもっておられないことが、輪をかけて失望を大きくしています。

 岡田監督はW杯3位以上という目標をかかげておられます。

ですが、日本代表の首脳陣がこんなに拙い経験不足の采配、いえ、以前経験した同じ過ちを繰り返してしまうのはとても残念です。

サポーターの信頼を大きく失う采配ミスでした。

Jリーグの監督としてすばらしい実績を持つ岡田監督が、全身全霊をかたむけて努力なさっていることは見ていてわかります。いっぱいいっぱいになりながら努力なさっているお姿を拝見していて「お体大丈夫だろうか」と感じるときさえあります。

 ただ残念ながら、世界と勝負する監督として経験がいかんせん不足しているのは否定しがたいところです。それが今回の試合で明らかになってしまいました。

攻守におけるチーム組織の構築・選手の育成という戦略レベルはもちろん、試合における采配という戦術レベルでも疑問符がつきます。

日本代表は、個の力によって2010年W杯本大会へたどり着く事ができるのかもしれませんが、本大会では個の能力ゆえに、ドイツ大会と同じように敗れ去るのではないかという不安が隠せません。

それでは同じ敗れるにしてもジーコジャパンの二の舞であり、次回も同様、日本サッカー界に残るものは少ないのではないでしょうか。

2010年以降、代表人気はますます低下し、サッカー協会も収益面で厳しい状況に陥るでしょう。

 本当に今の監督以上の人が世界にはいないのでしょうか。

たとえば世界中から代表監督を公募する、オシム氏にヨーロッパあたりに有望な人材はいないか調査・スカウトしてもらう等、工夫の余地はいくらでもあるはずです。

 日本サッカー協会は、まるでシュートから逃げる選手のようです。

「別の監督にして失敗したらどうしよう」という消極的な逃げをうつのではなく、「日本のめざすサッカーに合った、より良い監督を探して任せる」という攻めの決断をすべきだと思います。


----------------------------------------

  2008.9.6 ナショナル・スタジアム(マナマ)


  バーレーン  2  -  3  日本


  S.イッサ  '87       中村俊  '18
 O.G.(闘莉王)'88      遠藤(P.K.)'44
                 中村憲  '85


 GK S.ジャファル      GK 楢崎

 DF M.ハサン        DF 闘莉王
   マルズーキ         中澤
   S.イッサ           阿部
   M.フセイン          内田
 
 MF アル・ワダエイ    MF 遠藤
   サルミーン          長谷部
  (J.ラシェド 83)       (今野 85)
   アーイシュ          中村俊
   オマル            松井
                  (中村憲 70)
 FW A.フバイル          
  (アブドルラフマン 62) FW 田中達
   I.ハサン            玉田
  (ジョン 62)         (佐藤 78)




↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング


当ブログ関連記事

日本代表にふさわしい監督とは?

日本、バーレーンの自滅で勝ち点3

日本、オーストラリアに逆転負け
  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索