■プライム・スコアリング・エリア

<サッカー戦術研究・攻撃編>

 イングランドFAが、前回お話したプライム・ターゲット・エリア以上に重要視しているのがプライム・スコアリング・エリアである。(下図:クリックで拡大)




プライム・スコアリング・エリアとは、クロスやフリーキック・コーナーキックのボールが入ってくる方とは反対(ファー)側のゴールポストの前、幅3mほど、長さは7~9mほどのエリアである。

上の図は右サイドからボールが入ってくる場合だが、逆に左サイドからボールを入れる場合はプライム・スコアリング・エリアの位置も逆になる。(下図:クリックで拡大)




この場所は、流れの中からのクロスやセットプレーからのボールが直接飛んでくるのみならず、相手GK・DFのクリアボールや、敵や味方の体に当たったボールがこぼれてくる可能性の高い場所であり、ゴール正面でないだけに敵の注意も散漫になりやすい。

ファー側にボールが流れてくるのを狙ってこの場所にポジショニングし、できればヘッドやボレーなどワンタッチ・シュートすれば得点の確率は高まる。(だからプライム・スコアリング・エリア)

攻撃側のチームは得点できる可能性の高いこのエリアを見逃す手はなく、最低でも1人の選手がプライム・スコアリング・エリアにポジショニングし、シュートを狙うべきである。

 前回コーナーキックの際にプライム・ターゲット・エリアを狙う方法を紹介したが、別の定石として、
相手GKの直前に身長が高くヘッドの競り合いに強い選手を走りこませて、その選手がボールをフリック(頭をボールに薄く当てて、後ろにそらすこと)し、相手GKの頭上を超えたボールがプライム・スコアリング・エリアに落ちてきたところを待ち構えていた味方がヘッドでゴールへ押し込むという攻撃方法もある。





当然こちらが守備をする場合でも、プライム・スコアリング・エリアを相手に上手に使われないよう、注意を怠ってはいけない。

 ゴール前では、ボールがどの場所にこぼれてくるかうまく予測できれば、それが直接一点につながってくる。

マスコミも含めて日本サッカー界には「ごっつあんゴール」という言葉があるが、私はあまり好きな言葉ではない。

実際、偶然だけの「ごっつあんゴール」もないわけではないが、全部が全部、何の苦労もせずただ幸運なだけでゴールできたみたいに言っているように聞こえるし、もしそう考えているなら、プライム・スコアリング・エリアのように、ボールがこぼれてきやすい場所にあらかじめポジショニングしてシュートを狙うというクレバーなプレー、欧州サッカーの基本戦術は知りませんと告白しているようなものだからだ。



↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング


  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索