■プライム・ターゲット・エリア

<サッカー戦術研究・攻撃編>

 流れの中からのクロス、あるいはフリーキック・コーナーキックから、まず狙うべきとされるのがプライム・ターゲット・エリアである。(下図の黄線で囲まれたエリア)



(クリックで拡大)

相手ゴールキーパーのポジショニングとの関係で言えば、相手のゴールキーパーが二アポスト側にいれば、プライムターゲットエリアを半分に分割したファーポスト側を狙ってクロスを入れ(下図)、



(クリックで拡大)

相手ゴールキーパーがファーポスト側にいれば、クロスはプライムターゲットエリアのニアポスト側に落とす。(下図)



(クリックで拡大)

クロスに飛び込んでヘディングシュートを狙う選手も、相手ゴールキーパーの位置を見ながら、上述のような共通理解のもとキッカーが狙う場所を予測してプライムターゲットエリアに飛び込む。

 ただいくら基本どおりといっても、相手GKがニアにいるからフィールドプレーヤー全員がプライムターゲットエリアのファーポスト側に飛び込めば、相手DF陣に読まれてしまうので、ヘッドをするため飛び込む場合は、プライムターゲットエリアのニア・真中・ファーをまんべんなく攻める。

これによって相手にキックの落としどころを絞らせないようにし、かつ味方キッカーのミスキックや相手に当たったボールがこぼれてきた場合でも臨機応変に対応してシュートできるようにする。

 キッカーも、GKがニアだから落としどころをファー、GKがファーならニア、という風に100%決めつけてしまうと相手に読まれてしまうから、GKがニアで落としどころもニア、あるいはプライムターゲットエリア外に入れるなど時には”奇襲攻撃”も必要である。

だが、はじめから約束事のないランダムな奇襲攻撃ばかり仕掛けてしまうと、敵はもちろん味方もどこに飛び込んで良いかわからなくなり、クロスの落下地点に味方の誰もいないのでは奇襲の意味がなくなる。

 ヘッドに飛び込む選手は、飛び込むタイミングをできるだけ遅らせて、最初はゆっくりと、それから序々にスピードを上げ、最後は全力に近いスピードで飛び込んでボールにミートする。

まずファーポスト側に走って自分の前にくっついているマーカーを外側にひきずり出しつつ、自分が飛び込むスペースを前につくり出し、ニアポスト側へ急反転して相手の前へ出てヘディングすると効果的。

ヘッドするときは、自分の狙いどおりに正確にミートすることを心がけて、ボールが進むコースを変えるだけで威力はじゅうぶん。

厚く(強く)当てればコースは急角度に変わり、薄く当てれば少しだけコースが変わる。

自分の頭を激しくブリブリ振りまわしてシュートしようとする日本人選手が多いが、ペナルティエリア内とくにプライムターゲットエリア周辺であれば、そうまでしてシュートを加速させる必要は無い。

それより頭をブリブリ振りまわすことによってヘディングシュートが不正確になり、シュートがゴールマウスから外れていくことのほうが大きな問題である。



↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

リンク






   

ブログ内検索