■東アジア選手権の最終戦はドロー(その2)

その1

 つづいて守備面を見ていきましょう。

日本も中盤でプレスはかけていましたが、相手にしっかり体を寄せなかったり、ポジショニングが適切でなかったりした場面もありました。

プレスをかけるときはもちろん守備においては、相手のボール保持者と自軍ゴールを結んだ直線上に常にポジショニングするのが基本です。相手との距離は相手の技術やスピードを見て決めます。(下図参照。赤がボールを持った敵、青丸が正しいポジショニング。青線の一重丸は間違ったポジショニング)

ポジショニング6

(クリックで拡大)

相手も激しく動いているのですから、相手のボールを奪おうと夢中になって直線上から外れてしまうと(図の×印)、シュートを食らったり、決定的なパスを出されたり、ドリブルやルーレットの動きで突破されたりしてしまいます。

 また、相手選手にタテパスが入る時、日本の選手は相手がパスを受けてから応対しようとするシーンが多かったですが、タテパスを相手がトラップする前に密着マークして、後ろから足や頭などを出して先にカットしてしまう積極的な守備姿勢が求められます。

それが出来ていたのは、唯一中澤選手だけでした。

 さらに日本はこぼれ球への予測も遅く、フィフティフィフティのボールの多くは韓国が拾っていました。空中戦でのフィジカル勝負でアジアを勝ってきた韓国だけに一日の長があるといった感じでした。

たとえば、韓国側が中澤のやや後方にロングボールを放り込んで、味方FWに空中戦を挑ませます。

もし中澤が勝ったとしても下がりながらヘッドでクリアせざるを得ず、そうなるとクリアが小さくなって中澤の半径45°前方のだいたい10m以内にボールが落下するのが予測できます。

そこで韓国の別の選手は中澤がクリアした瞬間に落下地点を予測して一歩目を踏み出していますが、周囲に居る日本選手はボールが落下地点に落ちそうになってから動き出しており、これではフィフティフィフティのボールを韓国がほとんど拾うのは当然です。

こうした予測を速くしてボールを拾うやり方は、逆に日本が攻撃する時も守備する時も使えるので、しっかりとマスターしたいところです。

サッカーは足技だけでは勝てません。攻撃も守備も次のプレーを予測する力が大切なのです。

 失点は、まず内田の応対が遅れ、相手に正確なクロスを許してしまったことと、センターバックがボールだけを見ていて、相手の一番危険な選手をフリーにしてしまったことが原因でした。

内田がもっと早く相手との間合いをつめてパスコースを限定し、できればプレスをかけて相手のミス・クロスを誘うこと、

次にCBですが、まず自分のヘソをタッチライン沿いに居る選手ではなく相手陣地方向に向けていれば、クロスと相手選手の両方を視界に入れることができますから、慌てて足を滑らすようなことも無くて済みます。

クロスがそれを合わせる相手選手無しに、ひとりでにゴールすることはありませんし、ひとりでにゴールへ向かうボールがあるならGKに任せれば良いのです。

それが出来ていれば、もしうっかりマークをずらしてしまって相手選手をフリーにしてしまっても(本当はいけないことですが)、落ち着いて相手のシュートコースに体を入れれば、まだ失点を防ぐチャンスはあります。

W杯という「入試本番」では、こうした守備の基本問題で取りこぼしていると、「合格」はおぼつきません。代表やクラブでの練習で確実に基本をマスターしておくことが大切です。

 最後に、中国戦のエントリーで指摘したメンタル面ですが、韓国のバイタルエリアに入ってからの日本選手は、全身に力が入りすぎのように思われます。

ドイツW杯クロアチア戦でのQBKも関係してくる話ですが...

ヘディングシュートも頭を振りすぎて外してしまったり、3~4m先の味方へパスするにも、シュートのように強いパスを出したりと全身に力みが見られます。

日本の選手は技術がありますから、もっと自分を信じて落ち着いてプレーして欲しいと思います。

その意味でも、この大会は貴重な経験になったのではないでしょうか。

 それでは東アジア選手権の総括をしたいと思いますが、タイ戦のエントリーで少しふれましたが、私はこの大会の戦略目標は、若手・控えに経験を積ませFWとCBの層を厚くすることと、できるなら優勝して結果も勝ち取ることだと考えていました。

優勝できなかったのは大変残念でしたし、勝負にこだわる姿勢は常に大事です。

ただ、選手育成と優勝獲得の両立が難しいのも事実で、ある程度の割りきりも必要だと思います。

 今大会では、安田・田代・内田・川島など若手選手に経験を積ませることができたのは収穫でした。私自身は、岩政・前田両選手がケガで離脱したのが非常に残念でしたが。

特にこの大会、失点はいずれも中澤がゴール前から引きずり出されたときに起こっています。

できれば身長185cm以上あってフィジカルがめっぽう強いタイプのCBが、中澤の他に最低もう一枚は欲しいところです。

その意味でも岩政がインターナショナルレベルでどれくらい通用するか、見てみたかったです。

 育成だけでなく、アウェーでフルメンバーの中国に勝ち、それなりの結果も得られました。

もし戦略目標のプライオリティーが大会優勝にあったのなら、どうして北朝鮮戦で、山岸・羽生・水本・川島の各選手を先発させて選手育成を優先するような布陣を組んだのかということになります。

 システム論で言えば、日本は良いMFが多く、ついあれもこれもと欲張って気がついたらワン・トップにしていたというケースが多いのですが、いくらMFの枚数を増やしても効果的に動けないなら、パスはまわらない・攻めが機能しない・ワントップが孤立してシュートは減るばかり、というのが今更ながら良くわかった大会だったのではないでしょうか。

2トップは単にシュートする人間が二人いるというだけでなく、前線でお互いに連携して片方がもう一人のためにチャンスメークするという意味もあります。

ワントップではそれができず、二列目がもっと積極的に前へ出てFWにからみつつ、どんどんシュートしなければ機能しません。しかし、パサータイプが多い日本のMFはそれが苦手です。

 というわけで、日本代表はこの大会で、アジアトップクラスであるというのは証明できたと思います。

今後は練習などでしっかり基礎を固めて、自分たちのサッカーをよりレベルの高い相手にもやり通すことができるように常に世界を意識しながら、地に足をつけて着実にレベルアップしていって欲しいと思います。

そうすれば、韓国相手に絶対勝利が欲しいという場面でも互角で終わってしまうのではなく、5割以上の確率で勝ちが望めるような試合ができるようになると思います。

 次回はW杯予選のバーレーン戦です。勝てれば最高ですがどんなに悪くとも引き分けなければなりません。

------------------------------------------

 2008.2.23  重慶・奥林匹克体育中心


     日本  1  -  1  韓国

   
  '68 山瀬          '15 ヨム・ギフン


GK 川口        GK キム・ヨンデ
 
DF 加地        DF チョ・ヨンヒョン
   中澤           カン・ミンス
   内田           カク・テヒ
   今野
             MF イ・ジョンミン
MF 遠藤           チョ・ウォンヒ
   山瀬           キム・ナムイル
  (播戸 87)       (ク・ジャチョル 58)
   鈴木           パク・ウォンジェ
   中村憲          オ・ジャンウン
  (安田 63)
   橋本        FW チョ・ジンス
  (矢野 79)       (イ・グンホ 67)
                ヨム・ギフン
FW 田代



↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索