■川崎はぜんぜん悪くない

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を戦った川崎フロンターレが、Jリーグや日本サッカー協会から、激しく叩かれました。

ACLの過密日程のため、23日の柏戦で、川崎がメンバー8人を入れ替えて”温存”。等々力で行われるACL準々決勝第二戦に、備えさせました。

これに対しJリーグの犬飼専務理事は、川崎の武田社長に対して公衆の面前で怒鳴りつけ、川渕キャプテンも「8人も代えるのはファンをバカにしている」と川崎を痛罵しました。

詳細記事 

 結論から言いますが、川崎フロンターレのいったいどこが問題なんでしょうか?

そして、川渕キャプテンも犬飼専務理事も、勘違いもはなはだしく、いったい何様のつもりなんでしょうか。

 私は川崎のサポではありませんが、9/23日現在で、川崎はリーグ9位。
リーグ優勝はほぼ不可能でしょう。

しかし、ACL優勝の可能性は十分残っていたわけです。

川崎がACLに優勝して世界クラブ選手権に出られるのと、リーグ優勝とACL優勝、そのどちらも逃してしまうのと、どっちが良いかと言われれば、迷うことなくACL優勝のほうが良いと私なら答えます。

もちろんプロのクラブとしても、ACLで優勝できたほうが、知名度アップやファンの増加など、営業面でのプラスが計算できます。

過密日程のなか、ACLにもJリーグにもフルメンバーを出場させて、過労からACL敗退となるよりは、リーグの何試合かで主力を温存してでも、ACLで優勝を狙うのがマリーシアであり戦略というものでしょう。

川崎だってプロのクラブなんですから、何の理由もなくリーグ戦で主力を休ませれば、ファンの怒りを買って収入が減ることぐらい、わかっているでしょう。

それを過保護の教育ママよろしく、Jリーグと協会が、川崎にあれこれ言う必要はありません。

 これは私だけの考えではなくて、世界のプロクラブなら当たり前にやっていることです。

特に南米の強豪クラブになると、国内リーグ戦、コパ・リベルタドーレス、スーペルコッパ・リベルタドーレス(今は無くなりました)を掛け持ちしていて、週に三試合こなさないといけないなんてことは、当たり前にあったわけです。

で、国内リーグ優勝の可能性が低くなったチームは、国内リーグを控えで戦って、リベルタドーレスに戦力を集中してトヨタカップ出場を狙い、ヨーロッパのビッククラブに、自クラブの選手を輸出することをもくろむわけです。

そのお金でクラブを運営しつつ、将来性のある若者に投資するのが、南米のプロクラブです。

ヨーロッパの強豪クラブでも、国内のリーグ・カップ戦に加え、チャンピオンズリーグやUEFAカップを戦うわけですから、どの試合もフルメンバーが組めるというわけではありません。

 こうしたことは、プロなら当たり前の判断であり、川崎がやったことも、何ら非難されることではありません。

こうして見てくると、犬飼専務理事や川渕キャプテンの言動は、とてもプロとは言えないナイーブなもので、アマチュア丸出しの恥ずかしいものです。

犬飼専務理事は川崎の社長を怒鳴りつけた発言を撤回したようですが、撤回すれば良いというものではなくて、そもそも川崎を「ケシカラン」と怒鳴りつけてやろうという発想が、世界のプロサッカー界から見れば常識はずれなのです。

 もしそれでも「リーグもACLもベストメンバーで戦え」というのであれば、はじめからACLの前後一週間にリーグ戦を入れなければ良かったわけで、そういうリーグ戦の日程を組んだJリーグが悪かったわけです。

にもかかわらず川崎を怒鳴りつけるとは何様のつもりなのでしょう。

2006年のW杯も、今年のアジアカップも、直前までJリーグの試合をやっていて、ジーコジャパンが戦術理解を深める時間が取れなかったり、アジアカップ直前の清水戦で、浦和の闘莉王選手がケガをしてアジアカップに出られなかったりしたわけですが、Jリーグと日本サッカー協会の年間スケジュールのつくりかたは、まったく要領が悪いというか、何も考えていないと言わざるを得ません。

W杯やアジアカップがある年は、Jリーグの日程をずらして、代表が好成績を残せるよう配慮するような、要領の良さ、マネージメント能力が彼らにはありません。

それでいて、「オシムになって代表人気が落ちた」などとワケのわからないことを言う...

カズ以降のプロ世代が、協会やJリーグの幹部にならないとダメなのかもしれません。

日本サッカーがアマチュアだったころ現役だったおじいさんたちに、期待する方が無理なのかも。

 日本サッカー界の過密日程は、かなり問題だと思います。

個人的には、罰ゲームと陰口を言われているA3なんて、とっとと廃止すべきだと思いますし、リーグカップもあまり必要性を感じません。

いきすぎたカネもうけ主義で、無意味な大会を乱造するのではなくて、Jリーグ・天皇杯・ACLと、日本代表戦を車の両輪として、しっかりと充実させるべきではないでしょうか。

私は、各クラブに対して、いつもエラソーにふんぞり返ったJリーグや協会の姿勢がどうしても好きになれません。




↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。
人気ブログランキング
  

■コメント

■ [世界一の不動産王]

いつも楽しく拝見させていただいております。 私のブログはまだまだですが頑張っておりますので、気が向いたら覗いてくださいね ランキングクリックしておきました!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索