■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

■日本代表、自分との戦いに負ける

 アジアカップ2007準決勝の日本対サウジアラビア戦は、激しい点の取り合いの末、2-3で日本の悔しい敗戦となりました。

この試合を一言で言えば、「日本代表は、弱気で消極的な自分自身との戦いに負けた」ということにつきると思います。

アジアカップの初戦となったカタール戦から準々決勝のオーストラリア戦まで、ずっと指摘してきた日本代表の課題ですが、ついにその弱点が克服されずに、敗戦へと結びついてしまいました。

カタール戦のエントリー

次に試合内容について分析しますが、リスクをかけなければならないところで怖がってリスクをかけないために攻撃がなかなかうまくいかず、リスクをかけてはいけないところでリスクをかけて守備でピンチを招き、そこからゴールを奪われてみすみす勝ち点2を失ったという試合でした。

そのどちらも、原因は日本人選手の一番の弱点である消極性と自信の無さだとの一言につきます。

日本人選手の一番の弱点が消極性と自信の無さだということは、このブログでも繰り返し述べてきましたし、「消極性と自信の無さ」さえ克服できれば、「日本サッカーがかかえる問題の大半は解消したも同然だ」といっても過言ではないと思います。

(略)

この試合でも、敵陣深くでラストパスやクロスが出せるタイミングなのに、ボールを失うのが怖いのか、安易にバックパスや横パスを選択してしまう、

(略)

”パサー”という役割にこだわりすぎてチャンスメークはするけれども自分から積極的にシュートや得点を狙うことが少ない、オシムがいうポリバレント(多能性・マルチロール能力とも訳せるでしょう)が無いというのは、日本人MFの弱点です。

まず何より「攻守に積極的にプレーすること」を心がけることで、おのずから日本代表に結果はついてくると思います。

サッカーの神様は、消極的で弱気で逃げ腰の選手やチームには、ついイジワルしたくなる性格のようです。



UAE戦のエントリー 

前回指摘した「日本人選手の消極性と自信の無さ」という課題がまだ完全には解決されていません。

オシムの戦術で、すばらしくボールが回っており、中盤での組み立ては大変うまくいっています。ジーコジャパン時代にはあまり無いことでした。

ですが、両サイドを崩して突破して、もう行き止まり、後はクロスを入れるかドリブルでかわすだけという状況でも、ボールを失うことを恐れているのか、まだ無意味なバックパスをしてしまうシーンを見かけます。

何のために速いパスワークで相手を崩したのでしょうか。

(略)

日本が消極的に、サイドを突破してはバックパス、サイドチェンジして反対サイドを突破してはバックパス、迷って迷って最後に中央で最悪のミスパスなんてことをやっているうちに、カウンターから失点をくらってしまいました。



ベトナム戦のエントリー

攻撃面で欲を言えば、もうちょっと積極的にアーリークロスを使っても良いのでは?というのはあります。

日本のクロスは圧倒的にふわっとした山なりのボールが多いのですが、守備範囲の広い、すぐれたGK相手だとすぐキャッチされて、なかなか通用しません。

クロスはGKが出られそうで出られない場所へ入れるのが、まず第一です。

無理してサイドをえぐらずに、充分な体勢から強くて速く曲がるアーリークロスを正確に、ペナルティ・スポットを中心に左右・数mの範囲に入れ、そこへ走りこんでヘッドを狙うという攻撃はオーソドックスながら、ひいた相手に非常に有効です。

攻撃で課題があるとすれば、相手のセンターバックの前、ボランチの後ろのスペースをなかなか使えないということでしょう。

(日本がW杯でオーストラリアにやられた時、ここを使われたのを覚えているでしょうか)

ベトナムがかなりひいていたので、バックラインの裏にはスペースがあまりありませんでした。

そういうときに、逆に相手のセンターバックの前を、FWあるいは二列目、オーバーラップしたボランチが使って、そこへボールが入る瞬間に第三の動きがからめば、大きな得点チャンスとなります。



オーストラリア戦・傾向と対策

もちろんパスで崩したら、積極的にシュートやクロス・スルーパスを入れて、得点を狙わなくては意味がありません。

「ボールを回すためにボールを回すサッカー」では、百本パスがつながってもそれだけでは一点にもなりませんし、試合にも勝てません。



オーストラリア戦のエントリー

攻撃で課題があるとすれば、相手が一人少なくなっていた45分間も含めて、 押しているにもかかわらず、試合を決めるゴールが上げられなかったことです。

グループリーグ三試合で何度も見られたシーンですが、日本が相手を押し込むのですが、そこから攻撃がつまってしまい、なかなかシュートまでいけません。

トルシエも同じようなことを言っていたと思いますが、監督がチームにしてやれるのは、良い戦術を与えて、ボールを相手ゴールから25mのところまで持っていけるようにすることまでです。

そこから先は、選手・個人個人のアイデア、ファンタジーが問われるエリアであって、監督が、ピッチ上の選手の代わりにラストパスを出してやったり、フリースペースに走りこんだり、シュートを打ってやるわけにはいきません。

日本は、オーストラリアのような強敵相手でも、素晴らしい組織戦術で相手ゴールから25mのところまでボールを持っていけるようになりました。

そこから試合を決める得点をどうやってゲットするかが、今後の課題です。

ある程度予想していましたが、この試合、日本がボールを支配する時間が長かった割にはシュートが少なかったと思います。

当たり前のことですが、シュートしなければ得点することはできません。

日本の選手がペナルティエリア(PN)に侵入した場面が何度かありましたが、 自分の前にGKしかいなくても、積極的にシュートを打つよりも、パスを選択してしまう場面が多いです。

(略)

シュートにしろ、クロスにしろ、日本の選手がためらってしまう理由は、「今はバックパスした方が、後でもっと良いチャンスが来るのではないか?」と考えるからではないかと思うのですが、「サッカーにおいて、時間は常に守備の味方」という格言があります。その可能性は低いでしょう。

時間をかければかけるほど、戻ってくる相手の選手の数は増えますし、ポジショニングやマークのズレを修正されてしまいます。

シュートやクロスは、打てる時こそ最高のチャンスと考えて、相手が準備できていないと見たら、積極的に打って出るべきです。




 サウジ戦の日本代表も非常に消極的で、相手を押し込んでボールは回すのですが、どんなに回してもなかなかシュートを打とうとしません。

シュートを打たなければ相手はぜんぜん怖くありませんし、「強豪と言われる日本だが、思ったより怖くないじゃないか。自分たちはやれる」と相手チームに変な自信をつけさせてしまったように思います。

そして前半35分、セットプレーのこぼれダマからシュートを食らい先制点を奪われました。こういう時、得てして弱気のチームではなく気持ちが攻めに出ている方へボールがこぼれるものです。

これはベトナム戦・オーストラリア戦での失点と似た展開でした。

あの時も、日本代表が慎重になりすぎてボールを持ちすぎたことで攻撃の流れが悪くなり、相手に押し込まれてCKを与えたのでした。

サウジはまた、加地選手や駒野選手のようなフィジカルのあまり強くない選手についている味方の頭を狙ってクロスを合わせてきていたように思います。

日本代表は先制され追いつめられたことで、ようやくゴールへの積極性が出てきます。

37分、遠藤選手のCKを中澤選手が気迫のヘッドですぐさま同点に追いつきます。

しかし、同点に追いついてしばらくたつと、いつもの消極的な日本代表へと戻ってしまいます。

 後半は、サウジがいきなり積極的に攻撃に出てきます。

2分、右サイドを突破してきたサウジはクロスをゴール前へ。
これがゴール前のマレクの頭にピタリとあって、サウジが突き放します。

失点してから闘争心のエンジンがようやくかかる日本は、8分、遠藤のCKを高原がつなぎ、最後は阿部選手が捨て身のバイシクルシュート!

これが決まって再度・同点に追いつきますが、日本が後手後手にまわっている印象が否めません。

それに闘争心をもってファイトしているのは、中澤や阿部といった守備の選手ばかりで、前の選手、中村俊・遠藤・中村憲が積極的にミドルシュートを狙うようなシーンはここまでほとんどありません。

ゴール前でも弱気なパス・パス・パスです。

中盤でも、前へダイレクトパスが出せるタイミングなのにバックパスを選択し、そのたびにサウジの選手が4~5人戻ってしまうシーンの連続でした。

同点もつかの間の12分、カウンターから左サイドを突破したマレクのシュートが決まって3-2。

追いつめられないとゴールへの積極性が出ない日本は、ここから反撃に出ますが、まだシュートより消極的なバックパス・ヨコパスが多く、相手ゴールを脅かすことができませんでした。

そして流れはサウジへ。

試合終了間際に、日本はロングの放り込みによるパワープレーで起死回生をはかりますが、日本よりフィジカルに勝るサウジ相手では確率の低い攻撃でした。

この時間帯になってようやくMF陣からミドルシュートが出るようになりますが、劣勢の中、焦りもあるのでしょう、なかなか精度の高いシュートとはなりませんでした。

そしてタイムアップ。 いつも後手後手にまわった日本代表は自分の力を出しきれなかった、悔しい敗戦となりました。

 相手のサウジですが、フィジカル・テクニックで日本より上回る選手はいましたが、組織戦術はそれほど高いとは思えませんでした。中盤のプレス守備は良かったと思いますが。

それは負けた日本のほうが、ボールを回し、相手を押し込んでいたことからもわかります。日本は、素晴らしい組織戦術で相手ゴールから25mのところまでボールを何度も持っていけていました。

ところが常に相手にリードを許し、リードされ追いつめられてからようやく日本側にゴールを狙う姿勢が出るという、後手後手の展開になってしまいました。

それがこの試合の敗因でした。

人間、不利な状況・困難な状況に追い込まれると、普段できていることさえなかなかできなくなります。 酷暑の中、先制して守るよりも、追いつくほうがエネルギーを必要とします。

日本はそういう状況に自らを追い込んでしまったのでした。

逆にサウジの方が、ゴールへの積極性・勝利への気迫・闘争心で日本に勝っていました。 その点は見事だったと思いますし、常に日本から先手を取り、リードしたことが勝因でした。

 それではなぜ日本代表は、後手後手になってしまったのか、言いかえれば、同点の段階からどうして相手をリードする点を奪えなかったのか、なぜ同点の状態で相手ゴールから25mのラインのその先で攻撃が機能しなかったのかですが、

何度も繰り返していますからもうお分かりでしょう。どういう理由であれ日本代表が「シュートをして勝負する」ということから逃げたからです。

シュートチャンスが無かったからではなく、自分がシュートを打たないことでシュートチャンスをつぶしていたということに尽きます。

結果、「ボールを回すためにボールを回すサッカー」になってしまいました。 百本パスがつながってもそれだけでは一点にもなりませんし、試合にも勝てません。

イングランド・サッカー協会の指導育成ディレクターだったチャールズ・ヒューズ氏は、「得点チャンスの三回に一回は、シュートをしないことによって失われる」と言っています。

 オーストラリア戦のエントリーでも言いましたが、シュートにしろクロスにしろ、日本の選手がためらってしまう理由は、「今はバックパスした方が、後でもっと良いチャンスが来るのではないか?」と考えるからではないかと思うのですが、

「サッカーにおいて、時間は常に守備の味方」であって、時間をかければかけるほど、戻ってくる相手の選手の数は増え、ポジショニングやマークのズレを修正されて、シュートやクロスのチャンスがどんどん失われていくのです。

時間をかけて今よりもっと確率の高いチャンスをつくるには、もっと高レベルの動きが必要とされるのです。

日本はサッカーの基礎・サッカーの定石に逆らって、「今はバックパスした方が、後でもっと良いチャンスが来るのではないか?」という消極的なプレーをしてしまったがゆえに、サッカーの女神から嫌われてしまいました。

つまり「日本代表は、弱気で消極的な自分自身との戦いに負けた」ということです。

こういったことは、口で言ってもなかなか理解しづらいですが、こうして自分自身で経験してみてやっと理解できることなのかもしれません。

 もしかしたら、シュートにチャレンジしても、外してしまえば「マスコミやファンから批判されるのではないか」と内心考えた選手がいたのかもしれません。

でも、ゴールを奪おうとする積極的な気持ちが入った、精一杯のシュートであれば、私は、たとえ外れてもシュートにチャレンジした選手を誉めます。

プレミアリーグを見ていても、積極的にシュートを打った選手には、たとえ外れても必ずと言って良いほど観客から拍手が起こります。

逆に、外れたからと言って積極的にシュートを打った選手を批判する人は、それは何のための批判なのか、よく考えるべきだと思います。

チームをよくするために何かを言うならば、シュートを打った人を誉めるべきでしょう。

以前あったように、選手に水をかけるとかは最低の行為です。それで日本のゴールが増えるとは思えません。

 チーム全体として消極性が目立った日本代表でしたが、中澤・阿部の両選手の積極性・闘争心は非常に評価できます。

試合後も、中澤は心の底から悔しがっていたように見えました。

逆に、2トップはもちろんなのですが、攻撃を任されている中村俊・遠藤・中村憲の3選手には特に、肉食獣のような闘争心とゴールへの積極性を見せて欲しいです。

そうでなければ日本の背番号10は任せられません。

高いテクニックを持つ中盤の3選手が、中澤選手や闘莉王選手のような闘争心・ゴールへの貪欲さを持つことができれば、私はもっともっと高いレベルのプレーヤーになれると思います。

勇気を持って自分のカラを破って欲しいです。

 最後に一点だけ守備に触れておきます。

マレクの突破を許し決勝点を奪われたシーンですが、阿部と中澤がマレクのドリブルに応対に行った時、マレクのフェイントで1度に2人とも左へ振られ、シュートを許してしまいました。

そういった場合は、まず阿部がマレクに応対し、中澤が阿部の数mうしろにポジショニングします。

それを確認してから、阿部がマレクにプレスをかけ、最悪抜かれても良いので相手のバランスを崩させ、中澤はそれまで動かずに、後ろからマレクが阿部の左右どちらへドリブル突破をしかけるかを見極め、

いざマレクが阿部を抜きに掛かってバランスを崩し、ボールを体から離した瞬間に、中澤がカバーしてボールを奪うようにすると、相手が個人技に優れた選手でも突破を防ぐことができると思います。

こうした組織的守備戦術はチーム全員ができるよう練習しておかなければなりません。

  相手ゴールから25mのエリアまでボールを持って押し込むが、それがゴールへ結びつかない、そのエリアで積極的なシュートを避けてしまう、弱気で消極的な自分自身との戦いに勝てないからゴールへ結びつかないという弱点が、この試合でハッキリと露呈しました。

こうしたことは、いざ経験してみないとなかなかわからないものです。

日本がW杯のアジア予選を突破し、2010年大会で勝ちぬいて行くには、この課題の解決は避けて通れないと思います。

コンソレーション・ファイナル(なぐさめの決勝戦)と呼ばれる3位決定戦は、モチベーションの維持が難しいと言われますが、ゴール前でのシュートから逃げない、弱気で消極的な自分自身との戦いに勝つという課題を、日本代表はこの大会の内に克服して欲しいと思います。

今の悔しさをバネにすれば、克服できるはずです。

 それから、ホスト国として約3週間もの間、温かく日本代表を迎えてくださったベトナム国民とハノイ市民の皆さんに心から感謝いたします。

Cam o'n. Vietnam. The perfect host country.


--------------------------------------
 
 2007.7.25 ミーディン・スタジアム(ハノイ)


  日本  2  -  3  サウジアラビア

  ’37 中澤        ’35 ヤセル
  ’53 阿部        ’47 マレク
               ’57 マレク
 

 GK 川口       GK アル・ムサイレム

 DF 中澤       DF オサマ
   加地         K・アルムーサ
   駒野         アル・バハリ
              アブドゥラブ
 MF 阿部        (タカル 79)
   遠藤                  
  (羽生 75)    MF ハリリ
   中村憲       (オマル 87)
  (矢野 82)      アジズ
   鈴木         タイセール
   中村俊        アル・カフタニ
             (A・アルムーサ 61)
 FW 高原
   巻        FW マレク
  (佐藤 68)      ヤセル  


 

↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。