■オーストラリア戦・傾向と対策

 アジアカップ準々決勝の対オーストラリア戦が間近になってきました。

今日は、W杯ドイツ大会のオーストラリア戦を振り返りながら、その傾向と対策を考えてみたいと思います。

W杯のときのエントリーはこちら。 あの時の悔しさが今でもこみあげてきます。 

 それではまず、昨年のW杯オーストラリア戦の敗因はどこにあったのか、という問題ですが、まずジーコジャパンは、ふだんから戦術の意識づけということをやっていなかったということが一点です。

W杯のようなプレッシャーのかかる厳しい戦いの場では、いつものリラックスした気持ちで普段通りのプレーをさせてもらえるほど甘いものではありません。

だからこそ普段から反復練習をしておくわけですが、ジーコ監督は「選手の自主性に任せる。個の自由を尊重する」として、選手に戦術を意識づける反復練習をほとんどやっていませんでした。

また、選手起用が保守的で、チーム内で厳しいレギュラー争いが無いために、
選手の闘争心や積極性のレベルが低く、メンタル的に弱かったというのが敗因の二点目です。

 そのことが試合で実際にどういった形で出たかと言うと、

日本サッカーの持ち味というのは、能力の高いMFを中心にすばやくショートパスを回して相手を崩すスタイルであり、それはこの前のU-20代表の成功でも再確認できたと思います。

しかしW杯のオーストラリア戦では、冷静さを失ったせいなのか勝負を恐れたのか、自分たちのサッカーがあの大事な瞬間にすべてブッ飛んでしまって、浮き球のロングボールの放り込みによる単純な攻撃を多用したものになってしまいました。

ロングボールによる放り込みサッカーは、むしろ身長が高くフィジカルの強いオーストラリアが得意とするスタイルで、日本が得意とする攻めのパターンではありません。

場合によってはロングボールの攻撃も必要ですが、それが多すぎるというか、ほとんどそればっかりになってしまいました。

あの試合、日本代表はボール保持者とロングに走りこむ二人ぐらいしかサッカーをしていなかったように思います。残りはボール・ウオッチャーです。

当然、攻撃が機能せず、ヤケクソのようなドリブル突破で局面打開をはかりましたが、フィジカルでまさるオーストラリアのプレスディフェンスによって阻止されました。

あの試合は最初から最後まで、日本より攻守で組織力に勝るオーストラリアに、ほぼ試合の主導権を握られてしまいました。

 ですが、サッカーというのは面白いもので、押されている日本の方に先制点が転がり込んできます。

といっても、日本の攻撃が良くなったわけではなくて、中村俊選手のクロスの対応を誤った相手GKのミスというか、事故のような得点でした。

その後も勝っているとはいえ、オーストラリアの攻撃を川口選手のファインセーブや中澤選手を中心としたDF陣で何とかしのいでいるといった、アップアップの状態。

ゲームを見ていて、「日本は押されるばかりでまったく攻撃が機能しないので、このままオーストラリアに失点を許さなければ1-0で日本の勝利。しかし、1点でも取られたらドローではすまない可能性が高い。オーストラリアの逆転もありうる」とヒヤヒヤしていました。

ロスタイムまで4分という段階で、日本は身長の高さと強いフィジカルを生かしたオーストラリアの攻撃に耐えきれず、失点してしまいます。

まだ負けたわけではなかったですし、最悪ドローでもクロアチア戦以降に希望が残ったはずですが、この瞬間、ピッチ上の日本代表選手たちがガックリと下を向き、「もう一点取り返してやる」とか「最悪ドローで終わらせる」といった闘争心どころか、もう1-2で負けたような顔をしていました。

メンタル面も完敗でした。

(U-20代表もそうでしたが、日本のチームは、最後の最後まで1点を守りきるというのは苦手のようです。 イタリアのチームあたりだと、アウェーは0-0で守りきって、ホームで1-0で勝ち抜けみたいなのは得意のようですが)

そして現実に、カーヒルとアロイージに立て続けに失点を食らい、この大量失点負けによって、日本の希望は事実上うちくだかれたと言えるでしょう。

結局、日本が自分たちのサッカーを取り戻したのが、最後のブラジル戦でしたが、もう時すでに遅しでした。

 それでは、日本代表がどうオーストラリア戦を戦えば良いのかですが、やはり自分たちのサッカーをやるということでしょう。

身長が高くフィジカルの強いオーストラリアが得意なサッカーをするのではなくて、能力の高いMFを中心に組織的にすばやくショートパスを回して相手を崩す日本の持ち味を生かしたサッカー、相手に走り負けないサッカーをやるのです。

オシム監督が言う「ボールは汗をかかない」というやつです。

もちろんパスで崩したら、積極的にシュートやクロス・スルーパスを入れて、得点を狙わなくては意味がありません。

「ボールを回すためにボールを回すサッカー」では、百本パスがつながってもそれだけでは一点にもなりませんし、試合にも勝てません。

フィフティ・フィフティの浮きダマやこぼれダマも積極的に競りにいって、マイボールにしなくてはいけません。

今度のオーストラリアとの準々決勝は、「暑くて動きたくないや。このボールは俺の責任じゃないよね」と考えて、ボール・ウオッチャーになった選手が多い方が負けになると思います。

日本の持ち味を生かしたパスサッカー、走り勝つサッカーで、ぜひリベンジを果たして欲しいと思います。




↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。




  

■コメント

■Re;オーストラリア戦・傾向と対策 [トスカルティコ]

本文のとおりだと思いますが、ただ1つ、やはり相当蒸し暑い気候条件の中で90分間走り続けるというのは無理ですから、ボールを保持し・まわして相手を疲れさせる中で、ここぞ!というときに走って、美しく得点して欲しいです。何はともあれ、今回こそにっくき(?)オーストラリアを叩きのめさないと気がすみませんからね!(笑)
僕達は頑張って応援しましょう!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索