■日本代表、イエメンに”苦勝”

 昨日、アジアカップ予選のイエメン戦が新潟で行われ、日本は2-0で”苦勝”しました。

対戦相手のイエメンはデータが少ないのですが、国内リーグでプレーする選手が中心で、わずか数人がバーレーンなど湾岸諸国のリーグでプレーしているようです。

ここ数年のイエメンの試合結果から、日本が4・5点差つけて勝つぐらいの実力差があると見ていましたが、実際の試合展開は、アウェーで引き分け狙いでベタ引きのイエメンに対して日本は有効な攻撃を加えることが出来ず、かなり苦戦しました。

 力の劣るチームが格上のチームに対して自陣深くにベッタリ引く利点は、危険なスペースを埋めて失点の可能性を少なくできるからです。

たとえ能力の低い選手であっても、ただ引くことによってスペースを埋められるために、守備能力の高い選手が猛烈なプレス・ディフェンスをかけてスペースを消したのと同じような効果があるから、得点チャンスが少なくなっても引くわけです。

逆に短所もあります。

それは、DFの最終ラインを自軍ゴールに近づけて守るために、たった一回のマークのズレが致命傷となり、最終ラインに入った敵のFWのヘディング一発でやられる可能性が高まるということが一点。

二点目は、自陣深くまで引いているために、敵のクロスを上げる選手からゴール前までの距離が短くなり、正確なクロスを許してしまいやすいということです。

 ですから、ベタ引きのチームを攻略するには、猛烈なプレス・ディフェンスをかけられてスペースが無い状況を打開するような攻撃をすること、つまり、ショートパスをオートマチックにどんどん回して、相手のプレスがかからないようにし、

正確なクロスを数多く、敵のDF最終ラインにまぎれこんだ味方のFWに供給して敵をヘディング一発で仕留めることが、定石となります。


一点とってしまえば、相手のモチベーションが下がったり、点を取るためにラインを押し上げたりしてスペースが出来、追加点が取りやすくなります。

以上のことは、これまでの記事でさんざん言ってきましたね。

 ところが昨夜の日本代表は、これとは逆のことをやってしまいました。

日本代表のほとんどの選手が、決定的に頭の回転とプレーのスピードが遅く、ボールの持ちすぎで、イエメンの守備を助けていました。

特に二列目に入った三都主・遠藤の両選手とサイドの加地・駒野の両選手がボールをこねくり回して、

ボールを受けてから次にどうするか考え、ボールを受けてから考えといった風に、試合時間が3~4時間ぐらいあるような勢いで、のんびりとプレーしていたために、ただただイエメンに守備隊形を整える時間を与えるだけでした。

結局、考え抜いたあげくに出したパスがミスとなって相手に渡るか、スペースが無いのに強引にドリブルして、相手にボールを奪われるかのどちらか。

遠藤や加地といったジーコジャパン時代の選手が戻ってきたからというわけではないのでしょうけれど、三都主はトリニダード戦とは別人のようなプレーぶり。

前回のエントリーで、

>前の試合では、前半の30分までしか続かなかったオシム的組織サッカーを、どれくらい長くできるかに特に注目してゲームを見ようと思っています。

と言いましたが、まるでジーコジャパン時代に逆戻りしたように、とうとうオシム的組織サッカーはこのイエメン戦で1分間も見ることが出来ませんでした。

いくら「考えて走るサッカー」と言っても、オシム監督はボールをもらってから次のプレーを考えろとは言っていないはずです。

局面局面で次の展開を読んで、ボールを受ける前に次のプレーがイメージできていないといけないと思います。

 さらに、先ほど言ったように、ベタ引きの相手に対しては正確なクロスからのヘディングが重要な武器なのですが、CK・FKもあわせて二十本以上、ゴール前にボールが入ったと思いますが、ほとんど決まりませんでした。

その原因の第一はクロスの質が悪すぎたこと。

ゴール前へ入れるボールのほとんどを三都主が蹴っていたのですが、彼はゴールエリアの中に落ちるようなボールばかり蹴っていました。 (中村俊輔選手も同じ傾向あり)

これでは相手GKに近すぎて、ほとんどキャッチされてしまいます。 試合のビデオを見てください。ほとんど敵GKにキャッチされていますから。

別に日本人選手のヘディングシュートが1mぐらいしか飛ばないというわけではないのですから、なぜそんなにゴール近くばかりにこだわるのでしょう?

何度も敵GKにキャッチされるようなら頭を使って、ゴールエリアから1~2mぐらい離れた、GKが出られそうで出られない微妙なところにボールを落とすべきです。

実際、阿部選手の先制ゴールシーンは、三都主のキックがはじめてその場所に落ちたことによって敵GKが出られず、阿部選手がフリーでヘッド出来たことによって生まれました。

二点目の佐藤寿人選手のゴールシーンでは、ボールを落とすところがやっぱり近すぎたのですが、失点して動揺したのか敵GKが前へ出る勇気を失っていたために、生まれたゴールでした。

たぶん三都主は、どこにボールを落とせばゴールの確率が高くなるのか、どうすれば失敗するのか原因がわかっていないと思います。

三都主だけでなく加地や駒野といったサイドの選手が流れの中から入れるクロスもその多くが、味方が誰もいないところに漠然と放り込むだけでしたし、これでは、何本ゴール前にボールが入っても得点できません。 ヘッドをする味方がいないのですから。

三都主ばかり取り上げてファンには申し訳ないですが、この試合の彼はプレー中の判断が本当に最悪でした。

日本が先制点をのどから手が出るほど欲しい状況での前半ロスタイムのCKで、ホイッスルまで数秒だというのに、わざわざ三都主はショートコーナーにして、シュートすることなく前半終了。

オシム監督が頭を使えというのは、こういう状況でショートコーナーにはしないということだと思うのですが。

 あとは、ヘディングする選手のやり方もあまり良いとは言えません。

図で説明しないとわかりにくいと思いますが、ゴール前へ入ってくるボールの軌道に対して、直角に走りこんでで合わせてヘディングするのではなく、

いったんボールの入ってくる方向とは逆(ファーサイド)へ走って、そこからボールの軌道に対して平行に走りこんで、で合わせてヘディングした方が合わせやすいですし、

最初から全速力で走りこむのではなくて、走りこむタイミングをやや遅らせて、そこから徐々にスピードを上げて最後に全速力で飛び込んでヘディングした方が、相手のマークを振り切りやすくなりますし、ヘッドの威力も増します。

こうしたことは、ヘディングシュートの基本だと思いますが、なかなか基本に忠実に出来ている選手は日本には少ないような気がします。

 パスをどう回すかにしろ、クロスをどこへ落とすかにしろ、どうやってヘディングシュートをするかにしろ、基本を守らないチームをサッカーの神様は勝たせてくれません。

2-0で勝ち点3が取れたことだけが収穫の試合でしたが、試合内容は良いとは言えませんでした。

次の試合は9月3日、アウェーでのサウジアラビア戦。

イエメンとはくらべものにならない強い相手との厳しい条件での試合となりますが、今回の試合を教訓として次の試合こそは結果も内容も素晴らしいゲームとしてほしいです。


-----------------------------------

      2006.8.16   新潟ビッグスワン


   日本 2  -  0  イエメン

  阿部  '70
  佐藤寿 '90+


 GK 川口     GK サイード

 DF 坪井     DF サレム
    加地        アルワディ
    闘莉王       アルコル
    駒野        ムナッサル
   (羽生 46)     アブドゥラ

 MF 三都主    MF アルオムキ
    遠藤       (ヤハヤ 76)
   (佐藤勇 71)    アルワ
    鈴木        アルウォラフィ
    阿部       (アリシェリ 81)

 FW 巻      FW アルフバイシ
    田中達      (アルマング 62)
   (佐藤寿 89)    アルノノ




↑管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください。


  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索