■オシム監督が川淵会長をたしなめる

日本代表のオシム新監督は、日本サッカー協会会長の川淵氏と対談し、「意味のない試合はやらない」として、代表の親善マッチを削減してでも合宿に時間をとり、”オシム・サッカー”を代表選手たちに着実に浸透させる方針を表明しました。

引用記事 

引用記事 

 以前にも述べましたが、管理人スパルタクはW杯ドイツ大会前の代表強化スケジュールに大変不満でした。

海外組と国内組がすべて顔をそろえて合宿がはれたのはW杯の本番直前で、海外組と国内組がそろったテストマッチも、やはりW杯直前のドイツ戦とマルタ戦のたった二試合だけ。
 
ジーコが4年間、自由放任主義でやってきたので、どう考えてもチーム内の意志統一や戦術の共通理解を深める時間が足りないと思ったからです。

そこでJリーグの日程を動かし、例年5月に国内で行われているキリンカップを海外組が参加しやすいように欧州でやって、5月欧州合宿→欧州でテストマッチ数試合、その後いったん解散→W杯直前合宿→最終調整マッチ→W杯ドイツ大会本番という流れを提案したのですが、そうはなりませんでした。

協会にとって国内でやる親善マッチはドル箱という事情があるのでしょうが、(確か一試合で一億もうかるとか。本当かどうか知りませんが)キリンカップは国内開催で、海外組がそろわない状態で試合をやって、ブルガリアやスコットランドの1.5軍相手に一分一敗。果たして意味のある試合だったのでしょうか?

J1も五月のはじめまでやっていましたし、日本サッカー界が一致団結してW杯ドイツ大会に挑む代表をバックアップしていたとは、言えない状況でした。

ジーコ前監督の強化方針が日本代表にとって不適切だったことに加え、協会やJリーグ機構を含めた日本サッカー界全体がドイツW杯をナメていたのではないでしょうか。

「いや、普段のJリーグの方が大切だ」という方もいらっしゃるでしょうが、私は4年に1度のW杯の時くらい、Jリーグの日程を臨機応変にずらして、日本サッカー界全体がW杯に向けて総力を結集するような要領のよさ(つまりマリーシア)が必要だと思います。

バカ正直に毎年同じような日程を組む必要はないでしょう。

JリーグとW杯は全然関係ない存在ではなくて、Jリーグの繁栄が日本代表を強化し、日本代表のW杯での成功がJリーグの繁栄にフィードバックされるわけですから。

それに残念ながら現在のところJリーグは、セリエAやリーガエスパニョーラのような世界最高峰リーグとは言えません。 

Jリーグだけに日本代表の強化を頼るのは自ずから限界があると思いますし、なるべく多くの日本人選手をレベルの高い欧州リーグに輸出する必要があります。そのためにはW杯での結果が必要なのです。

川淵会長はご自分がつくったJリーグに所属する国内組の力を過信しすぎていたようですが。

 オシム監督の発言を聞く限り、選手に投げっぱなしの自由放任ということは無いのでしょうし、クラブチームと違って代表は、練習や合宿によってチーム内の意志統一や戦術の共通理解を深める時間が圧倒的に足りないということを十二分に理解なさっているようです。

ですからジーコ時代のようなことにはならないとは思いますが、協会もJリーグ機構もカネ儲け最優先・利権最優先のスケジュールを組むようなことが無いようにしてもらいたいものです。

 また、オシム監督は川淵会長に「W杯でオーストラリアに負けた時『ショック』という言葉を会長が使うべきではなかった」と言ったそうです。

私も激しく同意です。

川淵会長は自分の感情がコントロールできず、頭に浮かんだことをすぐ口にしたり、ショックなことがあるとすぐに泣いたりするのですが、そういったことは組織のトップとして最悪の行いです。

組織のトップは、すぐに「ショックだ」とか言ったり泣いたりして動揺をあらわにし、部下に不安を与えてはなりません。

こんなことは”帝王学”の初歩の初歩でしょう。

しかし、サッカー協会内部では川淵会長のイエスマンばかりなのでしょうから、会長をたしなめられるのがオシム監督ぐらいしかいないというのが、全く情けないですね。

 最後に横浜Mの中澤選手が代表からの引退を示唆しましたが、本当に驚きです。 彼がいなくなると、代表のディフェンス能力が大幅に低下しそうです。

どういったことが代表引退の理由なのかわかりませんが、オシムジャパン発足で、代表内部の雰囲気もがらっと変わるでしょうし、中澤選手が、もしこれまでの代表チームに失望したのなら、是非もう一度考え直してほしいです。

まだまだ、代表チームに中澤選手の力が必要だと思います。




↑管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください。

関連記事・日本代表、ボスニアに辛くもドロー

関連記事・川淵三郎会長の罪と罰(その3)

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索