■ジーコ監督の4年間は何だったのか?(その2)

前回のつづき

「選手たちが自分たちで自由に考えて、世界に通用する日本のサッカーを生み出す」というジーコの打ち出したサッカーはもろくも敗れ去りました。

するとジーコは突然「選手はプロじゃなかった。」と選手批判を始めましたが、プロ精神を持っているのかいないのかも含めて選手の力量を早いうちから見極め、現実に応じた強化戦略をたてるのが代表監督というものです。

ジーコの選手批判は全くフェアーではありません。

それに日本代表にプロ精神の欠けた甘ったれたムードが流れていたのだとすればそれも含めて監督の責任だと思います。 つまりジーコ監督のチームマネジメント能力の欠如です。

 私はジーコジャパン発足当時から、日本代表に”ぬるま湯体質”というか単なる仲良しクラブというか、だらーっとしたものを感じていました。

その原因は、”年功序列制度”と”縁故採用”に基づくメンバー選考の固定化にあったと思います。

 どの監督にも、その評価に周囲が首をかしげたくなるような”監督だけのお気に入り”の選手はいると思います。 しかしジーコの場合はそれが多すぎました。

まず第一に欧州でプレーしているという実績をつくった選手のための”海外組ワク”が日本代表に設定され、優先的に召集・レギュラー化されました。

その後、海外組の体調不良で徐々に国内組の選手が使われるようになると、どれだけ代表に呼ばれ、どれだけ試合に出たかという前例が重視されるようになります。

これが”年功序列制度”です。

また、かつてジーコがじかに指導した選手たちで構成される”鹿島ワク”がつくられて、優先的に代表に呼ばれました。

これが”縁故採用”です。

もちろん、これら優先ワクを与えられた選手に代表にふさわしい能力が全く無かったといっているわけではありませんが、本来プロである日本代表の選手は、実力のある者が、実力が同じなら調子の良い者から召集される実力主義であるべきです。

しかしジーコは選手を、実力主義ではなくて”海外組””鹿島出身”といったブランドで判断し、年功序列と縁故採用にもとづいて代表に召集し、優先的にレギュラーとしました。

 こうなると、監督によってポジションを保証されているレギュラー組は、ポジションを控え組に奪われる心配があまりないので、試合や練習への緊張感を少しづつ失い、プロのサッカー選手として求められる努力も熱心ではなくなります。

一方サブ組は、レギュラー組の選手が故障か、所属クラブが代表召集を拒否でもしないかぎり、どんなにがんばってもレギュラーポジションは望めません。

サブ組が、どんなにがんばってもレギュラーになれない、海外組なり鹿島組なりが戻ってくればレギュラーポジションは奪われるのでは、試合や練習で努力してレギュラーポジションを奪ってやろうというモチベーションが低くなります。

いわゆる”くさった”状態になってしまいます。

 チームがこういう状態になってしまったら、監督が口で何を言ってもダメで、選手たちに毅然とした態度をみせなければなりません。

どうすれば監督の毅然とした態度を選手にわからせることができるかというと、一番効果があるのは人事です。

試合も練習も、ちんたらやっていて実力を証明することができない選手は、容赦なくレギュラーから外す、サブ組ならその選手を代表メンバーから外して他の新しい選手を呼ぶ、といったようなことをしなければ、監督の真剣さが選手に伝わりません。

しかしジーコはそういった実力主義による人事という手段をとらず、”年功序列制度”と”縁故採用”に基づくメンバー選考をやめようとはしませんでした。

ですから、ジーコが選手たちにいくら「プロ精神が足りない」とカミナリを落とし、中田英選手が他の選手の態度を批判しても、ジーコジャパンの”ぬるま湯体質”は一向に改善しませんでした。

たとえは悪いですが、カリスマ性をもつワンマン社長が、学校を卒業したての何の社会人経験もない自分の息子を縁故採用で副社長にすえて、その社長が引退して会長になると、息子がそのまま社長になって会社をしきり、それまで会社のためにがんばってきた専務や常務・部長たちはしらけてやる気をなくす、そのために会社の雰囲気も悪くなって業績が悪くなり、倒産の危機を迎える、

これがジーコジャパンだったのではないでしょうか。

 実際、ジーコジャパンは4年前から試合内容がずっと低調でした。

2004年のアジアカップは、グループリーグからお寒い内容で、決勝トーナメントでもヨルダンやバーレーンといったあたりとヒヤヒヤの試合の連続で互角の勝負を展開。

私は一年以上前に「2004年アジアカップ出場国で、W杯で決勝トーナメントに進出できるレベルのチームはなかった」といいました。

日本のアジアカップ優勝を評価して、川淵会長は「国内組が成長した」と大はしゃぎで、ジーコも「このチームはどんな困難でも乗り越えられる」といっていたと記憶していますが、日本も含めて2006年W杯でアジア勢はグループリーグで全滅となりました。

ジーコも川淵会長も認識がまったく甘いと言わざるを得ません。

その後のワールドカップ・アジア予選でも、日本代表はアウェーのバーレーン戦以外はパッとしない内容でした。

キリンカップなど国内でのテストマッチでもよく負けましたね。

唯一がんばったのは、強豪国とのアウェーでのテストマッチ。
昨年のコンフェデでブラジルと引き分け、ギリシャに勝利したのをはじめ、ドイツ・イングランドなどと引き分けるなど健闘を見せましたが、その力を大事なW杯本番で発揮することはできませんでした。

 先ほどリンクした一年前の記事で、私はこう言いました。

日本サッカー協会は「次回W杯は2002年以上の成績、ベスト8以上が目標」などと言っていたはずですが、今のままのレベルでは日本も2006年ドイツ大会でのグループリーグ突破はかなり厳しいと言わざるを得ません。

本気で前回以上の成績をドイツ大会の目標とするなら、北朝鮮戦や今回のイラン戦のようなクオリティの試合をやって苦戦して「アジアもレベルアップしているから」なんて言い訳をしても、何の意味も無いということを忘れてはならないでしょう。

その意味で言えば、「予選は2位以内に入れば良いんだ」と言っているジーコや”国内組”の選手達が満足しているサッカーのレベルというのは低すぎるのではないかと考えてしまいます。

学校のテストにたとえるなら、”アジア組”で70点とってクラスのトップになったから「俺だってやれる!」とどんなに自信を持っても、最低でも90点とることが必要とされる”W杯ベスト8組”という選抜クラスには入れてもらえないのです。

そして普段70点台しかとったことの無い生徒が、いきなり本番の選抜試験で90点以上とれるのでしょうか?

そう考えてみれば、普段から質の高いサッカーをめざし、アジア予選で高い実力を証明して、本物の自信を積み上げて行くという作業が必要なのではないでしょうか。




 ぬるま湯体質のジーコジャパンでは、特に国内組の選手たちが試合で見せるサッカーのレベルの低さ、彼らが満足しているサッカーのレベルの低さが、ずっと気になっていました。

攻撃も守備も基本がまったくできておらず、ちんたら歩いて試合に参加していない、やる気を疑うような選手が続出でした。

さすがにW杯前までには少し良くなりましたが、ケタ違いに厳しいワールドカップという戦場で、ぬるま湯体質のジーコジャパンのそうした甘さがはっきりと出てしまいました。

オーストラリア戦に代表されるように、失敗を恐れて非常に消極的な試合運びで、普段の実力の半分ぐらいしか発揮できない状態。

試合終了10分前に同点ゴールを浴びると、選手みんなががっくりと下を向き、そのまま相手に立て続けに2点とられて大逆転負け。

先ほど、普段70点台しかとったことの無い生徒が、いきなり本番の選抜試験で合格点の90点以上がとれるのでしょうか?と言いましたが、 本番の試験では、それまでのぬるま湯体質が災いしてすぐに精神的に動揺し、合格点の90点どころか60点しか取れなかったというのが、ジーコジャパンのドイツW杯でした。

 「選手に自由を与え、自主性に任せる」という行き過ぎた理想主義に基づく自由放任主義と、実力主義のプロのサッカー界にあるまじき、”年功序列制度”と”縁故採用”に基づくメンバー選考の固定化によって、日本代表を緊張感に欠けたぬるま湯体質にしてしまうなど、試合中の采配も含めて、ジーコは代表監督に必要とされる経験が足り無さすぎたと言わざるを得ません。

この4年間、ジーコ監督が日本代表を強化したのではなく、日本代表が監督経験の無いジーコにトライ・アンド・エラー(挑戦と失敗)場を与えて、監督経験を積ませ育てていたのです。 その間、日本代表は現状維持か、退化するばかり。

しかし、日本は世界のサッカー強豪国ではありません。

日本は、いつからそんな余裕をかませられるようになったのでしょうか?

つづく



↑管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください。
  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索