■2006W杯ドイツ大会に臨む日本代表召集メンバー発表!

 今日5月15日、2006ワールドカップドイツ大会に臨む日本代表召集メンバーが発表されました。


GK

土肥 洋一 (F東京)
184cm 33歳 

川口 能活 (磐田)
179cm 31歳

楢崎 正剛 (名古屋)
185cm 30歳


DF

田中  誠 (磐田) 
178cm 31歳

宮本 恒靖 (G大阪)
176cm 29歳

加地  亮 (G大阪)
177cm 26歳

三都主 アレサンドロ (浦和)
178cm 29歳

坪井 慶介 (浦和) 
179cm 27歳

中澤 佑二 (横浜M)
187cm 28歳

駒野 友一 (広島) 
171cm 25歳

中田 浩二 (バーゼル:スイス)
182cm 27歳


MF

福西 崇史 (磐田) 
181cm 30歳

小笠原 満男 (鹿島) 
173cm 27歳

小野 伸二 (浦和) 
175cm 27歳

中田 英寿 (ボルトン:イングランド) 
175cm 29歳

中村 俊輔 (セルティック:スコットランド) 
178cm 28歳

稲本 潤一 (ウエストブロミッジ:イングランド)
181cm 27歳

遠藤 保仁 (G大阪)
178cm 26歳


FW

玉田 圭司 (名古屋) 
173cm 26歳

柳沢  敦 (鹿島)  
177cm 29歳

高原 直泰 (ハンブルガーSV:ドイツ) 
180cm 27歳

大黒 将志 (グルノーブル:フランス) 
177cm 26歳

巻 誠一郎 (千葉)  
184cm 26歳 

--------------------------------

 召集されたメンバーは、皆さんの予想通りでしたでしょうか。

私の見る限り、ガチガチに手堅い人選という印象を受けました。
唯一のサプライズと言えそうなのが、巻選手のメンバー入りでしょう。

久保選手は、やはり腰とヒザの具合が思わしくないのだと思います。彼の能力から考えると、とっても残念です。 巻選手にはその分、がんばってもらいましょう。

ただ、個人的には巻選手も良いのですが、オランダ・ヘラクレスの平山選手を”秘密兵器”として呼んでも良かったのではないかと思います。

オーストラリアやクロアチアは身長が高い選手が多いですから、身長が高くてフィジカルが強いDFが多いオランダリーグでもまれている平山選手に、ちょっと期待していたのですが残念です。

 さて、ワールドカップに出場する代表メンバーも決定しました。

上の表を見てもおわかりのように、1999年ナイジェリア・ワールドユースで準優勝した日本の”黄金世代”が一番アブラの乗った時期に行われ、黄金世代の集大成とも言えるワールドカップが、今回の2006年ドイツ大会です。

ここで好成績を残すことが出来れば、世界のサッカー界における日本への注目度が俄然違ってきます。

現在の日本代表選手だけでなく、Jリーグでプレーする若手選手にも海外移籍のチャンスが生まれるでしょう。

Jリーグが日本代表強化に果たしてきた役割は大きかったのですが、しかし万能ではありません。

日本サッカーのさらなるレベルアップのためには、スペインやイングランドのように、Jリーグよりレベルの高いリーグに多くの日本人選手を送り込み、レギュラーとして活躍してもらう必要があります。

そうした意味で2006年ドイツ大会は、ここ十年間で日本サッカー界にとっては最大の勝負の時です。

以前にも言ったとおり、2002年大会、雨の仙台でトルコに敗れ、非常に悔しい思いをして中断せざるをえなかった旅のつづきが、2006年のドイツ大会でもあります。

このような勝負の時に確固とした戦略も野心も持たず「参加することに意義がある」「相手が強そう」といった弱気な感じで、なんとなく大会に入ってなんとなくグループリーグ敗退なんてことでは、もったいなさ過ぎます。

2002年の悔しさと将来への野心、そして確固たる自信を持って大会に臨むことが出来れば、自ずから結果はついて来ると私は信じています。


  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索