■ワールドフットボールバランス(アジア)2006.2.22現在

☆アジアカップ2007予選・第一節

2006.2.22

A組

日本 6-0 インド
(小野 32, 巻 58, 福西 68, 
久保 74,90+, 佐藤 82)

イエメン 0-4 サウジアラビア
(アル・スワイルフ 14,89, 
アル・シャルフーブ 77,90+)


B組

イラン 4-0 台湾
(テイモリアン 35, マダンチ 47,60,
ダエイ 82)

シリア 1-2 韓国
(アル・ハティブ 49 
: キム・ドフン 5, イ・チョンス 50)


C組

ヨルダン 3-0 パキスタン
(M.アケル 27,37, M.シェルバイエ 35)

UAE 1-0 オマーン
(I.マタル 15)


D組

バーレーン 1-3 オーストラリア
(フセイン・アリ 35
: トンプソン 53, スココ 79, エルリッチ 87PK)

レバノン 1-1 クウェート

(ナスレッディーン 67 : アル・ハマド 25)


E組

中国 2-0 パレスチナ
(ウェイ・ドゥ 23, リ・ウェイフェン 62)

シンガポール 2-0 イラク
(アムリ 24, ノーアラムシャー 83)


F組

ウズベキスタン 5-0 バングラデッシュ
(ゲインリフ 10,52, ジェパロフ 24, 
シャツキフ 34,84)

香港 0-3 カタール
(H.ヤセル 23, アリ・ベチル 44, M.ハッサン 90)

------------------------------------

◆2007年に東南アジア4カ国共同で開催されるアジアカップ2007の予選第一節がアジア各地で行われました。

A組は、日本が順当にインドに勝利。 一方サウジはアウェーで攻撃力が爆発。好調なところをみせています。

B組は、二試合ともサプライズなし。

C組は、近年低迷が続くUAEが、”ガルフ・ダービー”の大切な一戦でオマーンを下し、大きな一勝をあげました。

D組は、今回からアジアに加入したオーストラリアが、アジアでも決して弱くはないバーレーンにアウェーで大勝。 予想されたとおり日本のおそるべきライバルがアジアに出現しました。

E組は、シンガポールがイラクに勝つというビック・アップセット! やはりイラク国内の政情不安がサッカーにも悪影響を及ぼしているのでしょうか。

F組は、カタールが元気なところを見せていますが、国内リーグが以前ほど活気がなくなっている香港の凋落ぶりが気になります。

ワールド・フットボールバランス
(世界サッカーランキング)
by国際サッカー戦略研究所

AFC(アジア)2006.2.22現在

BB 日本 サウジ イラン オーストラリア

B  -タイ -オマーン ウズベキスタン 韓国 
   カタール -イラク 

CC -ヨルダン -タジキスタン シリア 中国 
   +北朝鮮 +UAE バーレーン +クウェート

C  -トルクメニスタン +キルギス  レバノン

DD イエメン インドネシア パレスチナ 
   +ミャンマー ベトナム シンガポール

D  香港 +スリランカ 台湾 インド
   マレーシア

EE -マカオ カンボジア +モルジブ ラオス 
   -ブルネイ -ブータン -パキスタン  
   バングラデッシュ 東ティモール ネパール 
   アフガニスタン

E  グアム フィリピン モンゴル

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索