■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

■ワールドフットボールバランス(アフリカ)2006.2.10現在

☆2006アフリカネーションズカップ(エジプト)

決勝トーナメント(2.3~2.10)

準々決勝

エジプト 4-1 コンゴ民主
(A.ハッサン 33PK,89, H.ハサム 40, E.メテブ 58 : エル・サクワ 45OG)

ギニア 2-3 セネガル
(ディアワラ 21, フェインドゥーノ 90+ :
ディオップ 61, ニャン 81, カマラ 90+)

カメルーン 1-1 コートジボアール
(メヨン・ゼ 95 : バカリ 92 PK 11-12)

ナイジェリア 1-1 チュニジア
(オビンナ 6 : ハグイ 49 PK 7-6)


準決勝

エジプト 2-1 セネガル
(A.ハッサン 37PK, A.ザキ 81 :
ニャン 51)

コートジボアール 1-0 ナイジェリア
(ドログバ 47)


3位決定戦

ナイジェリア 1-0 セネガル
(ラワル 79)


決勝

エジプト 0-0 コートジボアール
   (PK 4-2) 


優勝国 エジプト (五回目 最多優勝回数)

------------------------------------------

 2006アフリカ・ネーションズ・カップも優勝国が決定しました。

 まず準々決勝をふりかえりますと、エジプト・セネガルは順当勝ち。

W杯予選でも戦ったカメルーン対コートジボアールは、PK戦にもつれこむ大激戦のすえ、コートジボアールが勝ちぬけ。 近年アフリカで絶対的な強さをほこったカメルーンも少し陰りがみえはじめています。

ナイジェリアは前回優勝国チュニジアにてこずり、PK戦にまでもちこまれましたが、何とか勝ちぬけです。

 準決勝は、まずエジプトが手堅く勝利。
コートジボアールはアフリカの実力者・ナイジェリアを90分で破って、堂々の決勝進出です。

 3位決定戦は、ナイジェリアがセネガルに順当に勝って、銅メダル獲得。

 そして決勝戦は、開催国エジプトとW杯初出場を決め勢いに乗るコートジボアールの対戦となりましたが、点が入りにくい決勝戦らしく0-0で延長戦へ。
それでも決着がつかずPK戦となりましたが、経験の差が出たのか、地元エジプトが4-2でコートジボアールを下しました。

エジプトは通算五回目の優勝で、アフリカ・ネーションズ・カップの最多優勝国となりました。

 ただ、今大会で最も賞賛されるべきチームは、コートジボアールでしょう。

トーゴやアンゴラといった他のW杯初出場組が早々と敗退するなかで、カメルーンやナイジェリアといったアフリカの強豪を次々と破り、開催国エジプトと戦った決勝戦では、相手をPK戦にまで追い詰め、ほとんど勝ちに等しいゲームだったと思います。

コートジボアールのドイツW杯での活躍がこれでいっそう楽しみになりました。


ワールドフットボールバランス
(世界サッカーランキング)
by国際サッカー戦略研究所

CAF(アフリカ)2006.2.10現在

BB +コートジボアール アンゴラ 
   -カメルーン -エジプト

B  チュニジア モロッコ トーゴ 
   ナイジェリア セネガル コンゴ民主

CC コンゴ共和国 ジンバブエ -ガボン
   ガンビア -ブルキナファソ
   ザンビア ギニア マリ

C  南アフリカ +リビア ケニア
   ギニアビサウ タンザニア ルワンダ チャド
   ソマリア +モーリタニア -レソト ガーナ
   ボツワナ +ベナン シエラレオネ
   -中央アフリカ +マラウイ スーダン
   -モザンビーク エチオピア モーリシャス
   -リベリア -カボベルデ +アルジェリア

DD マダガスカル ブルンジ +エリトリア
   +ウガンダ -ナミビア スワジランド
   -ニジェール

D  -サントメ・プリンチペ 赤道ギニア

EE +セーシェル +ジブチ

  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。