■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

■勝ち点1を失ったイラン戦 その2

前回のつづき 

 この試合は、北朝鮮戦の福西・遠藤・小笠原各選手から、福西・小野・中田・中村各選手へと中盤を大幅に入れ替えたわけですが、今回の方が攻守にわたって機能していたようでした。

守備では激しいプレスでイランの選手からボールをしばしば奪い、攻撃ではボランチの小野選手が二列目の中田・中村両選手やサイドにボールを供給し、中田選手がボールを受ける動きを盛んにして中盤がよく機能していました。

前回はボランチからトップ下にボールが供給されることがほとんどなかったですから、ずいぶんとよくなったと思います。
 
 最初の失点シーンは、やはり加持選手がネクナムとのフィジカル勝負に負けてしまったというのが大きかったように思います。
しかし加持の責任というよりは、全てをわかった上で彼を起用した人に責任があるとみるべきでしょう。

しかしイランの決勝点、これは加持選手の明らかな、そして初歩的なミスでした。

味方ゴール前で相手のクロスに対処するときは、自分のへそをセンターサークルに向けて周囲をよく見える状態にしておくというのがセオリーですが、

あの場面で加持選手がへそをボールを持つカリミに向けて、ボールウオッチャーになってしまったために自分の背後にいたハシェミアンがまったくみえず、クロスが来てふりかえった時には致命的なマークのズレとなっていたわけです。

 さらにシステムの観点からみると、この試合センターバック(CB)の中澤選手が相手のマークのために外に引きずり出される事が多く、その瞬間に自軍ゴール前にはフィジカルの強いストッパータイプのCBが一人もいないという状況になります。

この失点シーンでもカリミの応対のために中澤が外に引きずり出され、ゴール前の一番危険なゾーンに加持一人になってしまっていました。
途中で中田が「危ない!」と気づきハシェミアンのマークに行ったようでしたが間に合わず、加持のマークミスをつかれてしまいました。

 引き分けで勝ちに等しいこの試合はCBの二枚、特に中澤選手はなるべく中央にいて、アウトサイドの敵はサイドバックかボランチに対応してもらう、

中澤がどうしても中央を空けて外の敵選手へ応対に行かなければならない場合は、福西がCBの位置にはいるなどの判断が不可欠だったように思います。

特に失点シーンは中澤が外につり出された時点で、福西がCBの位置にはいってほしかったです。
彼はもう十分経験があるはずの選手なのですから、誰かに言われなくてもそういった判断ができなければ...

もっと言えば、サイドの2枚は守備が苦手か本職ではない、センターもフィジカルが強いのは中澤だけという4バックを、フィジカルが強いのがわかりきっているイラン戦にもってきたのが果たして正しかったのか、疑問です。

今回の2失点に関して言えば、個人のミスとシステム選択のミスがからみあう複合原因がひきおこしたのではないでしょうか。

 攻撃面では、中盤のパスの組みたてはまずまずだったのですが、問題点としては、シュートの1つ前のプレーにあったように思います。

ペナルティエリア前にある、敵のセンターバックと敵ボランチにかこまれたスペースに張っている味方FWには、当たり前の事ですが狭いスペースしかありません。

当然浮き球を頭や胸で受けてトラップして足元へといった、時間のかかるプレーをすれば、たちまち相手が体を寄せてきて正確なプレーは望めませんが、

時間とスペースの余裕はない味方FWに対して、中田を中心としたMF陣は浮き球のパスをしばしば使っていて、私にはMF陣がFWに球を受けた後どういったプレーをしてもらおうとイメージしているのかが今いちわかりませんでした。

(ペナルティエリア内にいるFWにヘディング・シュートを狙わせる場合は別ですが)

もし浮き球でもグラウンダーでもパスを出せるのであれば、FWがワンタッチで次の動作にはいれるグラウンダーのパスを選択すべきではなかったかと思います。

 またFWにしろMFにしろ相手陣内にはいってから次のプレーへの判断が遅く、球を持ちすぎて相手に体を寄せられ、球を失う事もしばしばでした。

相手はフィジカルが強いのですから、体を寄せられる前にワンタッチでどんどん球をまわしていくべきでしょう。

FWもペナルティエリアにはいったらファーストタッチがシュートになるよう、なるべく意識しないとシュートチャンスを失うばかりです。

攻撃に関してはボールをそこそこキープできましたが、効果的なラストパスやクロスは少なく、そのために質の高いシュートチャンスはもっと少なくなってしまったように思います。

つづく
  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。